台風のとき子供の過ごし方!家での遊び方は?停電したらどうする?

台風のとき子供の過ごし方!家での遊び方は?停電したらどうする?

夏になり、今年もすでにいくつもの台風がやってきました。

学生の頃なんかは、台風が来るかもしれないとニュースでやっているのを見ると、「学校が休みになるかも!ラッキー!」くらいに思っていました。

しかし、働くようになったり、ましてや子どもが産まれたらそのような考えではいられませんね。

子どもがいる家庭で、外に遊びに行けないというのは結構辛いですよね…

そこで今回は、台風が来た時に家でどのような過ごし方をするのかをご紹介していきたいと思います。

Advertisement

台風のとき子供の過ごし方は?

台風が直撃するとなると、もちろん外には遊びにはいけません。

場所によっては台風が近くを通っているのに風があまり吹かないこともあります。

しかし、吹き返しなどで急に風が吹き始めることもあるので、風が吹いていないからといって遊びに行くようなことにならないように、子どもたちにはきちんと説明しておきましょう。

共働きの家庭も多いと思いますが、台風は事前に進路が分かるので、直撃する場合は夫婦で話し合って、どちらかが家に居れる状況にしておいた方がいいです。

いつもは家で留守番できている子どもたちでも、風や雨が強いと不安も大きいと思います。

台風の子供の家での遊び方は?

台風が直撃した時、家の中に居れば安心ですが、子どもが退屈しないようにするというのは大変です。

ここで、家の中でできる遊びを紹介したいと思います。

1.新聞紙や広告紙を使った遊び

まずは、新聞紙や広告紙を丸めたりぐちゃぐちゃにして、それからビリビリちぎったりして上から降らせたり、最後はビニールに競争して入れたりと色々な遊びができます。

最後は遊びながら片付けも出来ますしね。

他にも、新聞紙で衣装を作ったり、武器などを作ったり、大きい折り紙にして遊んだりも出来ますよ。

思いっ切り破ることが出来るので、親もストレス発散になります!

2.ぬり絵やお絵かき

いつもは紙の裏に書いたりしている事を、台風が来ると分かっていたら、事前にキャラクターものなどのぬり絵を買っておくと特別感が増して子どもも食いついてやってくれると思います。

今は百円ショップなどにも色々な種類のぬり絵が置いてありますし、「大人のぬり絵」なんかもあるので子どもと一緒に楽しめます。

3.お菓子作り

少し大きい子どもさんだと、事前に材料を買ってきておくと、お菓子を作ることもできます。

仕事で忙しいと時間がかかることはなかなか一緒にはできないと思うので、この機会に楽しくお菓子作りをするのも良いかもしれません。

ただ、凄く強い台風が来ている場合は、停電する可能性があるのでやめといた方が良い場合もあります。

後は、ブロック遊びやごっこ遊びなど、いつもやっている遊びでもいいですよ。

子どもはすぐに飽きてしまうので、色々な種類の遊びを提案してみてください。

Advertisement

台風で停電したらどうする?

強い台風が直撃した場合、停電するということも考えられます。

その場合は、慌てずに冷静になりましょう。

親が不安になってしまうと、子どもも不安になってしまいます。

そうならないためにも事前に準備できるものは準備しておきましょう。

1.懐中電灯はいつでも使える場所置いておくこと

真っ暗だと子どもも不安になるし、何も出来ないのですぐに手に取れる場所に置いておきます。

2.すぐに食べれる非常食を置いておく

小さい子どもさんがいる場合は、子どもが食べれるようなものを準備しておきます。

飲み水も用意しておきましょう。

3.カセットコンロを準備しておく

今はオール電化の家が多いですが、停電してしまうと全く調理ができなくなります。

赤ちゃんがいるご家庭などは、お湯を使う機会も多いと思うので一つはあった方が便利です。

4.子どもが安心できるもの

真っ暗になるというのは子どもにとってはとても怖いと思うので、いつも使っているぬいぐるみやタオルなど子どもが持っていて安心できるものはそばにおいておきましょう。

また、ポーダブルDVDなどがあれば子どもの好きなアニメなどを見て、少しは暗闇での不安をごまかせるかもしれません。

Advertisement

最後にまとめ

台風が来ると外にも行けず、すぐに子どもたちは退屈してしまうので大変かと思いますが、大体1日で過ぎ去ってくれるので、ご紹介した遊びなどで暇つぶしをしてみてください。

もし、停電しても慌てないで冷静になってください。

台風に限ったことではなく、事前の準備は大切です。

子どもがいると必要なものも多くなってくるので、日ごろから必要なものを確認して、準備できていると安心ですね。