敬老の日に渡したい!孫から贈るプレゼントではこんなものがおすすめ

敬老の日に渡したい!孫から贈るプレゼントではこんなものがおすすめ

毎年やって来る敬老の日。

孫ができると、楽しみの一つになるかと思います。

では今回は、

まだ自分では贈ることができない小さな孫から大きくなった孫までで、

・祖父母へどんなプレゼントをあげたらいいのか?

また、

・どうすればおじいちゃんおばあちゃんから喜ばれるのか?

について少し調べてまとめてみました。

敬老の日に何をプレゼントするか悩んでいる人は、参考にしてもらえたらと思います!!

Advertisement

孫がまだ自分では選べないけど、敬老の日はあげたほうがよい?

考え方などもあるとは思いますが、子供が選べないとしても『これがいいかな?』とお母さんやお父さんが問いかけながらなら選ぶ事もできますよね。

生後間もない赤ちゃんでない限り、例えば手作りのものでも少しお手伝いもできますし、手伝ったりできる事はあります。

少し工夫するだけで、おじいちゃんやおばあちゃん、子供達にとってもすごく素敵な敬老の日にする事ができるんですよ!!

聞いてみた!孫からもらってうれしいプレゼント

おじいちゃん、おばあちゃんからすれば孫の存在は特別で、孫からの贈り物なら間違いなく何でも喜んでくれます!!

ポイントとしては、おじいちゃんやおばあちゃんの事を考えたものだったり、孫に直接関係あるものなどをチョイスするといいでしょう。

お茶菓子

お茶菓子は、和菓子や洋菓子、ケーキやカステラ、おせんべいなど、おじいちゃんやおばあちゃんの好みに合わせて選びましょう。

お茶菓子を選ぶ時は、お孫さんに美味しいそうなのを選ばせてみてください!

渡す時には『孫が選んだお菓子だよ』と言ってプレゼントすると、より喜んでもらえます!

きっと嬉しくて、友達に自慢するのは間違いないですね(笑)

手紙

孫手作りの手紙。

小学生くらいになると気持ちが入ってしっかりした文章も書けるので、おじいちゃんおばちゃんにとっては、最高のプレゼントとなります!

保育園児など小さい子供は字を書くのは難しいので、絵を書いて贈るといった事もできます。

なんの絵か分からないような絵であっても、孫が一生懸命書いたのなら絶対喜んでもらえます!!

また、年齢が大きくなるにつれ、字や絵がうまくなって行く成長の過程を見るのも、楽しみの一つとなるようです。

Advertisement

敬老の日!プレゼントと一緒に渡したい孫からの○○!

私は子供がまだ小さい頃は、最初と最後に子供の年齢や手形と足形をつけて、一年間の写真を10月~9月までまとめて手作りのアルバムをつくっていました。

その時、おじいちゃんおばあちゃんと一緒に撮った写真を入れてあげていました。

ある程度の年齢(2歳~5歳くらい)になったら、そのアルバム+画用紙に絵を書いて額に挟んで一緒にプレゼントしていました。

絵の他にもチューリップなど折り紙を折って、画用紙に貼り付けて絵を書いたりもしました。

おじいちゃんおばあちゃんとの思い出で何枚もになる場合には、穴を開けて紐を通してリボンで結んでちょっとした絵本のような感じにしていました!

小学高学年以上になると、少しお手伝いをして貯めたお小遣いやお年玉などで、花を一輪でもいいから買わせてアルバムと一緒に手紙を添えてプレゼントしていました。

こうして見ると、大きくなるごとに一つずつプレゼントが増えていますね!

どれも全て、おじいちゃんおばあちゃんはとても喜んで飾ってくれたりしていました。

来客が来た時は『これは今年の敬老の日の孫からのプレゼントなの』と、毎年自慢していたようでした(笑)

Advertisement

最後にまとめ

敬老の日とは言っても、色々なものをプレゼントしなきゃなど考え過ぎているのはきっと周りだけ…。

おじいちゃんおばあちゃんは、何かものをプレゼントしてもらうと言うよりは

『自分達の事を気にかけてくれている』

という事がとてもうれしいのだと思うんです。

だからプレゼントやものでごまかさずに、真心を込めて感謝の気持ちを伝えてほしいんです。

いつでも孫の事で頭がいっぱいのおじいちゃんおばあちゃんが、いつまでも長生きできるようにいつもよりも更に労り、ありがとうをたくさん伝えられる日にしましょう!!