入学準備は大変!鉛筆への名前の書き方やうまく楽に書ける方法を伝授!

入学準備は大変!鉛筆への名前の書き方やうまく楽に書ける方法を伝授!

入学シーズンになると、小学校に入学する子供がいる方は書類や名前を書く事が多くなりますよね。

持ち物すべてに名前を書かなければいけなくて、そうでなくても大変なのに…
 

ペンや鉛筆など、細い物や小さい物に名前を書くなんて大変過ぎると思いませんか?

 
そこで、今回この記事で鉛筆に名前を書くときの注意点やコツなどをできるだけ詳しくご紹介していきたいと思います!!

 
こちらもご参考ください。

 

Advertisement

入学準備の名前書きはいつするもの?

名前を書く時期はバラバラで、例えギリギリでも入学に間に合って子供達に不憫な思いをさせる事がないなら、いつでもいいのではないでしょうか。
 

ただ、ギリギリにすると記入漏れがあったり、必要な物に気付くのが遅く間に合わなくなる可能性もあります。
 

入学シーズンは特に、一斉に品物がなくなってしまう恐れもあるので…できれば早めに揃えて名前を書いておいた方が間違いないでしょう。
 

また、やり方としては一度に名前書きをするとだんだん雑になってしまう事も考えられますし、自分も疲れてしまいますよね。
 

名前書きと簡単に言っても、全てのものに名前を書くので時間もとてもかかってしまいます。

そうすると、ちょっとの合間に…と言うのができなくなってしまいますよね。

特に鉛筆のような細かい作業は肩も凝りますし、小さいのでとても大変なんです。

 
なので、少しずつ小分けして名前書きをするようにして少し前から時間を分けてみるのも一つの手です。
 

鉛筆のどこにどうやって名前を書く?

『あんな細い鉛筆にどうやって名前を書くの?!』
 

って思う方もいると思います。

私も最初はそう思いました(笑)

 
私の小さい頃は、父親がよく鉛筆の反対側を少し削ってくれて名前を書く場所を作ってくれたりしました。
 

その時はそれで全く何とも思わなかったのですが、今となるとおかしい事に気付いたりします。
 

そもそも、名前を書くのにどうして削らなきゃいけないのでしょう(笑)

 
かと言って、どこにどう書けばいいのかとても微妙です。

そんな時、私は…お名前シールを買って来て鉛筆に貼る前にシールに名前をバーっと書きます。
 

それであらかじめ書いてある名前を鉛筆を持つ方とは反対側に貼って、上からセロテープで留めます。
 

そうする事で、はがれにくくなるので最後の仕上げにセロテープはオススメですよ!

 

Advertisement

面倒な名前書きを楽にする方法とは?

実は私も、最初は一つ一つ書いていて本当に大変でした。

シールに書いて貼るのも、シール自体が小さくて細いためとても大変でした。
 

そんな時に活用出来たのがハイテックペンです!

細さを選べるので、とても重宝しました(笑)

 
でも、もっと便利なものを数年前から知りました!

 
それは『お名前シール』です!!

注文するので時間がかかるため、早めに頼まないと大変な事になるので早めに注文する事だけを気をつければとっても便利なんです!

 
名前はみんな書いてあってセットになってるので貼るだけですし、専用ピンセットもついてるのですごく楽に名前をつける事ができます。

 
もちろん、大きさも色々なセットになっているので鉛筆だけでなく教科書やノートや算数セットなどにも使えるんです。

 
これは名前書きの時短にもなりますし、小さく名前を書かなきゃならないような時もただ貼り付けるだけなので本当に楽チンです!!

 

まとめ

入学シーズンで忙しい時や、兄弟がいて入学が被る時などは特に大変で書類だけでもたくさん書くのに本当に嫌になってしまいますよね。
 

最初だけ書けばいいのですが、一度に書く量が大変なんですよね…。

 
でも、名前シールを知ってからはむしろ名前をつける事が楽しくなっています!

名前シールは名前だけではなく、キャラクターなども選べる物もあるのでかわいく仕上げる事もできるんです。
 

もう、手書きは時代遅れなのかと寂しく思いつつ、ついつい便利なシールに頼ってしまっています。
 
こちらもご参考ください。

 

Advertisement