会社の人に渡す義理チョコの金額相場は?上司、同僚への渡し方のポイント

会社の人に渡す義理チョコの金額相場は?上司、同僚への渡し方のポイント

2月14日といえばバレンタインデーです!

本命の人がいる人や片思いをしている人には、ドキドキの一日ですね。

バレンタインデーは、今や凄く定着している行事の一つになっています。

だからこそ、働いている女性の方は会社の人に義理チョコを渡すべきなのか悩むところだと思います。

義理チョコを渡しているのに、本命だと間違われても困るし・・・
安っぽく見えすぎても失礼だし・・・
本命チョコよりも難しい気がします。

今回は、そんな職場でのバレンタイン事情についてご紹介していきたいと思います。

Advertisement

会社の人に義理チョコを渡すべき?

まず、会社の人に義理チョコを渡すべきなのかどうかですが、これは会社によって違ってきます。

義理チョコを渡すという事が、会社で恒例になっていれば渡した方がいいですよね。

バレンタインデーが近づいてくると、渡さないといけないような雰囲気になってくるかもしれません。

わからない場合は、女性の先輩会社員の人に聞いてみるのが一番良いですね。

会社によっては「義理チョコ禁止令」が出る会社もあるそうです。

会社の人に渡す義理チョコの金額相場は?

会社の人に義理チョコを渡すとなった場合は、どれくらいの予算なのかというのが気になります。

沢山の男性会社員がいる職場では、一人一人に何百円というチョコを買っても結構な値段になってしまいますし、男性会社員が少ないからといって、一人一人に少しお金をかけてしまっても本命だと勘違いされてしまうかもしれません。

また、高価なチョコを渡した場合、男性の方がお返しに困ってしまいます。

多くの女性は、全員の義理チョコで1000円未満という意見が多いようです。

お返しを気にする男性も多いようですが、500円から1000円くらいだと、お返しもそれほどプレッシャーもかからないと思います。

また、同僚よりも上司に渡すチョコには少し高めのものを選んだ方がいいです。

中には、同僚と同じ値段のチョコだと、心遣いがなってないと思う人もいるみたいです。

それと、沢山渡さなければならないときに、手作りの方が安くすむと思うかもしれませんが、手作りは勘違いされるかもしれないのでやめておいた方がいいです。

買う場合もハートの形や、ラッピングが凝っているものは避けましょう。

Advertisement

バレンタインの義理チョコを上司、同僚へ渡すときのポイント

義理チョコを渡すときのポイントですが、必ず誰かがいるところで渡しましょう。

義理チョコだと自分は思っていても、1対1で渡したりしたら、本命だと間違われかねませんからね。

朝や、お昼休みなどみんなが集まっているときがベストですね。

そうすれば、沢山の男性会社員がいる場合は渡しやすいですし、1つの箱に沢山チョコが入っているものを買った場合「みなさん、よければ食べてください~」という感じで渡すことができます。

それぞれ1人ずつ買った場合は、全部同じものにしましょう。

上司へ渡す場合は、お世話になっている人だと思うので、感謝の意味も込めて、付箋などに一言添えるといいかもしれませんね。

また、年上の人だと、甘いものが苦手という人も結構いらっしゃるので、そのような場合は、カカオ80%などのあまり甘くないものを選んでおくと良いかもしれません。

まとめ

今回は会社での義理チョコについて書いてきましたが、義理チョコがゆえに気を付けることも沢山ありました。

少し大変かもしれませんが、会社で恒例となっている行事なら、それほど神経質になりすぎなくてもいいかと思います。

ちょっと面倒くさいなと思うこともあるかもしれませんが、職場で人間関係を円滑に保つためにも、日ごろお世話になっている人たちに感謝の気持ちを伝えてくださいね。

Advertisement