こどもの日だけど女の子へのお祝いはどうする?鯉のぼりを出すのはNG?

こどもの日だけど女の子へのお祝いはどうする?鯉のぼりを出すのはNG?

『こどもの日』と言うわりに、『端午の節句』で男の子のお節句です。
 

子どもの日なのだから、女の子でもお祝いしてあげたいと思うのはおかしい事ではありません。
 

男の子がいる家庭ならまだしも、男の子がいない家庭はお祝いはできないのでしょうか?

 
また、こどもの日と言うと鯉のぼりのイメージもありますが、男の子がいないと鯉のぼりも飾れないのでしょうか?
 

名入の立派な鯉のぼりは無理でも、小さい鯉のぼりなら飾り付けてこどもの日のお節句気分を味わいたいと思いますよね。

 
そんな時に、女の子しかいないならどう過ごしたら良いのか?
 

どうお祝いするべきなのか?
 

また、鯉のぼりは飾ってはダメなのか?
 

について、詳しく調べて記事にして行きたいと思います!

 

Advertisement

こどもの日!ってその由来と意味は?

こどもの日とは、法律で定められている国民の祝日で、親は子供の健やかな成長や幸せを願い、子供は親にありがとうと感謝の気持ちをもつ日という意味合いが込められています。

 
厄除けや健康祈願のために菖蒲を飾ったり菖蒲の入ったお酒を飲んだりする中国の風習が、日本に伝わってきた事が『端午の節句』の由来です。
 

中国から伝わった風習が日本独特の武士の考えも入り交じり、男の子のための行事になったと言われています。

 
元々は5月5日ではなかったのですが、5月は午(うま)の月と言われていた事や、5(ご)と午(ご)という読み方が同じ事などから、5月5日が端午の節句となりました。
 

中国で菖蒲が入ったお酒を飲んでいた事も端午の節句の元になっており、その風習を引き継いで、お風呂のなかに菖蒲を入れて入浴することで厄を払い健康に成長するようにという願いを込めています。
 

その後5月5日の端午の節句が国民の祝日とされ、現在の『こどもの日』になったようです。

 
ちなみに、鯉のぼりは『流れの激しい滝を登れた魚は鯉だけで、その鯉は龍になった』という中国の話が由来となっており、男の子の出世を願う意味合いがあります。
 

また、鯉は生命力の強い魚なので、どんな環境でもその子が健康でたくましく育つ事を願う意味もあります。

 
鎧兜は、古来の武士が身に付けていたように自身の身を守るものであり、端午の節句で飾る鎧兜には、子供が事故に遭ったり病気になったりせずに無事に過ごせるようにという意味を込めています。

 

こどもの日だけど女の子へのお祝いはどうする?

こどもの日というと、端午の節句のイメージからか男の子のお祝いであると認識している方も多いかもしれませんが、女の子のお祝いもするのが本来のあり方でもあります。
 

1948年に国民の祝日としてこどもの日が定められた際にも、男女の区別などはなく、すべての子どもの幸福を願う日と定められています。
 

端午の節句は男の子の節句行事として今でも根付いてしまっていますが、こどもの日のお祝いとなると女の子も一緒にお祝いします。

 
男の子の日だからと言って、女の子は違うから…なんて思わないでお祝いしてあげてください!!

 

Advertisement

こどもの日は女の子だと鯉のぼりを出すのはNGなの?

鯉のぼりは端午の節句に、男の子が健やかに成長し跡取りとして立身出世するようにという願いを込められて飾られたのが由来となっています。
 

鯉のぼりは男の子のために飾るものであり、女の子は3月3日『桃の節句』に雛人形を飾りますよね。
 

でも、時代は変わり女の子のために鯉のぼりを飾ることも増えて来ました!!
 

子供がそう望むのなら、鯉のぼりを飾ってあげましょう。

 
今は女の子好みのすごく可愛いらしい鯉のぼりもありますし、卓上タイプなら手間を掛けずに鯉のぼりを飾る事もできます。
 

ベランダに飾れる小さめのものでも、高級感がある鯉のぼりもあります。

 

まとめ

端午の節句とこどもの日と二つの意味がある事で誤解を招いてしまうだけで、女の子も一緒にお祝いができる事がわかりましたね!
 

子供達の健やかな成長はどの親も、いつでもいつまでも願い、想う事だと思うので…

 
女の子でも鯉のぼりも飾って楽しめますし、男の子なら鎧兜も飾ってもっと盛大に楽しむ事ができますね。

 
私も個人的に男の子だけの日だと思っていたので、『男の子がいないウチはどう過ごすのかな?』と思っていたのですが、みんな同じに賑やかに楽しく過ごす事ができたんですね!!
 

これを機に、男の子だけでなく女の子にも盛大にお祝いしながら楽しい『こどもの日』を過ごせるといいですね!!

 

Advertisement