ひな人形はいつまで飾る?保管は何処へ?処分方法はどうすればいい?

ひな人形はいつまで飾る?保管は何処へ?処分方法はどうすればいい?

3月3日のひな祭り。
 

その1ヶ月くらい前から、ひな人形って飾るご家庭は多いと思います。
 

ただ飾るだけではなく、ひな祭りが終わっていつまで飾っておけばいいのかわかりませんよね。
 

また、保管する場所や方法なども詳しくわからず困ってるご家庭も多いのではないでしょうか。
 

特に初めてひな祭りを迎えるご家庭は、悩みどころだと思います。
 

保管方法なんて、間違えば虫食いで穴が空いてしまう事があると聞いた事がありますし…
 

大きい段飾りは豪華でいいですが、バラしてしまう時に手間取ります。
 

かと言ってケースのだとバラす事もできずそのままの大きさなので、しまうのにも場所を取ってしまうんですよね…
 

そのような事も含め、ひな人形について色々調べて記事にできればと思います。
 

 

Advertisement

ひな人形はいつまで飾ってもいいの?

ひな人形は、ひな祭りが終わったら片付けますが…
 

一般的にはひな祭りから2週間以内、つまり、3月中旬までにはひな人形を片付けるとされています。
 

ただ地域によっては旧暦のひな祭り、4月3日までひな人形を飾る地域もあるようです。
 

ひな人形を旧暦まで飾る地域の場合は、4月中旬くらいまでにはしまうようにしましょう。
 

また、ひな人形を片付けるのは『啓蟄の日』がいいと言われていて、その啓蟄の日とは3月5日頃です。
 

ちなみに、ひな人形を飾る日というのは特に決まりはないのですが、一般的には節分の次の日~2月の中旬までに飾るのがいいと言われています。
 

遅くても、ひな祭りの1週間前の2月24日までには飾るようにしたいですね。
 

ひな人形を飾るのに特に適している日は『大安』と『雨水』、そして『立春の日』とされています。
 

大安は特に縁起がいい日として色々なおめでたい行事などお祝いごとには適してますし、立春の日は『節分で厄を払って清められた所にひな人形を飾るのがいい』と言う事も含め、ひな人形を飾るのに適した日だと言われています!
 

ひな人形の保管場所と方法は?

ひな人形は、様々なものが組み合わさってできているので収納の際は、顔や身体にヒビや剥がれがおきないようにしたり、カビや結露が発生しないように気をつけたり、シミやダニなど虫の害が出にくい場所…という点を重視して収納場所を探すようにします。
 

具体的には次のようなポイントで選びましょう。
 

直射日光が当たらない

ひな人形の衣裳などに使われている絹は、直射日光に当たると劣化する恐れがあり、日当たりのいいリビングやベランダ近くも収納には不向きなんです。
 

ケースに入った内裏雛や市松人形などを、日の当たるダッシュボードの上などに置きっぱなしにする事もオススメできません。
 

ひな人形の保管場所については、湿気が比較的少ない場所にし、床置きするとホコリがたまったり湿気によりカビが生えてたりするので、高めの場所に置くのがオススメです。
 

大きな寒暖差がない

寒暖差が大きいと、木材でできている部分にゆがみが出たり、胡粉仕上げの顔に割れや剥がれが起きたりしてしまいます。
 

外壁に面した納戸や土間、窓の近くなど寒暖差の大きい場所は、収納には適していないのです。
 

湿気が少なく風通しがよい

湿気は結露やカビを発生させるので厳禁です!
 

窓のそばや水回りに近い所など湿気の多い場所は避けてください。
 

とは言っても乾燥し過ぎもいいとは言えないのでヒーターやエアコンの風が直接あたるような位置もよくないですし、適度に風通しがよくて湿気の少ない場所を選ぶようにしましょう。
 

Advertisement

ひな人形の処分方法はどうすればいい?

一般ごみ、粗大ゴミ

大きさにもよりますが、一般ごみ、または粗大ゴミとして出す事も出来ます。
 

きちんと問い合せて確認してから、捨てるようにしましょう!
 

人形供養にだす

人形は人と同じ形をしている事から、魂が宿るとも言われてますし、大切にしていたお人形をごみとして出すことに抵抗を感じる方も多いと思います。
 

そのような場合は、人形供養を行っている神社やお寺で処分してもらう方法もあります。
 

寄付をする

ひな人形は発展途上国の子供達に非常に喜ばれるようなので、自分たちの手元を離れた後も誰かに大切に飾ってもらえるのなら、こちらとしても嬉しいですよね。
 

まとめ

小さい頃は、ただ飾ってもらうのを楽しみにして見ていたひな人形ですが、保管方法や場所にこんなに考えなければならない事も知りませんでしたね。
 

また、処分する事も…
 

考えた事はまだなくても、いずれそうなるかもしれない事を考えると色々知識を持ってないと大変だと言う事ですね。
 

思い出があるものこそ、大切に思うから捨てられないでいる気持ちもわかりますし、どうせしまいっぱなしなら誰かの役に立てれば…
 

と思う気持ちも理解出来るので、難しい選択肢ではあると思います。
 

でも、もしこれを機にと考えているのであればひな人形が痛んだり古くなり過ぎる前に考える必要があるんだと、自分自身改めて考えさせられました。
 

間違った保管にくれぐれも気をつけて、大切に受け継いで行きたいものでもありますね!

 

Advertisement

 

ひな祭りに関するご参考情報

・ひな祭りにぴったりなお菓子や子供も喜ぶデザートなどのご提案

ひな祭りにはお子さんが喜ぶお菓子やちらし寿司をふるまわれるご家庭が多いです^^
 

どんなものを子供に出しているのか、ちらし寿司のつくり方など、ご紹介します。
 

 

・ひな祭りに大勢でパーティをする場合のご提案

まだ小さな女の子の年中行事ですから家族でやる以外に、旦那様や奥様のご両親も交えてにぎやかにされることも多いのではないでしょうか。
 

ひな祭りならではのパーティ仕様でみんなが楽しめる方法についてご紹介します^^
 

 

・ひな祭りに関する由来や豆知識

ひな人形の保管や処分方法、なぜちらし寿司なのか?などちょっと知っておきたいことについてお話します。
 

お食事のときにでもちょっとした小ネタにしていただければと思います!
 

 

Advertisement