ひな祭りにちらし寿司を食べる意味は?知っておきたい由来と豆知識。

ひな祭りにちらし寿司を食べる意味は?知っておきたい由来と豆知識。

3月3日のひな祭りの日。

みんなでお祝いをしたり、お雛様を飾ったり食事をしてワイワイ楽しむ事と思います。

そんな中で、自宅で手料理を振る舞う場合は『ちらし寿司』が定番となっていますね。

では、なぜひな祭りの時にちらし寿司を食べるのかみなさん知っていましたか?

今回は、なぜひな祭りの日にちらし寿司が定番となっているのか、ひな祭りとちらし寿司の関係や由来を記事にして行きたいと思います。

Advertisement

ひな祭りにちらし寿司を食べる由来とは?

実は、これと言ってちらし寿司がひな祭りと結びつけるような言われはないんです。

ではなぜ、ちらし寿司を食べるのか?

それは、お寿司が縁起のよい食べ物だからです!!

寿(ことぶき)を司る(つかさどる)という字からもわかりますし、たくさんあるお寿司の中でもちらし寿司が定着して行ったのは、女の子のお祝いに相応しいお寿司だからなんです。

ちらし寿司は、たくさんの具材を散らすので見た目がとても華やかになります。

使われる具材も、縁起のいいものばかりです。

海老は『腰が曲がるまで長生きする』、れんこんは『将来の見通しが良い』豆は『健康で、まめに生きる』と言った意味もあるんです!

また、同じお寿司でもにぎり寿司は、家庭で手づくりするには難しく、生ものなので乳幼児には向かないのではないかと言った配慮から、ちらし寿司が定着していったとされています。

意味を知っていくと、ひな祭りに込められた女の子を大切に思う気持ちが伝わって来るようですね!!

ひな祭りにちらし寿司は定番?

だいたいひな祭りと言えば、ちらし寿司が定着しているので『定番!』と言ってもいいと言えます。

また、ちらし寿司もアレンジする事で色々な楽しみ方ができますし、もちろんちらし寿司だけでなく手巻き寿司や普通のお寿司でもお祝いしています。

ちらし寿司の方が色々な具材を散らすので、赤や黄色や緑やピンクなどなど…

色とりどりで華やかさがあるので、女の子のお祝いにはまさにピッタリですね!

ちらし寿司が食卓に並ぶだけで華やかさが増す事は間違いないので、やはり見た目も兼ねるとちらし寿司が定番と言う事で落ち着いたようです。

確かに、個人的にもお祝いでまして客人(義母など)を呼ぶとなると、見た目が華やかな方が見映えもいいですし、写真映え(インスタ映え?)もするのでちらし寿司は圧倒的に大人気でした。

Advertisement

なぜちらし寿司がいいのか教えて!

諸説はたくさんあるのですが、一番古い諸説だと平安時代に伝わていった『なれ寿司』を、お祝い膳に使っていたのがきっかけとされています。

なれ寿司とは、魚介類などご飯を一緒に発酵させたた食べ物の事で、実は今のお寿司の原型なんです!!

ですが問題が一つ、なれ寿司は見た目があまりにも美しくなかったんです…。

ひな祭りは、女の子のお祝いの日なので華やかな春らしい食べ物の方が、似合いますよね?

そこで登場したのがちらし寿司なんです!

ちらし寿司は、盛り付ける具材次第でとても華やかになり、お祝いの席にピッタリの食べ物になるのです。

縁起の良い具材を中心とし、華やかさと春の香りを感じられるように盛り付けるのが最大のポイントです!

そして月日が流れる間に、ひな祭りに相応しい具材と華やかである事も揃って、ちらし寿司がいいと言う事になりました。

まとめ

こうやってまとめてみると、ひな祭りに込められた思いや昔からの風習などがよく伝わって来ますね。

ひな祭りに当たり前のように食べていたちらし寿司にも、由来はなくともちゃんと意味があったんですね。

また、具材の意味も縁起を担ぐものだと言う事でまさにお祝い膳にはぴったりだと言う事も素敵だと思います。

ひな祭りのお祝いには、是非ちらし寿司で華やかに祝いたいですね。

Advertisement