年末大掃除はいつから始める?どこから?効率的な計画の立て方と提案

年末大掃除はいつから始める?どこから?効率的な計画の立て方と提案

大掃除って必ず年末にしますよね。

でも、なぜ年末の大晦日までにしなくてはならないのでしょうか?

大掃除しておけば気持ち良い新年を迎える事ができるとは思いますが、なぜ年末にするか知らない人の方が多いですよね。

今回は、大掃除を年末に行う由来や理由を紹介したいと思います。

Advertisement

年末に大掃除をする理由とは?

そもそも大掃除をなぜ年末にするようになったのでしょうか。

大掃除は神事であって、年中行事となっています。

新年には歳神様(としがみさま)と言われている、新年の幸せの神様が元旦に来てくれるとあ言われています。

その歳神様が家に来ても失礼のないようにと、大掃除をするようになったのがきっかけのようです。

つまり、神様が来ても恥ずかしくないように、家の中を清めるために大掃除をするようになったと言われています。

年末大掃除はいつから始める?どこからが効率的?

年末の大掃除は、だいたい12月の始め~中旬くらいからゆとりをもって始めると年内に終わらせる事ができます。

お仕事をしている方でも年末年始のお休みがきちんと一週間程とれる場合には、最初の2~3日間を一日中みっちり大掃除に費やしても終わらせる事は可能です。

普段あまり使わない部屋から掃除しましょう

年末の大掃除をする時は、まず使ってない部屋から始めると効率よく進みます。

具体的に例を挙げると、物置部屋や納戸、階段下の収納などから始めた方が、後で掃除のやり直しをしなくて済みますよ!!

わかりやすく言うと、例えば最初にキッチンなどよく使う場所から始めてしまっても、数日かけて大掃除をしなければならない場合、大掃除の最終日にまた汚れたキッチンを掃除し直さないといけなくなりますよね。

逆に言えば、納戸などはそんなに頻繁に掃除機かけなくてもいいので、先にやってしまってもまったく問題はないはずです。

掃除する部屋の順番、室内の手順を意識して効率的に!

お仕事や家事、子育てなどで時間があまり取れない場合は、あまり使わない場所をやってからリビングやキッチン、水回りと進めた方がかなり効率的ですよ!!

洗面所は雑巾を洗ったりするのに汚れてしまうため、一番最後にやった方がいいですね。

具体的な手順は、収納系の使っていない部屋→下駄箱と玄関→廊下→寝室→リビング→キッチン→水回り→洗面所という順にやるとより効率的と言えます。

室内の詳しい手順としては、まずは天井など上から掃除してほこりを下に落としてから床を掃除すると、後でほこりを拭き直す必要もなくなり早く進む事ができますね!

天井→壁→床の順番でやって行けば、最後は天井や壁から床に舞い落ちたホコリをせっせと掃除して行けばいいだけなので、効率よく進められます!!

Advertisement

年末大掃除の計画の立て方と提案

大掃除となると色々掃除する場所が出て来るので、ついつい掃除し忘れてしまう場所が出てくる場合がありますよね。

まず掃除する場所をメモするか、カレンダーに書き込むなどして忘れないようにする方法もオススメです。

紙に書き出す事で、具体的な想像もできるのでシミュレーション的にはバッチリです!!

仕事をしていても長いお休みがあったり、主婦でずっと家にいる場合であっても、大掃除は合間に休みの日を入れてするのが最大のコツとも言えます。

私個人的な意見としては、大掃除は量が多い上に時間がとてもかかるので、11月~12月の週末に少しずつコツコツとゆっくり始めながらキッチリ終わらせると楽ですよ!!

最後にまとめ

大掃除とは言っても、普段からちょこちょこしていればそんなに時間も取らずに済みます。

年末の大掃除前から、定期的に掃除していると後々楽になりますよ!

掃除が好きな人は、特に大掃除ともなると面倒に感じる人の方が多いと思います。

それは私もそうです。

でも、やらなければならない事でもあるので・・・

楽しみながら掃除するのも一つの方法ですよね。

考え方によっては、自分の手で一つひとつ、部屋が綺麗になって行くのは気持ちいいですよね!!

Advertisement