敬老の日の花に定番はあるの?花言葉は?プレゼントするときの注意点とは?

敬老の日の花に定番はあるの?花言葉は?プレゼントするときの注意点とは?

9月と言えば、お年寄りを敬い長寿を祝う「敬老の日」がありますが、みなさんは、今年はおじいちゃん、おばあちゃんに何をプレゼントするのか決まりましたか?

なかなか悩みますよね。

おじいちゃん、おばあちゃんへのプレゼントということで、お花をプレゼントする人も多いのではないでしょうか?

母の日にはカーネーションという定番のお花がありますが、敬老の日にも定番のお花があるのでしょうか?

Advertisement

敬老の日の花に定番はあるの?

敬老の日にプレゼントされる花の定番として、

・薔薇(バラ)
・ガーベラ
・百合(ユリ)
・胡蝶蘭(コチョウラン)
・千日紅(センニチコウ)
・竜胆(リンドウ)

などがあります。

その中でも、よくプレゼントされる人気な花が「リンドウ」です。

なぜリンドウの花なのか?というと、リンドウの花は敬老の日がある9月が旬であり、花言葉には「正義」や「勝利」があります。

その花言葉は、効き目の高い漢方として、リンドウの根が重宝されてきたということから、「病気に打ち勝つ」という意味の花言葉であるためです。

もう一つの理由は、リンドウには紫色の花がありますが、その「紫」という色が、聖徳太子の時代に定められた、冠位十二階という制度で、紫色が一番位の高い色だったことから、高貴な人が身に着ける色とされたため、年を重ねたおじいちゃん、おばあちゃんへ、尊敬の念を込めて贈るにふさわしい花とされたためです。

Advertisement

敬老の日に贈りたい花言葉は?

他にも、素敵な花言葉を持つ花が沢山あります。

先ほど紹介した花以外にも、素敵な花言葉を持つ花が沢山あるのでご紹介します。

・白いバラ…「尊敬」
・ヒメヒマワリ…「憧れ」「崇拝」
・フリージア…「親愛の情」
・紫のフリージア…「憧れ」
・サルビア…「尊敬」「家族愛」「知恵」
・白いダリア…「感謝」「豊かな愛情」
・カスミソウ…「感謝」「親切」「清らかな心」「幸福」
・カンパニュラ「感謝」「誠実」
・トルコキキョウ…「思いやり」「あなたを思う」「よい語らい」「希望」
・ホワイトレースフラワー…「感謝」「細やかな愛情」「繊細」

敬老の日に花をプレゼントするときの注意点とは?

色々な花がありますが、「菊」の花は避けた方がいいです。

「高貴」「高尚」「高潔」といった素敵な花言葉を持っていますが、お葬式やお墓参り、仏花のイメージが強いので「死」や「葬儀」を連想してしまうためです。

また、高齢なおじいちゃんやおばあちゃんで入院したり、病気を患っている方もいると思いますが、そういう場合、鉢植えは「根(寝)付く」という語路から嫌われています。

入院していたり、体が不自由だと、鉢植えは手間がかかるので、アレンジメントやブリザーブドフラワーが向いています。

Advertisement

最後にまとめ

敬老の日の花についてご紹介してきましたがどうでしたか?

母の日には「カーネーション」のように、敬老の日にも「リンドウ」という素敵な花がありました。

花言葉の意味なども知っていると、選んでいる側の私たちも楽しくなってきそうですね。

ご紹介した花は、敬老の日がある9月に旬でない花もありますが、今はブリザーブドフラワーなどもあるので色々探してみてください。

体が不自由な方へ鉢植えはNGでしたが、元気なおじいちゃん、おばあちゃんやお花のお世話が好きな方へは鉢植えも喜ばれると思います。

大切なのは「気持ち」なので、値段や豪華さにとらわれず、おじいちゃん、おばあちゃんを思おい浮かべながら素敵な花を見つけてください。

心を込めて選んだ花は、おじいちゃん、おばあちゃんに間違いなく喜んでもらえますよ。

今回、私も敬老の日の定番の花が「リンドウ」と初めて知ったので、今年の敬老の日は、「リンドウ」の花をプレゼントしてみようと思います。