社会人なら知っておくべき!お歳暮の正しい時期と上司へ送る時のマナーとは?

NO IMAGE

仕事でお世話になっている上司へお歳暮を贈ろうと思っているけど、価格相場や「のし」の書き方などのマナーがわからずに困っていませんか?

社会人になると学生の頃とは違い、色々な付き合いも増えて来ます。

例えば『お歳暮』なんかも送る機会も多々あると思います。

そこで気になるのが、送る時期と送る時のマナーですよね。

今までした事がなければわからなくて当然ですが、でも失礼があってはやはりよくありません。

事前に調べて、色々策を練ってみましょう。

お歳暮の正しい時期とは?

お歳暮を贈る時期は、関東では12月初旬から12月31日まで、関西では12月13日~12月31日頃までとされおり、この時期に贈るのがマナーと言われていますが、一般的に12月20日ごろまでに贈ることが多いようです。

関西でも最近では少しずつ早く出す傾向にあるのようで、12月に入ったら準備するようにするといいでしょう。

お歳暮を上司へ送る時のマナーとは?

一概にお歳暮とは言っても、その中にもまたマナーというものが存在します。

例えば渡し方や時期、金額の相場や品物などあげればキリがないくらいです。

それでも、今後うまくお付き合いするためには必要な事だと思って頑張りましょう。

また、この手の事は一度学べば大抵は応用がきくので楽ですね。

のしは、つけた方がもちろんいいです。

デパートなどで購入して宅配便などで配達してもらう場合には外のしで、持参する場合には内のしという場合が多いとされています。

お歳暮に使う水引は、紅白の花結び(蝶結び)が一般的とされています。

花結びは簡単に結んだり解いたりが可能なので『何度あっても良い』という意味合いで、お礼や挨拶などに良く使われています。

持参する場合は簡略化して紙袋に入れて持って行く方が多いのですが、正式なマナーとしては風呂敷に包んで持参する方がいいですね。

また、宅急便を利用する場合には挨拶状など一言でも添えておくと丁寧な印象が伝わるのでオススメです!

上司に喜ばれるお歳暮のギフトの選び方とは?

これは好みにもよるので難しいとは思いますが、いくら好みとは言っても節度を持ったものがやはり好ましいと思います。

相場的気には、お世話になっている度合いで選ぶのが一般的ですがだいたい3,000円~5,000円の商品が主流なようです。

また、品物は、消え物が一般的です。

消え物とは、使ったり食べたりして後に残らないものの事で食品や消耗品などの事です。

逆に食器や衣類は後に残るので、お歳暮とはお祝いではなく感謝の気持ちなので、形になって残る物は恩着せがましいというのが理由となっているそうです。

また、食品をお送りする場合に、例えばお酒を飲まない方にビールやコーヒーが好きではない方にコーヒーセットを送るのも失礼なので、事前に上司の好みをある程度はリサーチされたほうが喜ばれるでしょうか。

その際に、いくら好みだとは言っても日持ちのしない生ものなどあまりお薦めできませんし、商品券などの金額があからさまにわかってしまうものも上司の方には大変失礼になるので避けたほうがいいと言えるでしょう。

洗剤の詰め合わせや、ハムのギフトなどが無難なのではないかと思います。

洗剤は特にこだわりがあるとは言っても、頂きものなので使えると思います。

最後のまとめ

社会人になると、立場や職場によってはこういったお付き合いも必要になる可能性も出てきます。

早いうちに調べておけば、いざその時になってもあせる事もなく余裕でいられるので早めに準備をしておきましょう。

「お歳暮」とは言っても気持ちです。

日頃の感謝の気持ちを考えれば、どんなものがいいのか普段からその上司と関わりのあるあなたが一番わかる事ですよね。

そう言った気持ちがうれしいと思うので、よほどの失礼がない限りどんなものでも喜ばれるのではないでしょうか。

お店で売っているものを買って送るわけですし、そこまで変なものもないですし。

失礼にならない程度なら、無難なものを選ばずに個性を出したものを選ぶのもありですね!