簡単で可愛い友チョコラッピング方法!大量に作れるのに喜ばれるポイントとは?

簡単で可愛い友チョコラッピング方法!大量に作れるのに喜ばれるポイントとは?

友チョコもらえると嬉しいですよね。

もらった時まず見るのが外側のラッピングです。

味も大事ですが、やっぱり見た目の第一印象も、とっても大切!!

中身は同じでもラッピングの違いで感じ方は変わりますよね。

可愛いラッピングで倍、喜んでもらいましょう(^-^)

100均のものでもアイデア次第でとっても可愛いくなりますよ。

手作りお菓子は大変って方は、市販のものでOK

でもそのまま渡されるより、きちんとラッピングされてる方が気持ちは伝わりますよね!

Advertisement

簡単で可愛い友チョコのラッピング方法!

まずはお菓子を何にするかによってラッピング方法どうしようか決めます。

逆にこんなラッピングがいいっ!

というものがあれば、入るサイズのお菓子を決めます。

やりやすい方を選んで下さいね。

簡単に出来るラッピング方法を少し紹介します!

簡単に出来るラッピング方法

①ペーパークラフトを使います。
可愛いシールでとめてあげるだけでもいいですが、物足りない時はハンコを押してオリジナルの模様にするのもいいですね。

②①で作ったものをさらに、透明や中が見える袋にすると喜ばれ度アップしますよね。

③包みたい紙を選んで、中央にお菓子を置きます。

巻いていくようにつつみ込み両方をねじれば完成!

キャンディ風に可愛く仕上がります。

真ん中にひもやシールを使うのもワンランクアップですね。

大量に作れるのに喜ばれるポイントとは?

学校や会社で、大量にお友達に配るのに全部同じっていうのも何だか配ってるだけみたいになってしまいます。

あげる人によってリボンの色を変えたり、包み方変えてみたりするのはどうでしょう!

少し上の方には上品な色のものを使って、シンプルにラッピングするのもいいですよね。

友達や後輩にはポップで明るいものを使うと、いろいろ考えてくれてるなぁ

っと嬉しくなりますよね!

たくさんシールやリボン買うのは…

っという方には、マキシングテープがおすすめです。

お手ごろにたくさん使えます。

是非試してみて下さいね(^_-)-☆

お菓子を小分けにするとき、小袋に入ってるお菓子を選びがちですが、チョコレートやクッキーで小さめのサイズがゴロゴロと入ってるお菓子を選びたいときはふた付きのデザートカップを使うのもおススメです。

少しずつ入れて、リボンやひもでラッピングするっというのもちょっと珍しくて可愛いですね!!

カップも100均で探すと置いてあるところもあります。

いいサイズのカップが見つかれば、これも是非やってみて下さいね☆

Advertisement

オシャレに見えるアレンジ例を紹介

少し手間はかかりますがオシャレになるので、是非試してみてくださいね!

①袋はどんな形でも大丈夫。

リボンやシールもいいんですが、麻のひもで、四辺が通るように"4の字縛り"(新聞や雑誌をしばる時の結び方)で、結んでるあげるとオシャレですね。

②少し大きめのサイズをプレゼントするなら、①のひもを2種類にするのもいいです。

違う色や素材を使うとひきたちますね。

レースがひもになっているのもあるので、レースを先に付けて、その上をひもが通るように結んであげると、女の子らしくていいかもしれないですよ!

③探すのが大変かもしれませんが、包み紙にこだわってみるのも楽しいです。

素材でもいいし、カラフルなあまり見ないものなどにすると、少し特別感が出ますよね!

どうですか?

やってみたいのありますか?

あとはどんなラッピングにもちょい足しでオシャレになるアイテムは、ドライフラワーです。

ひもにからませても、中央でも端でも裏でもどこにつけてもオシャレ感間違い無し!!

それとタグ。

いろんな種類があります。

既製品でもいいし、和紙など手でちぎったものをタグのように使うのもとってもオシャレです。

英字のものを使うだけで一気にオシャレになります!!

Advertisement

まとめ

会社や学校でお友達などに、友チョコあげるの楽しみですが大変ですよね…。

でも、心のこもったラッピングでもらえるととっても嬉しいので、楽しく頑張ってみて下さいね!!

ギリギリに買いに行くと、希望のものがなくなってしまうのでなるべく早めに買いにいたほうがいいと思います。

とくにラッピングの材料は、手作りの方も買いに行くと思うのでいいサイズのものが少なくなります…。

お菓子は賞味期限などあると思うので難しいかもしれませんが、どんなものにするか決めておくと、お菓子もラッピング材料も買いやすいと思います。

私はラッピング自分でするの好きなので、使えそうなひもやリボン・袋などの小物を買ったりもらいものを残しておいたりします。

ちょっと包みたいときにも便利!

日ごろから100均めぐりしてみてください。

いろいろお店ごとにおいてる商品違うので、アイデアを見つけに行ってみて下さいね(^^♪