冬の乾燥肌に!痛み・赤みを抑えるのに効果的な乾燥対策を紹介

冬の乾燥肌に!痛み・赤みを抑えるのに効果的な乾燥対策を紹介

冬になるとお肌がカサカサしてきたり、赤くなったりと、乾燥を感じることが多くなっていませんか?

冬は寒さと空気の乾燥によって、今まで乾燥を感じていなかった人でも乾燥を感じやすくなります。

痛みや赤みまで出てくると辛いですよね。

今回はそんな痛みや赤みを少しでも解消できるような乾燥肌対策を紹介していきます。

Advertisement

冬はどうして肌が乾燥するの?

まず、なぜ肌が乾燥するのかということですが、肌は本来「皮脂膜」、「天然保湿因子」、「角質細胞間脂質」がバランスよく働くことでバリア機能ができて守られています。

しかし、これらがダメージを受けたり、減少したり不足すると、バリア機能が低下して水分が蒸発し、乾燥肌になってしまいます。

このバリア機能の低下は様々なもので起こります。

バリア機能の低下の原因

【紫外線】

冬だからと言って日焼け止めを塗ることを怠ったりしていませんか?
冬にも紫外線は降り注いでいるので注意しましょう。

【間違ったスキンケア】

日焼け止めやファンデーションを塗っているからと安心してはいけません。

それらの落とし方は間違っていませんか?ゴシゴシとクレンジングや洗顔をしたり、すすぐときに熱いお湯ですすいだりすることも原因の一つです。

また、乾燥対策にパックをする方も多いと思いますがパックもきちんと時間を守って行わないといけません。

【加齢】

加齢によって免疫が落ちたり、血行が悪くなり新陳代謝が低下することで、ターンオーバー(肌の生まれ変わり)が乱れることも原因になります。

このような事で乾燥は引き起こされています。

冬の乾燥肌痛み・赤みを抑えるのに効果的な乾燥対策

先ほども書いたように、バリア機能が低下することで、乾燥肌になってしまっています。

そのため、ターンオーバーが乱れて刺激を受けやすくなり、少しの刺激で痛みや赤みが出てきます。

ですので、刺激を受けないように肌をバリアしてあげましょう。

保湿クリームを塗ることで肌をバリアすることができます。

保湿クリームは「セラミド」や「ワセリン」が入ってるものが良いです。

お風呂上りや洗顔の後に、化粧水をじゃぶじゃぶ付けて、保湿クリームをたっぷり塗ります。

また、美白ケアやニキビケアの化粧品は刺激が強いものも多いです。

もし、お肌に痛みや赤みがある時は、皮膚が刺激を受けやすい状態なので注意して、避けた方がよいでしょう。

Advertisement

すぐにできる自宅のケアの紹介

保湿クリームを塗る以外にも、沢山すぐにできることはあります!

特に大事なことは、先ほど書いた「乾燥肌の原因」となるようなことはしないことです。

・痛みや赤みがあるところは掻いたりしない
・クレンジングは洗浄力の弱いミルクタイプやクリームタイプを使う
・クレンジングや洗顔はゴシゴシ擦らず優しくおこなう(洗顔は泡立てること)
・すすぐときはぬるま湯で
・顔を拭くときは擦らず抑えるように拭く
・化粧水の後はクリームをつける
・日焼け止めは一年中つける
・室内を加湿する

このような事に気を付けてみてください。

Advertisement

最後にまとめ

今回は乾燥肌の痛みや赤みの対策を紹介しましたがどうでしたか?

すぐにできるケアが多いので、ぜひ今夜からでもやってみてください。

化粧水もケチらず、ジャブジャブつけてくださいね!

そして、それに蓋をするイメージで保湿クリームを塗ってください。

私も冬は乾燥しがちでしたが、化粧水を安いものでもいいので沢山使うようにして、クリームを塗るというスキンケアを行ってみたら今年の冬は乾燥しませんでした!

自分では乾燥と思っていても、違う場合もあると思うので、痛みや赤みが全然改善しない場合は、病院に行って一度先生に診てもらった方がいいかもしれませんね。