ひな祭りパーティー!雰囲気を出すための飾り付けや盛り上げ方をご紹介!!

NO IMAGE

一年間でも最大イベントとも言える、3月3日のひな祭り。

せっかくお祝いするなら、盛大にパーティーを開催して子供達のためにもたくさん盛り上げたいものですね!

中には両家のご両親も一緒にお祝いしてくれたり、子供達のお友達やママ友も一緒に…なんて事も十分有り得ますね。

そんな時、どう雰囲気を出してどんなふうに盛り上げるかが最大のポイントとなって来ます!

そして、そんな時のために!

少しでもお手伝いできたらと思いながら、記事を書き進めて行きたいと思います!

Advertisement

ひな祭りの意味と由来

ひな祭りの由来は二つあります。

ひな祭りの意味と由来 その1

まず一つ目の話は、上巳の節句について。

中国から伝わった五節句の一つで、三月上旬の巳の日に、草や藁で作った人形(ひとがた)で自分の体の分身を作り、その人形を川に流す事で厄払いや邪気祓いを行うといったものです。

ひな祭りの意味と由来 その2

二つ目は、貴族階級の女の子の間では、紙の人形を使った遊び『おままごと』が流行っており、これをひいな遊びと言うのですが、このひいな遊びと川に流す人形(ひとがた)が結びついて『流し雛』が誕生したと言われています。

そして江戸時代になると、人形作りの技術が向上した事により川には流さず家で飾るように変化して行ったのです。

これが、ひな祭りの由来と言われています。

ひな祭りの原点となっている上巳の節句では、特に女の子のための日というものはなく、男女共通の行事として厄払いや邪気祓いが行われていました。

でも江戸幕府は、それまで日付が変動していた上巳の節句を3月3日とし、雛人形を飾る事から女の子の日と決めました。

ひな祭りとは単なるお祭りではなく、女の子の健やかな成長や幸せを願う日として変化し、今のひな祭りとなっているのです。

ひな祭りと言えばこれ!オススメの飾りつけ

パーティーの飾りつけでメインとも言えるのは、やはり壁の飾りつけ!

部屋の壁は広々したデコレーションスペースにもなるんです!

簡単な飾りつけの定番がフラッグガーランド。

ひな祭りは春のお祭りなので、ピンクをベースにしたガーランドはオススメです!

桃の節句のひな祭りと言えば桃と桜の花!!

部屋に桃の枝をちょこっと飾るだけで、ひな祭りの雰囲気は格別に上がります!!

ひな祭りの時期なら百均で手軽に可愛い桃や桜の造花が売ってるので、とても簡単なひな祭りを演出できます!

Advertisement

簡単に作れるひな祭り用の飾り付けベスト5!!

物足りない部屋を簡単に華やかにしてくれるのが風船!

壁に貼りつけるだけで一気にパーティー感がアップする優れものです!

ポイントは、同系色の風船でそろえる事。

色々な色を混ぜてカラフルにするより統一感があって、よりオシャレに見えます。

壁に貼り付ける時は両面テープで貼る事で、かわいく飾る事ができます!!

レースペーパーと紙コップでお雛様!

紙コップにレースペーパーを巻いて留めるだけで、お雛様を演出できます!!

その他にも、ペーパーチェーンやフラワーぽんぽんなどがあります!

ペーパーチェーンは同じ幅に切ったり糊で付けるだけなので、子供達と一緒にできます。

フラワーぽんぽんも、折って開くだけの単純作業なので小さな子供でも一緒にできます。

まとめ

一年に一度のひな祭りなので、なるべく豪華に飾り盛大にお祝いする事ももちろんですが、子供達と楽しく過ごす事がとても大切。

元は女の子の健やかな成長を祝うものなので、メインである子供達が楽しむ事こそが最大の目的とも言えますね!

心に残るパーティーを毎年する事で、子供のそのまた子供にもそのまた子供にも…

と、家族の良き伝統が受け継がれて行くものだと思います。

自分達家族それぞれのお祝いで、毎年賑わって成長を見つめまた見守って行ける事を願っています。

Advertisement