喪中にお歳暮をもらったらお返しは必要?お礼状の書き方と文例を紹介

喪中にお歳暮をもらったらお返しは必要?お礼状の書き方と文例を紹介

年の瀬も近づいてきて、街も慌ただしくなってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

今回は、

自分が喪中なのにお歳暮が送られてきた時に

・お返ししていいの?

・お礼状はどうやって書いたらいいの?

というお困りごとについて、解決していきたいと思います。

Advertisement

喪中にお歳暮を贈ってもらったらお返しは必要?

そもそも、喪中にお歳暮のやりとりをしてもいいの?と思われている方も少なくないと思いますので、そちらの方から解説いたします!

端的にいうと、

喪中にお歳暮のやりとりをするのは全く問題ありません。

喪中の時に、慶事(お祝い事)を控えるということは一般的に知られていますが、そもそもお歳暮というのは親しい人への感謝の贈り物であり、季節のご挨拶なんです。ですから、お歳暮を頂くことも、贈ることも、全く問題ないんです。

それでは本題に入りましょう。

自分が、喪中にお歳暮をもらった場合、お返しは必要?ということですが、喪中であっても喪中でなくとも、元々お返しは必ずしも必要ではないんです。

ですが、お返しをするにしても、しないにしても、お礼状は必ず出すのがマナーです。

お礼状については、次のトピックにて詳しくご紹介いたしますので、頭の隅に置いていて下さい。

また、お返しを贈るという場合は、通常通りの品物で問題ありませんが、守っておきたいマナーがありますので、しっかり確認していきましょう。

①忌明け後に贈る

喪中にお歳暮を贈る際には、四十九日を過ぎてから贈るようにしましょう。

また、忌明け後を待つと、お歳暮の時期を過ぎてしまう場合には、松の内の後から立春の間(関東では1月7日から2月4日、関西では1月15日から2月4日)に、寒中お見舞い/寒中御伺いとして贈ると良いでしょう。

②熨斗(のし)と水引きに注意する

お歳暮には通常、紅白の水引きがつけるものですが、喪中の場合にはお祝い事を連想させるため、紅白の水引きはつけないようにします。

また、熨斗には無地ののし紙、もしくは白短冊に表書きは「お歳暮」と書くようにしましょう。

もしくは、熨斗や表書きをつけずに、お手紙をそえると良いでしょう。

また、そのお手紙にはお歳暮が遅れた理由(喪に服していた旨を書きましょう。

Advertisement

お歳暮のお返しのお礼状の書き方とは?

お礼状は、喪中に関わらず、お歳暮を頂いた時は必ず出しましょう。

できれば3日以内に出すのが理想とされています。

このトピックでは基本的な書き方をご紹介いたします。

この場合のお礼状とは、その名の通りお歳暮を頂いたことへのお礼のお手紙です。

縦書きの便箋に手書きで書いたものが理想ですが、ハガキや、横書きのものでも良いでしょう。

書き方は?

・拝啓/謹啓などの頭語
・時候の挨拶
・お歳暮を頂いたお礼の言葉
・相手を気遣う言葉
・締めの言葉
・敬具/謹白などの結語

という風に書くのが無難です。

ちなみに、頭語、結語はそれぞれ、

『謹んで申し上げます/謹んで申し上げました』

という意味の言葉ですが、謹啓は目上の方や、よりかしこまった場合に使うと良いそうです。

Advertisement

お歳暮のお返しのお礼状の文例を紹介

最後に、先ほどご紹介しましたお礼状の書き方をもとにした例文を2つ見てみましょう。

ご参考になれば幸いです。

例文1(親しい方へのお礼状)

拝啓

寒さもひとしお身にしみるころ、皆様いかがお過ごしでしょうか。

このたびは、心温まるお歳暮のお品を頂きまして、誠にありがとうございました。

いつもながらのお心遣いに、心より感謝申し上げます。

おかげさまで、私どももずいぶんと落ち着いて参りました。

まだまだ寒い日が続きますが、どうぞご自愛くださいませ。

まずは書中をもちましてお礼を申し上げます。

敬具

例文2(かしこまったお礼状)

拝啓

師走の候、○○様におかれましてはますますご清祥のことと心よりお喜び申し上げます。

この度は、結構なお歳暮の品をお送りくださいまして、誠にありがとうございました。

いつに変わらぬお心遣いを頂き、大変恐縮に存じます。

ご心配をお掛け致しましたが、私どももようやく落ち着きを取り戻して参りました。

寒さ厳しき折、ご自愛くださいますようお祈り申し上げます。

略儀ながら書中にて御礼申し上げます。

敬具

合わせてお歳暮を贈る場合

また、同時にお歳暮を贈る場合は、

本日、別便にて心ばかりの品を送り致しましたので、ご笑納いただければ幸いです(幸いに存じます)。

などの文言をつけると良いでしょう。

さらに、

『喪中につき新年のご挨拶をご遠慮申し上げますが~』

などの言葉を添えるとより丁寧になります。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事が皆様のお役にたてれば幸いです。