結婚式での子どもの服装は?おすすめのドレスの色と服装マナーを紹介

結婚式での子どもの服装は?おすすめのドレスの色と服装マナーを紹介

結婚式に招待されると、まずはじめに「何を着ていこう?」と服装を考える人も多いのではないでしょうか?

自分の事だけでも悩むことが沢山あるのに、子どもさんも一緒に参列するとなると、どのような服装で参列させればいいのか、考えるのも一苦労です。

女の子であれば、可愛いドレスやワンピースを着せたいですよね。

しかし、「この服装で大丈夫かな?」と思っているお母さんもいらっしゃると思います。

可愛い子どもたちがいるだけで、会場は一気に明るくなりますが、子どもでも結婚式の服装のマナーはあります。

そこで、今回は、結婚式に招待されたときの子どもの服装についてお伝えしようと思います。

Advertisement

結婚式での子どもの服装はどうする?

結婚式なので、いつもは着ないようなフリフリのドレスや可愛いワンピースなど色々と迷っちゃいますね。

しかし、子どもだからと言って何を着てもいいのでしょうか?

大人は、「白」は花嫁さんの色ということで避ける色ですが、子どもの場合はどうでしょう?

これには賛否両論あるようですが、3歳までくらいなら大丈夫という意見が多いです。

しかし、新郎新婦やその親戚の人たちがしきたりを守っているような家柄の人たちなら、白は避けておいた方がいいです。

フラワーガールやリングガールを頼まれている場合や、新郎新婦に「白いドレスでお願いします」と頼まれている場合は、白いドレスにしましょう。

結婚式で子どもドレスのおすすめの色は?

結婚式で、子どもが着るドレスの色は"白以外で子どもが選んだ色"でいいと思います。

しかし、ピンクを選んだとして、濃い色のピンクではなくて、淡い色のピンクにした方がいいです。

あまり濃い目の色だと、派手になりすぎて、子どもが動き回った時に目立ってしまいますし、淡い色の方が上品に見えます。

やはり人気がある色は、ピンクのようです。

女の子なら誰でもドレスに憧れていると思うので、お姫様気分で絶対に嬉しいですよね。

Advertisement

結婚式での服装マナーを紹介

結婚式の服装として、1歳くらいまでの赤ちゃんは「お出かけ服」で大丈夫です。

お宮参りのドレスがまだ入るのであれば、それでもOKです。

最近は、女の子も男の子も可愛いロンパースなど色々とありますね。

2歳~小学生までくらいになると、女の子は、カラードレスや上品なワンピースやスーツです。

男の子の場合は、スーツや、ブレザーとズボンとなります。

靴下は白で、靴はフォーマルな黒や茶色の革(合皮)靴がベストです。

女の子の髪型は、カチューシャやお花をつけるだけでぐっと可愛くなります。

男の子の髪型は、前髪を整えるだけでも大丈夫ですし、ワックスを少しつけるだけでいつもと雰囲気が変わって、一気にお出かけスタイルになります。

結婚式にふさわしくない服装として、デニムやTシャツ。

子どもでも、スニーカーや運動靴、サンダルは絶対にNGです。

新品でもダメですよ!

また毛皮やファーの羽織や服も「動物の殺生」を連想させることから神聖な日である結婚式ではタブーとされています。

Advertisement

最後にまとめ

色々と迷ってしまう子どもの服選びですが、参考になりましたか?

せっかくお呼ばれした結婚式なので豪華に着飾りたいところですが、あくまで主役は新郎新婦です。

もし、新郎新婦と親戚や、親しい友人の場合は、「結婚式は、子どもにこんな感じの服を着せようと思っているんだけど…」と相談してみると良いかもしれませんね。

「豪華さ」よりも「清楚さ」で上品な服を選びましょう。

結婚式は数時間あり、移動時間も含め長い時間かかるので、苦しくない子どもに合った服を選ぶことも大事です。

このような事も踏まえて、子どもさんに合った服を選んであげてくださいね。