敬老の日に贈る花!定番からオリジナリティあふれるものまで紹介!

NO IMAGE

毎年9月にやって来る『敬老の日』。

敬老の日のプレゼントで、普段なかなか贈る機会もないお花を贈りたいという人も多いのではないでしょうか。

母の日はカーネーションが定番となっていますが、敬老の日にはどんな花を贈ったらいいのか迷ってしまいますよね。

今回は、敬老の日にオススメな花についてご紹介していきます。

Advertisement

敬老の日にみんなが贈る定番の花ってどんなもの?

敬老の日は、母の日のように決まったお花が実はあまりないんです。

ですが最近は、竜胆(りんどう)が定番になりつつあるようです。

りんどうが敬老の日にぴったりな理由としてあげられるのは、

・9月の誕生花でもあり、季節感がある事

・根っこが竜胆と呼ばれる生薬として知られることから、「長寿健康を願う」という気持ちが込められる事

・紫色は古くから高貴な色で、りんどうの紫が「尊敬」の気持ちを表す事

・紫と白の白寿という品種があり、白寿とは99歳の祝いなので、敬老の日にふさわしい事

これらがあげられます。

竜胆は、敬老の日に高齢者を尊敬し、長寿を願うのにはまさにぴったりな秋の花だという事です。

Advertisement

敬老の日に花を贈るなら・・・注意したい『花言葉』

花の一つ一つに『花言葉』というものがあるのですが、オススメのお花を花言葉といっさかょにいくつか紹介します!

ガーベラ

花言葉は感謝、常に前進です。

ガーベラは、花の大きさや咲き方が様々で、種類や品種がとても多い事から花束によく利用されている花の一つです。

オレンジは我慢強さ、黄色は親しみやすい、白色は希望と花の色ごとにも素敵な花言葉を持っていて、贈る相手のイメージに合わやすい花です。

ダリア

花言葉は感謝、華麗、優雅、気品です。

ダリアは、秋に見頃を迎えるとても存在感のある花です。

色や形、大きさが様々なので、作りたい花束の大きさに合わせて花を選ぶ事ができ、重宝します。

和風な雰囲気を演出する事もでき、プレゼントする相手を問わないのも人気の理由です。

バラ

花言葉は愛、美です。

プレゼントの定番中の定番であるバラは、女性がもっとも憧れる花ですよね。

色別の花言葉もあり、赤はあなたを愛しています、白は心から尊敬というように、相手への気持ちがダイレクトに伝えられるものや、相手のイメージを表すものまでたくさんあります。

日頃伝えられない気持ちを花に込めることができるんです!

また、たくさん数ある花の中には、いい花言葉だけでなく悪い花言葉もあり、イメージ的にはちょっと悪く敬老の日のプレゼントとしてはあまり望ましくはないものもあります。

その最も代表的な花が『菊』です。

菊は9月が旬の花で、高貴や高尚、高潔というすてきな花言葉を持ち、ヨーロッパの方ではプレゼントに贈る事も多い人気の花です。

ただ、日本では現在お葬式やお墓参り、仏花のイメージが強い事から、どうしても不吉な事を連想させてしまいます。

そのため、敬老の日に贈るのは絶対に避けた方がいいです。

今話題!敬老の日には通販で購入可能なこんな花も大人気

最近では色ごとにアレンジされた花を送るのも大人気となっています。

温かみのある黄色やオレンジ系の花や、お祝いのシーンに多く見られるピンクや赤系のフラワーアレンジメントが特に大人気です。

花が長持ちするようにと、ブリザードフラワーに加工したものを贈る人や石鹸でできたいい香りの花を贈る人も年々増えています。

贈る相手の好みのお花を中心に、好みの色なども統一してアレンジしたものを贈るのもいいですね。

Advertisement

最後に

敬老の日は、『いつもありがとう』や『いつまでも元気で長生きしてね』といった家族から家族への感謝や愛情を伝えることができる素晴らしい日です。

普段はなかなかおじいちゃん、おばあちゃんに会えないという方は、敬老の日に花を持ってサプライズしてみるのも素敵ですね。

きっと、喜んでくれるはずです!!

その上、さらにメッセージカードを添えれあげれば、よりもっと喜んでもらえる事間違いなしです。

こう言った機会がせっかくあるので、是非日頃言えない思いを伝えてください。