お歳暮をお断りしたい!失礼のない手紙の書き方と文面を紹介

NO IMAGE

お歳暮の時期、どこまでのお世話になった方に贈ればいいのかなどよくわかりませんよね。

例えば、

・以前は仕事仲間で家族ぐるみで仲良くしていたので、毎回お歳暮やお中元を贈り合うお付き合いをしていたけど、今は部署も変わり疎遠気味に・・・。

・そろそろお歳暮のやり取りを控えたいけど、どうやって断ればいいのかわからない…

・断るのは失礼になるのでは?

と不安に思う方はいらっしゃいますよね。

今回は、そんなときに断ってもいいものなのか、そして断る時に失礼がないように断る方法を伝授しちゃいます!!

Advertisement

お歳暮はお断りしてもいいもの?

お歳暮を受け取る側は、先方の感謝の気持ちをありがたくいただく事が大人として、または社会人としてのマナーという考え方もあります。

しかし、相手と疎遠だったりする場合は申し訳ない気持ちが先立ってしまい、お返しやお礼状を考える事がそもそもストレスになってしまいますね。

単刀直入に言うと、お歳暮を断る事はマナー違反ではありません!!

贈ってほしくない相手からお歳暮をいただいたなら、お断りする意思表示をする方がお互いにとってベターとなるケースはたくさんあるのです。

しかし、何らかの理由があってお歳暮の品を受け取る事を辞退する場合でも、お歳暮の品物だけを返送したり、辞退する理由も言わずに断ったりするのはとても失礼にあたります。

お歳暮をお断りするにも、まずは相手の厚意に対してちゃんとお礼を述べて、礼を尽くす事がとても大切です。

お歳暮をお断りするときの失礼のない手紙の書き方

お歳暮のお礼状で断る

お歳暮をいただいたお礼状も兼ねて、次回からはやり取りを辞退したい事を伝えます。

この方法が最もスマートとされていて、角がたちません。

今まで通り、お歳暮を贈っていただいた事への感謝の気持ちを伝えながらも、

『今後はお気遣いなさいませんようお願い申し上げます』

『お心遣い、誠に有り難いのですが次回からは辞退させて頂きたく思います』

このような文面を交えて、次回よりお歳暮を辞退したい旨をきちんとわかりやすく伝えます。

その際、

『今後も変わらぬお付き合いをお願い致します』

という文面を付け加える事で、相手の厚意に感謝している事も伝える事ができるので、◎ですよ。

Advertisement

お歳暮をお断りする手紙の文面を紹介

・今回は受け取るけど、今後は辞退するという場合

年の瀬もいよいよ押し迫って参りました。

さて、この度はお歳暮を頂戴致しまして、誠にありがとうございます。

早速、家族で旬の味覚を美味しくいただきました。

いつも何かとお気をかけて頂きまして、厚く深く御礼申し上げます。

ご好意は大変ありがたく存じますが、今後はこのようなお気遣いなさいませんよう、くれぐれもお願い致します。

寒い季節柄、どうぞご自愛下さい。

・取引先のお歳暮を断る場合

寒冷の頃、貴社におかれましては、ますますご清祥でご活躍の事と存じております。

この度は、お歳暮の品を確かに頂戴致しました。

お心遣いは誠にありがたく存じますが、実を申し上げますと、弊社ではお取引様からのご贈答は辞退させて頂く事となっております。

しかしながら、その旨をお伝えしておりませんでしたので、この度はありがたく頂戴させていただきます。

こちらの都合ばかりで大変心苦しいのですが、どうか今後はお気遣いなさいませんよう、何卒ご理解のほど宜しくお願いします。

最後になりましたが、貴社一層のご隆盛と皆様のご活躍をお祈りしまして、お礼とお願いを申し上げさせていただきます。

と、このような感じでしょうか。

Advertisement

最後にまとめ

・もしも断る時は断りの意志を明確にする事。
・本文の最初にお歳暮が届いた事に対する感謝の気持ちを示す事。
・断る理由を明確に挙あて、相手のご好意を無にしないようにする事。
・今後の関係を考えて、角が立たない表現を選ぶ事。

この4つが重要となります。

気持ちだけ受け取り、品物は断るスタンスで

『お中元やお歳暮を断る=関係の拒絶』

だと勘違いされないような文面にする事がもっとも大切と言えます。