節分の由来や豆まきをする意味は?マンションで迷惑をかけない豆まきのやり方をご紹介

節分の由来や豆まきをする意味は?マンションで迷惑をかけない豆まきのやり方をご紹介

節分と言えば「豆まき」ですね!

みなさんも、一度は家や学校で「鬼は外!福は内!」と豆を投げたことがあるのではないでしょうか?

「節分には豆をまく」ということは、みなさんが知っている事だと思いますが、なんで豆をまくのか知っていますか?

そもそも、節分とは何か分かりますか?

今回は、節分の由来や豆まきをする意味、節分にマンションで豆まきをする場合、どのようにしたらいいのかをご紹介していきたいと思います。

Advertisement

節分の由来や豆まきをする意味は?

「節分」とは、その文字のとおり「季節の分かれ目」という意味を持っています。

季節の分かれ目は、「立春」、「立夏」、「立秋」、「立冬」と一年に四回あり、この、春夏秋冬それぞれが始まる前日の事を「節分」といいます。

昔の日本では、春が一年の始まりとされ、特に大切にされ、立春の前日の節分の日を現在の大晦日のように考えられていました。

このことから、次第に「節分」は、「立春」の前日の日だけを指すようになっていきました。

では、なぜ豆まきをするようになったのかというと、古来日本では、大晦日に疫病などをもたらす悪い鬼を追い払う「追儺(ついな)」という行事が行われていました。

これは、中国から伝わった風習で、「鬼やらい」「なやらい」「鬼走り」「厄払い」「厄落とし」「厄神送り」などと呼ばれており、平安時代に宮中で行われ始め、これが「豆まき」のルーツと言われています。

そして、なぜ「豆」をまくのかというと、昔から穀物には「邪気を払う霊力」があると考えられていたり、京都の鞍馬山に鬼が出た時に、炒り豆(大豆)を鬼の目に投げつけて退治したという伝説や、鬼の目を表す魔の目(魔目=まめ)に豆を投げて魔を滅する(魔滅=まめ)などの語呂合わせも合わさり、「豆」が投げられるようになったという説があります。

節分の豆まきをマンションでしてもいいの?

豆まきは一年に一回しかありませんし、子どもさんも楽しみにしていると思います。

しかし、マンションやアパートに住んでいると、豆まきをしてもいいのか?と思っているお母さんも多いと思います。

しかし、マンションやアパートでも工夫をすれば豆まきをすることが出来ます。

Advertisement

マンションで迷惑をかけない豆まきのやり方は?

では、どのようにして豆まきをすればいいのかご紹介していきたいと思います。

まず、豆まきの手順です。

1.炒り豆や落花生など福豆を用意する
2.「鬼は外!」と掛け声をかけながら外に豆を2回まき、ドアや窓を閉める
3.「福は内!」と掛け声をかけながら部屋に豆を2回まく
4.豆を年齢+1つ食べる

部屋の中に豆をまく場合は問題ないですが、注意しなければならないのが、「鬼は外!」で外に向かって豆をまくときですよね。

この時、共有の場所やベランダから外に向かって投げるのはやめて、自分の家のベランダや玄関にそっとまく程度にしましょう。

掛け声も少し控えめにしておいた方が無難です。

あまり散らからないように、袋入りの豆を使うのもいいですよ!

それと、あまり遅い時間になると掛け声の声が響いてしまうかもしれないので、8時くらいまでには終わらせた方が良いかもしれませんね。

最後にまとめ

節分にしかできない「豆まき」なので、子どもさんと是非とも楽しみたいイベントですよね。

マンションやアパートだから…と豆まきを諦めるのは、子どもたちが楽しみにしているのに可哀想です。

先ほど書いたように声の大きさや、豆をまく場所に少し配慮すれば楽しい「豆まき」を行うことが出来ると思います。

絶対に昔ながらの豆まきをしなければならないという訳ではないので、少しずつ工夫して楽しめる豆まきにしてください。

Advertisement