ストローマグのカビの取り方って?!汚れをラクラク落とす裏ワザを紹介

ストローマグのカビの取り方って?!汚れをラクラク落とす裏ワザを紹介

赤ちゃんから幼児期にかけて、水分補給に便利なストローマグ。外出時にやお家の中で利用する機会って多いですよね。

ストローマグの汚れに気付き洗っただけではなかなか取れません。

よく見るとカビが生えていてびっくり!毎日洗っているのにどうしてカビが生えたのか、マグに出来たカビの対処法をみていきたいと思います。

Advertisement

ストローマグのカビはどうしてできる?

ストローマグ便利なんですが、ストローの内側洗やパッキンは洗いにくいですよね。

マグは複雑な構造になっていて、バラバラに分解して洗うのをおすすめします。

パッキンやストローにカビが生えやすい一面があるんです。

カビが生えまま知らずに与えてたなんてゾッとしました。

そのまま飲み物を与えていて体に害はないのか心配になりますよね。

黒カビは、アレルギーや喘息の原因になるとされているので注意が必要です。

ストローマグに黒カビが生えるのは、汚れが落ちていないからです。

ストローマグを毎回よく洗っていても、汚れは残ります。

小さな目に見えない汚れを餌さとして菌が繁殖してカビの原因となります。

子どもが口に触れる物は特に気をつけて洗っているのですが、いつの間に生えたのか分からないカビを見つけた時はショックですよね。

実は、黒カビはアルコールなどの消毒剤に弱いという弱点があり、耐熱性もあまりありません。

カビの中では比較的除菌処理しやすいタイプなんです。

一つ注意があります。

黒カビは奥深くに菌が根付くとまたカビが生えやすいです。

きれいに取り去るのは難しいカビでもあります。

ストローマグのカビの取り方

そこで、ストローマグに付いたカビの取り方を説明しますね。

特に汚れやすい、蓋・ストロー・パッキン。

ストローとパッキンはカビが生えやすい部分です。

【方法1】よごれが酷くない時

準備するもの

● 100均などで売っている細かいタイプのたわし・綿棒 (細いタイプ)
● スポンジ (普段使っているものは油汚れがコップに付くので、新品のスポンジを使用します)
● 食器用中性洗剤

カビ取りの手順

1. ストローマグをパーツごとに分解しましょう。
2. 100均で販売されているブラシでストローの中を洗剤を付けて洗います。
3. コップ部分と蓋など先にスポンジで洗います。細かい場所は綿棒を使います。
4. 終えたらしっかり流水ですすぎます。

【方法2】塩素系漂白剤・ミルトン

カビ取りの手順

1. マグをパーツごとに分解して洗います。
2. 漂白剤の分量は本体容器に記入されている容量を守って、分解したパーツを一晩つけ置きしてくださいね。
3. あとは、流水で流すだけです。

臭い・茶渋も一緒に取れて除菌もできて私のようなずぼらさんにタイプにぴったりです。
キッチンハイターはにおいが残るのでよくすすぎましょう。
もし、ストローの中や細かい部分がつけ置きで落ちてない場合、綿棒や100均のマグを洗うたわしを利用して洗い落とします。
※塩素系漂白剤は1歳未満の赤ちゃんに使うのは避けましょう。
ミルトンをおすすめします。
1歳を過ぎていればハイターを使えます。

【煮沸方法】

※煮沸する時はマグの耐熱温度を必ず確認してからにしましょう。

60℃以上の熱湯で10分以上つけ置きで消毒効果があり、カビが死滅します。

カビが育つ3つの条件は、汚れ・温度・水分です。

熱湯で煮沸をしたらお湯から出して、水気しっかりと拭き取り一晩乾燥させます。

だいたいのカビ菌は煮沸消毒で発生を防ぐ事ができます。

Advertisement

ストローマグのカビ汚れをラクラク落とす裏ワザ

汚れがひどい時には【お酢】【重曹】【お湯】の組み合わせで黒カビ退治ができます。

水でも良いですが、より汚れが落ちやすいようにお湯の方がいいですよ。

理由は重曹の粒は水よりもお湯に溶けやすいからです。

お酢の作用・・・酸性。中和力と殺菌力が高く、雑菌によるヌメリ汚れに効果がある。

重曹の作用・・・アルカリ性。酸性汚れを中和し分解。研磨作用がありこすり汚れにもしっかり落ちます。

酸性とアルカリ性混ざると危険では?と思いますよね。

お酢の酸性と重曹のアルカリ性は混ざっても問題ありません。安心して使えます。

お酢と重曹がそれぞれ持つ力で洗浄力がアップ!

●準備する物

● お酢 大1
● 重曹 大1
● 水・お湯 (50℃以上)

●カビ取りの手順

1. お湯にお酢を入れ、重曹を溶かしたら分解したパーツをつけ置きすると、汚れが浮き出てきます。
2. 2~3時間つけ置きが目安です。
3. お酢は残らないようにしっかり洗い流します。

お酢も重曹も口に入っても大丈夫な成分なので、漂白剤より安心して使えますね。

Advertisement

最後にまとめ

黒カビ予防には全てのパーツを分解して定期的に洗ってあげるのが大事です。

毎回分解してのお手入れは大変なので週1~2のお手入れをするだけで清潔に保てますよ。