お歳暮の正しい時期っていつまで?!過ぎてしまった時の対処法とは?

お歳暮の正しい時期っていつまで?!過ぎてしまった時の対処法とは?

もう今年も残すところあとわずか、、、

この1年、早かったなー。

なんて言っていると、ついつい忘れてしまいがちなもの、そう「お歳暮」です。

いつ出せばいいの?

なんてあわてている人も多いのではないでしょうか。

今回はそんな困ったを解決していきたいと思います。

Advertisement

お歳暮ってどういうもの?

ということで、まずはお歳暮についての基礎を知っていきましょう。

意外と知らなかったことがあるかもしれませんよ。

まず、お歳暮とは(お中元もそうですが)日頃お世話になっている人への感謝の贈り物です。

特にお歳暮ではお世話になった人への一年分の感謝と、「来年もよろしくお願いします。」という気持ちを込めた贈り物ということになります。

その起源は古く、元はお正月にある御魂祭り(先祖の霊を迎える儀式)のお供え物を年明け前に本家に届ける風習だったそうです。

また、江戸時代になると商人や長屋の店子が取引先や大家さんに日頃の感謝の気持ちを込めて盆と暮れに贈り物をするようになったことから、現在では一般の人々にまで浸透しました。

また、以前は会社の取引先や上司に対して贈ることが多かったそうですが、最近では立場など関係なく親しい人や親類にも贈ることがあるそうです。

お歳暮の正しい時期っていつからいつまで?

続いて、お歳暮を贈る時期についてご説明します。

関東や関西でもマナーとされている時期がちがうそうなので、気をつけて見ていきましょう。

まず、関東では12月初旬から31日まで、関西では12月13日から31日までに贈るのがマナーとされています。

ただ、年明けぎりぎりに送ってしまうと、旅行先で年明けを迎える方もいらっしゃるので、新年を迎える準備を始めると言われている12月13日から12月20日までに贈るのが無難でしょう。

また、お正月に食べられるような生ものを送る際には12月20日以降が良いとされていますのでご注意を。

近年では百貨店などで早期割引などがされており、11月末から送られることも少なくないそうです。

Advertisement

お歳暮の時期を過ぎてしまったら?対処法は?

最後に、お歳暮を贈る時期を過ぎてしまった場合の対処法についてご紹介したいと思います。

①31日までに届けられる場合

まず、お歳暮の到着が大晦日に間に合う場合はお歳暮の範囲内です。

急いで配送しましょう。

②御年賀(元旦〜1/7or1/15)

31日までに届けられなかった場合で、贈り先が喪中ではない場合、御年賀や新年のご挨拶として贈ることが可能です。

贈る時期は松の内の間(門松を飾っておく期間)で関東と関西で違います。

松の内とは、元日から七草粥を食べる日までのことを指しますが、関東では1月7日、関西では1月15日となっています。

贈り先の地域を確認して配送しましょう。

③寒中お見舞い/寒中御伺い(松の内の後〜立春)

贈り先が喪中の場合、寒中お見舞いや、寒中御伺いとして贈ることができます。

こちらは先程お話しした松の内の後から立春である2月4日までに贈るものになります。

関東では1月7日から2月4日まで、関西では1月15日から2月4日までに贈りましょう。

また、贈り先が目上の方の場合は寒中御伺いを贈るのが良いでしょう。

また、②と③の場合には、お歳暮を贈れなかったことへのお詫びを一筆添えると、より良いでしょう。

Advertisement

最後にまとめ

今回はお歳暮の基礎知識と、贈る時期、贈り忘れてしまった時の対処法について紹介しました。

皆さんの疑問は解決しましたか?

それではまとめを見ていきましょう。

・お歳暮は1年の感謝と来年もよろしくお願いしますという気持ちを込めた贈り物。

・お歳暮を贈る時期は早ければ11月末〜。

・最低でも大晦日までに届くようにする。

・お歳暮の時期を過ぎた場合、喪中でないなら御年賀、喪中ならば寒中お見舞いを贈る。

また、お歳暮は1度贈ると毎年贈らなければ失礼になるそうなので、1度だけ贈りたい場合は御年賀を贈るのが良いでしょう。