冬生まれの赤ちゃん夜の暖房はいつまで?つけっぱなしでもいいの?室温の目安は?

NO IMAGE

冬の夜はとても寒いので、赤ちゃんが寝ている間に冷えてしまわないか、風邪を引かせてしまわないかと常に心配になりますよね。

温めてあげたいと思ってついつい厚着にさせてしまいったり、掛け布団を多くかけてあげたりしてしまいがちですがそれが原因で風邪や事故に繋がることもあるんです。

そこで今回は、赤ちゃんの冬の布団や快適な室温と寝る時の服装や暖房をどうすればいいのかなどを書いて行きたいと思います!

Advertisement

冬生まれの赤ちゃん夜の暖房はいつまで?

ママの中には暖房をつけても寒いのではないかと心配して更に温度を上げてしまったり、部屋の中が温かくてもすごく厚着させてしまうママがたくさんいます。

ですが、赤ちゃんは体温調節がまだまだ未熟でままならないんです。

部屋を暖め過ぎると大量に汗をかいてしまったり、睡眠を浅くする原因にもなってしまいます。

かいた汗をそのまま放置しておくと、風邪やあせもにも繋がってしまうので、不安になるのは仕方ないですが、温かくするにしてもやり過ぎないように気をつけてあげましょう。

また、もっとも冷え込む冬は夜に一段と寒さが厳しくなり、そのために赤ちゃんが寝てからも寒くないようにと、暖房をつけっぱなしにするママも珍しくありません。

しかし、赤ちゃんが寝る時に暖房をつけっぱなしにするのは良くありません。

寝ている時もつけっぱなしにしてしまうと、体温が上がり過ぎて調節が効かなくなるだけではなく、最悪の場合には乳幼児突然死症候群を発症してしまう危険性もありますので、寝る時は暖房をつけっぱなしにしないように十分気をつけて下さい。

冬生まれの赤ちゃん夜の暖房はつけっぱなしでもいいの?

暖房をつけっぱなしにする事で、空気の乾燥に不快感を感じて機嫌を悪くしてしまう赤ちゃんも多くいるので、暖房を使用する時には、同時に加湿を十分に行う事が大切です。

加湿器を使ったり、加湿器がなくても洗濯物や濡れたタオルを室内に干したり、お湯を張ったボウルを置くなどして空気の乾燥をなるべく防いであげて下さいね。

ファンヒーターや石油、ガスヒーターを代表に、開放型暖房器具と呼ばれているタイプは室内に排気ガスを出す仕組みになっているので、一酸化中毒の恐れも考えなくてはなりません。

そのためには、1~2時間に一回、5~10分くらいは窓を開けて換気を行う事も大切です。

こもった空気は温かいかもしれないですが、その分、ホコリなどで汚れていることが多く大人ならまだしも、赤ちゃんは小さな汚れにも敏感になってしまうので、暖房を使用する時には時々、新鮮な空気を入れるよう心がけてあげて下さいね。

Advertisement

赤ちゃんが過ごすのに快適な室温の目安は?

赤ちゃんが冬に室内で過ごす時は、室温は20~23℃、湿度は40~60%が快適な環境の目安といわれています。

服は何枚も重ね着をされたり靴下を履かせたりしないで、動きやすい部屋着を心がけながら、暖房などで室温を調節してあげます。

最近は床暖房付きの家も増えてきていますが、赤ちゃんは床から常に近い場所にいるので低温やけどや脱水症状に十分に気をつける必要があります!

ホットカーペットを使用している時も、直に寝かせたり長時間遊ばせたりしないように気をつけてあげてください。

Advertisement

最後にまとめ

寒すぎてもよくないですし、暖か過ぎてもよくない…

赤ちゃんの温度調節って、なかなかどうして難しいものですね。

気を使ってあげても、まだまだ気を使ってあげてそれでもまだ足りないくらいです。

でも、そんな時期もほんのわずか。

あっという間に成長してしまえば、懐かしくなり笑い話で済んでしまうもの。

この時期だからこそ大変なわけで、それが永遠と続くわけではありません。

育児は大変ですが、守ってあげられるのはママとパパしかいません!!

短い間の事なので、気をつけて見守ってあげてください。