会社の忘年会の余興にはクイズがおすすめ!大人数で楽しめるネタと演出アイデア紹介

会社の忘年会の余興にはクイズがおすすめ!大人数で楽しめるネタと演出アイデア紹介

年末近くなると、楽しみでもあり余興に色々頭を悩ませてしまう忘年会。
 

一年の疲れや活躍を労うためもある会社の忘年会ですが、余興やかくし芸的な出し物も楽しみの一つ!!
 

同僚と一緒に何かをするのもいいですし、モノマネのような事でも盛り上がるでしょうし、一人で何かをすると言う色々な計画を立てると思います。
 

できれば一部だけで盛り上がるより、全体的に盛り上がってもらえた方がいいと思いますよね。
 

老若男女、みんな一斉に盛り上がれる出し物や余興などがあれば、それに越した事はないと思うんです。
 

会社の忘年会となると、仲良しグループばかりとは限りません。
 

その中で、どうやって盛り上げるのか楽しませるのかとても悩みどころだと思います。
 

今回は、そんな忘年会の余興について、少し考えて書いて少しでも参考にしてもらえたらと思います!!
 
こちらもご参考ください。

 

Advertisement

会社の忘年会の余興にはクイズがおすすめ!

色々な余興がある中で、クイズというのはみんなで参加出来ますしみんなで楽しんで盛り上がるにはいい余興だと思います。
 

また、クイズの種類によっては年齢層も関係なく大幅に楽しむ事ができるので、オススメです!!
 

クイズなら一定のターゲットを決める必要もそこそこないですし、幅広い年齢層でもみんなで楽しむ事ができるんです!
 

年配の方も、若い方も、みんなで集まる行事ならではのクイズだと思いませんか!?
 

クイズと一言で言っても種類がありますよね。
 

例えば昭和ゾーン、平成ゾーンなど分けてみるのもまたおもしろいと思います。
 

なぞなぞ的なクイズならどの年齢でも大丈夫…
 

など、一番考えなくて済むんです。
 

あとはクイズは、本やサイトに載ってるので構わないと思いますし、〇×クイズなどでもいいと思います!

 

会社の忘年会の余興で大人数で楽しめるクイズのネタは?

ではでは…忘年会で楽しめるクイズのポイントとは?
 

盛り上がる秘訣は「全員参加型」

まずは全員をチームに分けて参加させる『全員参加型』が盛り上がる秘訣となります。
 

チーム内でワイワイ、回答でワイワイとかなり賑やかになります。
 

そこで忘れてはいけないのが『悔い詐欺の内容』です。
 

時事、社会政治ネタのようなお堅いものから会社ネタや個人の暴露ネタまで、さまざまな内容を盛り込めば充実する事は間違いありません!!
 

クイズの内容について

必ずと言っていい程盛り上がるのは会社の個人に関するエピソードクイズです。
 

私は誰でしょうクイズなど、会社の机の上の写真を披露してみたり、また普段飲んでいる飲み物やランチでよく食べる物などのヒントをいくつか与え、それが誰かを当てるといったもの。
 

また、その人のクセや身なりをおもしろおかしく盛り込めば、さらにウケます!
 

ただプライベートクイズは、どこまで暴露していいか本人の許可を事前に得ておく事がもちどとも大切です。
 

Advertisement

会社の忘年会の余興でクイズを出すときの演出アイデアを紹介

個人エピソードクイズ

個人エピソードクイズで人気なのは、小さい頃の写真を見せてそれが誰かを当てるといったクイズです。
 

これも本人の許可を得た上で、なるべくおもしろい写真を用意してもらいます。
 

例えば真っ裸で寝そべる赤ちゃん時代の写真や泣き顔、変顔をしている子供時代の写真などなど。
 

上司や同僚の子供時代を知る事ができますし、よりコミュニケーションも高まるという点でもいいですね。
 

会社ネタでも盛り上がる

会社ネタもテッパンと言えばテッパンです。
 

例えば会社の歴史に関わるクイズをあえて年輩の社員、もしくは新入社員に答えてもらうというもの。
 

またこれらのクイズを3択方式でやってみるなどから、忘年会の会場が広いのであれば旗を立てておき、わかったらその旗を取りに走ってから答えるというのも楽しく盛り上がります。
 

景品があるのもみんなで盛り上がる要素になるのではないでしょうか。

 
こちらもご参考ください。

 

最後にまとめ

大人数で盛り上がれるものとなるとなかなか難しいですが、上記したように少しの工夫で結構楽しむ事ができるのでクイズはオススメです!!
 

景品があれば別ですが費用もかかるわけではないですし、誰かが退屈になるような事もないです!
 

ただ、強いて言うならあまり酔っ払ってしまう前にした方がいいと言えます。
 

みなさん飲みすぎてグロッキーになっている中でのクイズはキツいです(笑)
 

色々考えて、せっかくの機会なので上司・同僚・部下みんなが楽しめる忘年会にしたいですよね!!
 

Advertisement