ハロウィンに飾りたい!子供と一緒にできる可愛い折り紙飾りの作り方

NO IMAGE

10月間近になると、街中ハロウィーンの装飾で賑わいを見せて来ます。

最近は、仮装したりお菓子をもらったりというイメージを持ちながら日本に浸透してきたハロウィンですが、元々はどんな日なのかを知っていましたか?

今ではアメリカだけでなく日本やフィリピンでも盛り上がりを見せていて、いつの間にか日本でも定着して知らない人はいないと言っても過言ではないハロウィン。

子供がいると特にこういった行事はかかせないイベントとなるので、家族で楽しめるように参考にしてみてください!

Advertisement

ハロウィンってどういうもの?

ハロウィンとは、元々は古代ケルト人が始めたと思われる10月31日の収穫祭が関係していると言われています。

ケルト人の暦では10月31日が一年の終わりになっていて、この日の夜には先祖の霊が家族の元へ帰って来るという、日本で例えるとお盆やお彼岸のような日だったそうです。

でも、先祖の霊と一緒に悪霊もついて来るとそれていて、その悪霊から身を守るために仮面をつけた事が仮装する発端になったとされています。

最初は一部の地域でこじんまりとしていたけど、今では世界的に有名な、年間行事の一つにまでなっています。

ハロウィンの飾りは子供と一緒に作ろう!

日本のハロウィンは、仮装と言うより大人がコスプレをして楽しむ傾向もありますが…

家族でハロウィンを楽しむのなら、子供と一緒に手作りの飾りを作ってみてはどうでしょう。

ただその通りに作れば上手にできる既製品もありますし、折り紙や画用紙を使って一から作るものでも子供はママやパパと作る事にも大興奮するはずです!!

自分達の作った飾り付けで部屋をハロウィン使用にして、家族やお友達とパーティーを開いて盛り上がるのも思い出に残りますよね!

子供達が思い思いに作った飾りで部屋中埋めつくしてしまう程、たくさん作って楽しい行事となる事は間違いなし!!

年に一度、みんなで協力して助け合いながら楽しく過ごすハロウィンを、大きくなってもきっと思い出しながら我が子にもそのまた我が子にも教えてあげられたら素敵ですね。

Advertisement

可愛いハロウィン折り紙飾りの作り方

折り紙だけなら危ない事もないので、ママも安心して子供と一緒に飾りつけ作りを楽しむ事ができます!

今年のハロウィンは是非、親子で飾りつけを作って飾って楽しんでみてはいかがでしょう。

そこで、少し折り紙で作るハロウィンの飾りを紹介しちゃいます!!

オバケ

顔を描く、そのひと手間でかわいく仕上がります!

作り方も簡単なので子供と一緒に作れますし、窓や壁に貼って行けば家中いっきにハロウィンムードになりますね!!

ジャック・オー・ランタン

ハロウィンと言えば、このかぼちゃのオバケがいないと始まりません!

数を作って窓や壁にたくさん飾るのも雰囲気が出ますし、紐にくっつけてガーランド風にしてもオシャレで可愛いですね!

十字架

糊なしでもできる十字架は気軽に作れますし、柄付きの折り紙で作るのもオススメ!!

定番の色だけでなく、色々な色でカラフルにするのもオリジナリティでいいですね。

魔女

折り紙一枚で作れる魔女なら手軽に作る事ができますし、シールを貼ってデコってもかわいいく仕上がります!!

とんがり帽子

手作りのオバケやジャック・オー・ランタンに、被せるように貼り付けるとよりかわいいさが引き立ちます!!

こうもり

定番は黒ですが、色を変えてもカラフルにしても可愛いです!

シンプルにそのままでも、羽にシールを貼って更に可愛くデコってもいいですね!

ちょっと難しいけど、調べればたくさんの折り方があるので親子で一緒に楽しめます。

Advertisement

最後にまとめ

日本では海外のように頻繁に家族でパーティーなどをする風習もなく、めったにしない行事の一つなのでできれば家族で楽しみたいと考えるのは普通の事です。

飾りや準備をすべて自分達でする事で、達成感や満足度もかなり違って来ますし『また来年もやりたいね』と言った気持ちも湧き上がってきます!!

家族で過ごせる大切な時間を、大切に思い出深く過ごすチャンスですね!!