10ヵ月の赤ちゃんは七草粥を食べられる?離乳食の作り方は?ダメな素材はあるの?

10ヵ月の赤ちゃんは七草粥を食べられる?離乳食の作り方は?ダメな素材はあるの?

1月7日に、健康を願って食べる七草を入れて食べるのが七草粥。

古くから、この日にこのお粥を食べらると

『1年を通して健康でいられる』

などの不思議な言い伝えがあるんです。

若い方は知らない人も多いのではないかと思います。

・そもそも『七草』とは何なのか?

・赤ちゃんも、お粥なら一緒に食べられるのではないか?

そう思うのは当然の事ですね。

まず、七草粥とは文字通り、七種類の草を入れて作るお粥です。

七種類の草についてはこのあと説明しますね。

草と言っても、その辺に生えている雑草ではないですよ(笑)

『春の七草』というものを入れて作るのが七草粥です。

この七草粥を食べる1月7日は、日本の五節句の一つなんです。

Advertisement

10ヵ月の赤ちゃんは七草粥を食べられる?

簡潔に答えだけを言うと、10ヶ月の赤ちゃんでも七草粥は食べる事ができます!!

七種類ある「春の七草」とは?

それぞれ名前は以下のとおり

・セリ
・ナズナ
・ゴギョウ
・ハコベラ
・ホトケノザ
・スズナ
・スズシロ

七草のそれぞれの効果・効能は?

セリ

セリは便秘、貧血、冷え性に効果が期待できると言われています。

ナズナ

ナズナは便秘、高血圧、動脈硬化、胃腸を元気にして、利尿作用が期待できるとされています。

ゴギョウ

ゴギョウはせき止めや利尿作用が期待できると言われています。

ハコベラ

ハコベラは、利尿や痛み止めに効果が期待できると言われています。

ホトケノザ

ホトケノザは整腸、胃を整えたり、高血圧に効果があると言われています。

スズナ

スズナは便秘、胃炎に効果が期待できると言われています。

スズシロ

スズシロは消化不良、便秘、胃炎、冷え性に効果が期待できると言われています。

上記した通り、体にいいものばかりなので赤ちゃんが食べても大丈夫なんです。

葉物も多いので、よく柔らかくしてあげるなど少しだけ気をつけてあげればお粥なので食べやすいですし、健康的ですね。

10ヵ月の赤ちゃんが食べやすい離乳食の作り方は?

七草粥に限らず、よく煮て味は薄めでペースト状にしてあげるか舌でも潰せる柔らかさにする必要があります。

まだ前歯は徐々に生えて来ていても奥歯までは生え揃ってないので、柔らかいのに越した事はないです。

また、七草とは言っても言い方が違うだけでかぶや大根など普段から食べているようなものばかりなので、食べずらいと言う事はなさそうです。

10ヵ月になると、味付けの濃すぎるものでない限りほとんど大人と同じ食材を食べる事ができますので、柔らかくしてあげる事は前提ですが同じものを食べて大丈夫です!

Advertisement

10ヵ月の赤ちゃん七草粥でダメな素材はあるの?

どれも体にいい食べ物ですので、もう10ヵ月ともなれば食べれないものはないです。

ただ、草と言うからには葉っぱも多いのでそのままではなく必要なら少しペースト状にしてあげるか細かく刻んでから入れるなど、大人が食べるのより少し工夫してあげましょう。

一つ一つ、体にいい健康的になれる素材ばかりなので赤ちゃんも一緒に食べて、一年の健康を願ってあげたいですよね。

お粥は普段から食べてる離乳食なので、意外に『七草粥デビュー』は早いと思います。

ウチの子供達も、早い子で7ヵ月くらいで七草粥デビューさせちゃっています。

いつも食べているお粥と少し違うので最初は変に感じてるようですが、だんだんいつも通り喜んで食べていました。

最後にまとめ

この記事の冒頭に書きましたが、日本には一年のうち五節句と言って五つのお節句があります。

一つ目が1月7日。

人日(じんじつ)と言って七草の節句です。

二つ目が3月3日。

上巳(じょうし)と言って桃の節句です。
雛祭りや重三、草餅の節句などと言われています。

三つ目が5月5日。

端午の節句(たんご) と言って菖蒲の節句です。

四つ目が7月7日。

節供(しちせき)と言って笹の節句、七夕とも言われています。

五つ目が9月9日。

重陽の節句(ちょうよう)と言って菊の節句です。

すべてゾロ目なのになんで1月だけ違うのか?

この理由として、元旦とかぶせると忙しくなる上に元日は何もなくても一年の始まりでめでたいとの事で

『どうせなら七草粥を食べる7日に…』

と言う事で1月7日になったそうです。

お祝いごとや昔からの習わしは何かしら意味を持ち、色々な願いが込められているんですね。

そんなおめでたい日の仲間入りをしている日の七草粥。

赤ちゃんにも、健康に過ごせるご利益わけてあげたいですよね!!

Advertisement