卒業式に相応しい服装は何?ストッキングをはいて行くのはマナー違反?一般的な意見をご紹介!

NO IMAGE

卒業式の時期は、寒いのか暖かいのかわからない微妙な気候。
 

服装に合わせて黒っぽくするのか

肌色っぽいのがいいのか…
 

そもそもストッキングとか履いてもいいのだろうか?
 

悩みは尽きません。

 
一生に一度の子供の晴れ舞台、失敗はできませんよね。

 
そこで今回の記事では、一般的にストッキングは履くものなのか履くべきではないのか、履くならどんな色が好ましいか…などなど少し詳しくお話していきたいと思います!

 

Advertisement

卒業式に相応しい服装は?

卒業式は子供の成長を祝う、記念の式典です。

出席する保護者いずれもカジュアルな服装ではなく、略礼装や略フォーマール服のレベルの服装で参列するのが普通であり、もっとも好ましいです。

 
卒業式の主役はあくまでも子供なので、母親が目立ってしまう事の無いように控えめなフォーマル感を心掛けるようにしましょう。

 
また、両親が出席する場合には、どちらか一方だけが派手になる事がないように、父親と母親の服装の格のバランスがとても大切です。

 
卒業のテーマは『別れ?旅立ち』ですので、明るい色よりはシックな色がいいと言えます。

母親の服装のおすすめ

母親の服装としては、スーツもいますしフォーマルワンピースが簡単で人気です。
 

着物の方もいるのですが、髪の毛のセットなど着崩れの事も考えるとスーツスタイルの方が簡単ですね。
 

黒スーツや黒ワンピでも、コサージュや髪飾りで少しワンポイントで飾れば華やかさが控えめに出てオススメです!

父親の服装のおすすめ

父親はスーツもいますし、カジュアルスーツもありです!
 

ポイントとしては、カジュアル過ぎない事。

その人の捉え方もあるので難しいのですが、心配なら普通のスーツがオススメです。
 

色は黒やグレーなど、大人しめな色が無難と言えます。

黒のスーツの場合はネクタイでアクセントを付ける事もできますよ!!

 

卒業式にストッキングをはいて行くのはマナー違反?

基本的に、卒業式にストッキングはOKです。

ちなみに、タイツは比較的好ましくはありません。

 
タイツ = カジュアル

ストッキング = フォーマル

 
と言った一般的な認識があるからです。

とは言っても、天候や地域によってはまだまだ寒い時期でもありますし、タイツが禁止とかマナー違反とまでではないようです。

 
ただし、色には少しゆるめでも決まりがあるのですが、ご存知でしたか?

フォーマルな服装をした場合、ストッキングは肌に近い色が基本になります。
 

ベージュ系で自分の肌と似たような色を選ぶのですが、肌の色より少し濃い目の色のストッキングにすると、引き締まって見えますよ!

 
また、ベージュ系の肌色に近いストッキングは、フォーマル場面でもビジネス場面でも使えるので便利ですね。
 

それに反し、卒業式に黒のストッキングは、はっきり言うとNGでマナー違反になります。
 

フォーマルな場面で、黒のストッキングをはくのは喪服を着る時だけとされています。

 
卒業式の主役はあくまでも子供なのですから、母親があまり目立つような服装はオススメできませんね。

 

Advertisement

卒業式にオススメのコーデやストッキングの色

黒は黒でも漆黒ではなく爽やかな黒のスーツやワンピースは、使い回す時も楽ですしコサージュや髪飾りでアクセントを付ける事で程よい華やかさが演出できるのでオススメ!!

 
淡いグレーなどもアクセントによっては映えるので、大人っぽく見えます。
 

形としては個人的に、スーツよりワンピースの方がトイレなども楽ですし合わせやすいと思っています。

 
服装がどんな色であれ、ストッキングはあくまでも黒ではなく肌色に近い色を選ぶようにしましょう。

 

まとめ

卒業式は、一生のうちにそう何度も経験するものではないので、マナー的な事も含めついつい忘れてしまったりわからない事が多いですよね。
 

誰かに聞くのもいいですが、その聞いた人がマナーをわかっていなかったら恥をかきますし、なかなか難しいところでもあります。

 
そんな中で頼りになるのはマナー本です!!

一般的な事を知れるのでとてもありがたく便利ですし、それを基準に地域性なども踏まえて考えると簡単ですよ!

 
不安や心配があると嫌だと思いますし、我が子の最大の晴れ舞台なので不安や心配を少しでも取り除き、安心して卒業式を迎えてくださいね。

 

Advertisement