ベビーカーのフットマフは代用品で安く機能的に!抱っこ紐でもいける!

NO IMAGE

フットマフは今いろんな種類の商品があり、機能的で可愛いものが沢山あります。

外出時の強い味方になることでしょう。

私ももし今後子供が産まれることがあれば、購入を検討するかもしれません。

だけど価格もそこそこするし、フットマフ買おうかなって思っても慎重になりませんか?

そこで!代用品で安くすませられる工夫をご紹介します!

Advertisement

フットマフは値段が高い

フットマフの相場は三千円程度から一万円程度あります。

2、3年間ほど使用すれば子供のサイズにも合わなくなってくるし、必要性が薄れてきてしまいそう。

子どもが歩き始めたら、ベビーカーや抱っこ紐に乗ったり降りたりするたびに、はたして着脱するのか?

足まですっぽり覆えるものが果たしていつまで必要なのか?

実際うちの2人の子供たちはフットマフを使わなくても何とかなってきたわけです。

赤ちゃん用の足まで全身覆えるジャケットも、可愛いけれどほとんど使わずじまいでした。

子どもが産まれると物がどんどん増えていきます。

ベビー用品をできるだけ最小限に無駄なく買い物したいと思う人は私だけではないはずです。

ひざ掛けやブランケットなら大人も使える

実際ママ友達をみていても、抱っこ紐で抱っこした上にブランケットを巻いていたり、ベビーカーに寝ている子供にひざ掛けやブランケットを掛けていたりしています。

ひざ掛けなら安いもので数百円、ブランケットも千円二千円くらいで購入可能。

デザインも可愛いものが沢山あるし、上手に使えば十分代用は可能。

冬、子供が使わない時は、子供のために寒さを我慢していたママが使えばいいですしね。

私はママのストールも大活躍しました。

Advertisement

ひざ掛けやブランケットが落ちないための工夫

今は、ひざ掛けやブランケットが落ちないように、ベビーカーや抱っこ紐に取り付けられるクリップが売ってます。

ブランケットならサイズも大きいのですっぽり覆ったあとに縛る余裕もあります。

足元は風が通りやすくなってしまうので、そこはママのアイデアでいけるかと思いますね。

折りたたむように敷いた中に、赤ちゃんを寝かせてあげるのはどうでしょうか。

うちはブランケットと言ってもサイズが小さめだったので、子供の上にかけてあげて、足元に押し込むのが精いっぱいでしたが、もうちょっとサイズを大きめにしてあげればなんとかなったかもしれません。

もちろんひざ掛けやブランケットは家の中でも十分有効活用できますから、無駄な買い物にはならなさそうです。

外出時にかさばらないための工夫

外出時に困るのは、子供が暑がって掛けるのを嫌がる時など、ベビーカーにしまっておけない時です。

かさばって邪魔になってしまいますよね。

ベビーカーによっては荷物を十分におけるスペースがあり、そこに畳んでしまっておけるのですが、他の荷物もあるとなかなか上手くいきません。

ベビーカーを持っていない時はすべての荷物がママやパパの手元へ。

確かにこういう時フットマフなら最小限のサイズでチャックを閉じてしまえて防寒対策もばっちり。

ストールや薄いブランケットならママが巻いてしまえばいいのですが、ちょっと厚手のひざ掛けとなるとそうはいかないかもしれません。

そんな状況が予想されるときは、赤ちゃんの全身をすっぽり覆えるおくるみ一枚で、うちはなんとか乗り切ってきました。

ちょっとあったかい恰好をさせてあげれば、赤ちゃんも寒くなさそうです。

子どもの物はどんどん増えます。

使用頻度と値段、保管場所など吟味して無駄なく購入したいですね!

Advertisement