こんな時どうする?!上履きの名前書きでにじんでしまった時の対処法!!

NO IMAGE

名前書きで一番困る事、それは『にじんでしまう事』ではないでしょうか?

しかも、名前を書く物が紙類ならまだしもそれ以外の物だとにじむ確率もグンと高くなります。
 

上履きなどは、履いてる時も下駄箱に置いてある時もできれば名前が見えた方が効率的でわかりやすいと思うのですが、場所によってはにじをんでしまって見ずらいような事も起こり得るのです。

 
今回の記事では、そんな時にどう対処するのか、またそうなってしまった場合はどのように乗り越えれば良いのかなど、できる限りアドバイス的に話を進めて行ければと思っています!

 
こちらもご参考ください。

 

Advertisement

上履きの名前はどこに書けばにじまない?

まず、名前を書くには見やすいところに書く必要があると考えます。

にじまない=どこでもいい

わけではないのです。

 
そこで、保育園や学校でも『名前を書くのに最適な場所』として例をあげている部分は『かかとの部分』と『甲の部分』と『ゴムストラップの部分』なんです!

 
かかとの部分は、下駄箱に入れた時にでも見えやすくするためと言うのもありますし、上履きの構造にもよりますが比較的固くできている部分でもあるのでそれほどにじむ事はないんです。
 

甲の部分は、履いている時に見やすいですがゴムで柔らかい部分でもあるので、にじんでしまう可能性も多いにあります。
 

ストラップの部分は、柔らかいわりにそれほどにじむような事もないですが、場所が小さいので書きずらいし見ずらい可能性が高いです。

 
なので、個人的にはかかとの部分が一番にじまないで書けるのではないかと思います。

 

上履きの名前がにじんでしまったらどうするのがベスト?

油性ペンで書いてもにじんでしまうので、なかなか対処法がなく諦めてしまう人も多いのではないでしょうか。
 

油性ペンなので、消すのにも大変で厄介なのでは?と思っていませんか?

 
もし、上履きの名前を書いている時ににじんでしまったら、迷わず消してください。

 
消毒用エタノールを使えば、布や衣服などについた油性ペンを落とす事ができるんです!!

なので、布などにインクがついた場合の一番良い対処法としては消毒用エタノールで落とす事だと言われています。
 

いらない布を2枚程用意して、油性ペンで汚れてしまった部分を上下ではさみ、汚れた部分に消毒用エタノールをしみ込ませて上下の布で叩きインクを落として行きます。
 

インクの汚れがなくなるまでそれを数回繰り返し、て汚れがなくなったら洗濯をしてください。

 
きれいになったあと、名前をまた書き直せばOKです!!

Advertisement

上履きの名前がにじんでしまった時の対処法あれこれ

にじんだインクの落とし方は上記しましたが、落とした後もまた書いてにじんでしまっては、永遠に同じ事の繰り返しですよね。

 
問題は、インクを落としたその後です!!

次は、にじまないように名前を書く必要があります。

ちなみに、まず第一に油性ペンで書く事が問題で…名前を書く時は布用ペンで上履きを少し湿らせて書く事でにじむのを回避できます!
 

布用のスタンプを使うのもいいですね。

 
早い話が、にじんでから対処するよりはにじませる前!つまり、にじまないようにする事が大切と言えます。
 

一度にじんでしまうとなかなか落ちずらかったり時間も余分にかかってしまうので、気をつけるようにしましょう。

 
湿らせて名前を書くコツとしては、洗った上履きが生乾きの状態で名前を書く事が一番手っ取り早く書きやすいのです。

 

まとめ

いかがでしたか?

事が起こってからでないと気付かない事もありますし、気付いてからよりも予測してその自体を防ぐ事もある意味『時短』と言えますね。

 
そうでなくても、名前を記入するものの中で上履きは特ににじみやすい素材だと思うので、一度の失敗で学べたら次からは楽ですね!!
 

名前を書く場所にも気をつければ、上履きの名前書きもすんなりできるでしょう。

 
こちらもご参考ください。

 

Advertisement