お歳暮は喪中の人にも贈っていいの?「のし」の選び方と注意点

お歳暮は喪中の人にも贈っていいの?「のし」の選び方と注意点

そろそろ年末年始に備えた準備をしないと、、、

なんて思い始めた方も多いのではないですか?

そんな時、毎年お歳暮のやりとりをしている方から喪中はがきが届いたり、今年に入ってから届いていたのを思い出したり、、、、

あれ?喪中の方にお歳暮を出してもいいんだっけ?

なんて悩んでいる方に、今回は喪中の場合のお歳暮についてお話ししたいと思います。

Advertisement

お歳暮は喪中の人に贈ってもいいの?

結論から言ってしまえば、全く問題ありません。

そもそも、お歳暮ってどういうものなのか、とりあえず確認してみましょう。

お歳暮とは、日頃、お世話になっている人に対して1年の締めくくりに感謝の気持ちを込めた贈り物を贈り、1年間の感謝と来年のお付き合いをお願いする、季節のご挨拶です。

そこで本題なのですが、

喪中のときに控えなければいけないことというのは慶事、つまりお祝い事なんです。

それは喪中の期間は故人を偲び、喪失感から立ち直るための助走期間とも言えるのではないでしょうか。

ですから、周りの方が1年の始まりをお祝いする年賀状を出さないというのは、当然の配慮なんです。

お歳暮はお祝い事ではない

お歳暮というのはお祝い事ではなく、季節のご挨拶です。

喪中だからと言って、お歳暮のやりとりをすることはなんの問題もありません。

ですが、もちろん配慮というのは必要です。

次のトピックでは贈るに際してのマナー、特に「のし」についてお話しします。

お歳暮を喪中の人に贈る時の「のし」の選び方とは

皆さんは「のし」って何をさすのかご存知ですか?

実は、紙の部分ではなくて、右上についているカラフルなもののことなんです。

そして、喪中の方へ贈る際には、のしをつけてはいけません。

また、お祝い事の象徴である紅白の水引きもつけてはいけないんです。

じゃあどうしたらいいの?ということですが、無地ののし紙か、白短冊に表書きはお歳暮と書くと良いそうです。

大抵はお店で包装してもらうでしょうから、贈り先が喪中である旨を伝えれば問題ないでしょうが、知識として頭の隅に置いておきましょう。

Advertisement

お歳暮を喪中の人に贈る時の注意点とは?

そのほかの注意点としては、送る時期が挙げられるでしょう。

喪中の方へお歳暮を贈ることは全く問題がないと先程も述べましたが、忌中(四十九日の間)は避けるようにしましょう

もし、忌明けを待つとお歳暮の時期(一般に、11月末~12月末まで)を逃してしまうのであれば、松の内の後(関東では1月7日~、関西では1月15日~)から、立春の日(2月4日)の間に、寒中お見舞いもしくは寒中御伺いとして贈ると良いとされています。

目上の方へ贈る場合は寒中御伺いにすると良いでしょう。

ここで気をつけるべきなのが御年賀として贈ってはいけないということです。

御年賀は松の内の間(元旦から関東では1月7日、関西では1月15日)に送られるものですが、新年を祝う贈り物、つまりお祝い事ですから喪中の方には送らないことが当然の配慮です。

また、喪中であるなし関係なく、お歳暮を贈る際には送り状も必ず送るようにしましょう。

ただし、送り状はお歳暮と同時か、先に着くようにするのがマナーとされていますので、注意してください。

送り状には、時候の挨拶から始まり、一年間のお礼、来年のお付き合いのお願い、そして贈った品物の内容、発送した日、到着予定日を書きます。

挨拶文では、相手方の家族について触れることが多いですが、喪中の方へ贈る場合はあまり触れないことが無難だと思われます。

気を使いすぎず、簡潔にお礼の言葉を伝えれば問題ありません。

Advertisement

最後にまとめ

今回は喪中の方へお歳暮を贈る際のマナーについてお話ししましたが、いかがでしたか?

それではまとめを見ていきましょう。

・喪中の方にお歳暮を贈ることは問題ない。

・のしと水引きはつけず、無地ののし紙か白短冊に表書きはお歳暮と書いて贈る。

・忌中(四十九日)には送らない。

・お歳暮の時期に間に合わなかった場合は寒中お見舞い/寒中御伺いとして贈る。

・送り状は必ず送る。

皆さんのお悩みは解決しましたでしょうか?

この記事が皆さんのお役に立てば幸いです。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。