七五三の内祝いは決まった?人気ギフトのおすすめ提案と金額を紹介

七五三の内祝いは決まった?人気ギフトのおすすめ提案と金額を紹介

七五三の内祝いは不要と言われているものの、身近な人からお祝いを頂いたらお返しをどうするか迷ってしまうものですよね。

今回は内祝いの意味、お返しする時にどんなギフトが喜ばれるのか内祝いを返すタイミングを調べてみました。

Advertisement

七五三の内祝いってなに?

「内祝い」=「お祝いのお返し」

・・・・と思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

内祝いとは、

おめでたいことのあった家が嬉しい気持ちを内祝いの品や食事の席を設けて、親しい人や身内と一緒に喜び気持ちをおすそ分けし分かち合う

というものです。

最近では、一般化してきた七五三の内祝い

七五三では内祝いは原則として不要と言われていても、お返しをする方が増えてきています。

本来、内祝いとは「内輪の祝い」のことを指します。

内祝いの【内】は【家】

内輪とは、家族や親せきや身近な親しい人のことを言います。

おめでたいお祝い事があった家が挨拶と報告をする為に、身内や親せきを招待してお食事会や贈り物をすることを内祝いといいます。

内祝いは喜ばしいことに当たるので、慶事になります。

最近では、内祝いを頂いたらお返しと考えるのが一般的になってきています。

内祝いといえば、お祝いを頂いたお返しだと思っている方が多いと思います。

「お返し」と「内祝い」は意味が違うものだったんです。

知らないと内祝いとお返しが混乱して勘違いしてしまいますよね、私はその一人でした。

内祝いは返す必要がないと分かっても、頂くと何も返さないというわけにもいきませんよね。

気持ちが落ち着きませんよね。

内祝いをする場合の例

● 出産祝い

● 結婚祝い

● 新築祝い

● 快気祝い

お祝い事があった時には、お披露目も兼ねて記念になるような品物を贈り普段の感謝の気持ちを伝える行為のことを内祝いと言います。

最近では、頂いたお祝いに対してのお返しが内祝いになっています。

お返しのいらない場合があります。ご存じでしたか?

一般的に子供の成長に伴うお祝い事は、お返し不要とされているんです。

● 初節句

● 七五三

● 入学式など

子供の成長をお祝いする場合子どもに対して頂いていると考えられます。

そのためまだ経済力のない子どもがお返しする必要はないとされています。

お祝いを頂いていない方にも贈ることも多くあるので、受け取った場合はお返しをします。

【内祝い】お祝いをいただかなくても贈る

【お返し】お祝いをいただいいたら贈る

お返しとは、お祝いとして人から何かをしてもらったり、品物をいただいた行為に対して、感謝の気持ちを込めてお返しをすることを言いいます。

何かを頂いたりすると、基本的なマナーとして、お返しをしないといけませんよね。

ただ、お祝いを頂いても、お返しはいらないとされているケースがあることも知っておくと役立ちますよ。

内祝いとお返しの違いについてお伝えしました。

七五三の内祝いについて、食事の席を持ちご馳走することが内祝いのお返しになります。

食事会には内祝いの品物を贈ります、お食事がお祝いの返しになりますがお赤飯や千歳飴や菓子折りなど、ちょっとした手土産を準備すると喜ばれます。

千歳飴は、紅白に着色され鶴亀や松竹梅の千歳袋に入っています。子供の長寿を願う思いが込められているために、細長くなっています。

ご両親や親戚が遠方で食事会に招待できない場合もありますよね?

その場合はギフトを贈る事をおすすめします。

Advertisement

七五三の内祝いでおすすめギフト

七五三でお祝いを頂くとお返しをどんなものを贈ればいいのか、何を贈れば喜んでもらえるのだろうって頭を悩ましてしまいますよね。

実は何でも贈ってもいいとうわけではありません。

贈ってはいけないものがあります。

● 陶器(割れる・壊れる)

● 刃物(縁が切れる)

この2つは縁起が良くないので、贈らないように気をつけてくださいね。

お返しの際には、金額の目安はいただいた金額から2分の1から3分の1でお返しするのが一般的です。

ここからは贈ると喜ばれる品を紹介しますね。

● お菓子(和菓子・洋菓子)

● 日用品(タオル・石鹸など)

● 金券(商品券)

● カタログギフト

● お子さまの晴れ着姿の記念写真

お菓子の場合、好みが分かっていると選びやすいですね。事和菓子か洋菓子どちらが好まれるのか事前にリサーチしてるといいですね。

店頭に買いに行くのも良いですし、通販で購入もおすすめです。

通販は種類が豊富にあるので、人気のあるお菓子を選んでみるのもいいかもしれませんね。

高級和菓子などいかがでしょうか。

お孫さんの名前や画像の入った商品を贈ると喜ばれるでしょう。

日用品については、ブランドの物をタオルや石鹸など贈られてはいかがでしょうか。

商品券などの実用的なものはいつの時代も喜ばれるでしょう。

カタログギフトは幅広い年齢の親戚がいる場合贈るとよいかもしれません。

予算が決められることと、趣味が合うものが選べますね。

七五三で撮影した写真にお子さまが書いた手紙やお絵描きを添えてみるのはいかがでしょうか。

贈る相手を考えて品物を考えましょう。もらった人が気を使ってしまうような物は避けた方がよいでしょう。

七五三の内祝いを送るタイミングはいつ?

内祝いを贈るタイミングは、実際にお祝いを頂いてから2週間以内に贈るのがおすすめです。

遅れてしまうのも失礼にあたりますので、遅くとも1ヶ月以内から11月中旬には手元に届くようにしましょう。

のしをつける場合

上段には【七五三内祝い】

下段には【子供の名前】

水引は紅白の蝶結びにしましょう。

お祝いを頂いたら、お礼の気持ちを電話で伝えると喜ばれるでしょう。

電話越しにお孫さんの声を聞かせてあげると、おじいちゃんおばあちゃんに喜ばれること間違いなしですね。

Advertisement

最後にまとめ

お返しは悩みに悩んでしまいますよね、頂いたお祝いの金額によって違うので各家庭でそれぞれの品物を選ぶとよいでしょう。

おじいちゃん、おばあちゃんはお孫さんが誕生してから見守り、成長を祝って頂いたことに対する感謝の気持ちを伝える機会にもなります。

素敵な七五三となるといいですね。