大根おろしが面倒で困っている人必見!楽におろす方法は?保存もできる?

大根おろしが面倒で困っている人必見!楽におろす方法は?保存もできる?

お魚の共でもあり、唐揚げに付け合わせてもおいしいですし、何ならそのまま食べてもおいしい大根おろし!
 

色々な使い方があり、おいしく食べられるのですが…
 

おろすのは面倒ですし、手も剃ってケガする事だってあります。
 

量が多ければ手も疲れて、どうにか楽におろす方法はないものかと悩みもの。
 

また、ついつい多くおろして余ってしまった場合、保存する事はできるのか?
 

もしできるのであれば、その保存法も知りたいところですね!
 

そんな悩みを解決するため、この記事では『大根おろし』についてお話していきたいと思います!

 

Advertisement

大根おろしが面倒!一番楽な方法は?

ちょこっと使うだけならまだしも、大量にすりおろすには思っているより力も体力も使うんです!
 

あまりやり過ぎると、次の日に腕が痛くなった…なんて事、私もよくあります(笑)
 

そんな面倒な大根おろしですが、楽におろせる方法がある事はご存知ですか?
 

人によって考え方は様々ですが、私が個人的に楽だと思ったおろし方をご紹介します!
 

輪切りのままおろすと、力の加わり方が分散してしまって、余計な力がかかってしまいます。
 

ですが、大根をスティックに近い形にカットし、角からおろしていくとただそのままの形でおろすよりやりやすいです!!
 

また、フードプロセッサーのおろし金を使うという方方法も楽チンです。
 

フードプロセッサーには、とろろや大根おろしをおろせるように、 フードプロセッサー用のおろし金が付属している場合があります。
 

普通のフードプロセッサーではなく、専用のおろし金でおろしているため、おいしく手軽に大根おろしができちゃいます!!

 

大根おろしが面倒!どんなおろし器がおすすめ?

手でおろすには、限度があります。

付け合せくらいなら手でおろすのも良いですが、何人もの量をおろすとなるととても大変で手が腱鞘炎になりそうですね(笑)
 

そんな時は、フードプロセッサーのおろし金で大根おろしを作る方法が一番です!
 

フードプロセッサーならすぐにできますし、力も特にいらないですし、ケガをする心配もありません。

 

Advertisement

大量に作った大根おろし!保存できる?どうればいい?

結果的に、保存する事は可能です。

でも、保存方法や保存期間を知らないでいると大変な事になってしまいます!
 

まず、パサパサにならないようにしっかりと水分を見て、足りないようなら水を足します。
 

空気に触れてしまうと酸化が早まりますので、タッパーなどの密封できるものに入れて冷蔵庫で保存してください。
 

冷蔵での保存期間はよくて2日くらいです。

それ以上になると、黄色くなって見た目も悪くなりますし、何よりおいしくなくなってしまいます。
 

そんな毎日のように大根おろしは使わないなら、作り置きして保存なら冷凍保存ですね!
 

すりおろしてから、余分な水はざるで落としまし、小分けにして冷凍庫に入れます。
 

オススメは、プラスチックの製氷トレイに大根おろしを入れて冷凍しておくと、使うときに取り出しやすくてとても便利ですよ。
 

保存期間は約1ヶ月くらいですが、少しでも変に思う事があれば食べるのはやめてください。

 

まとめ

大根おろしに限らずですが、おろすものは本当に大変で…忙しく料理をしてる主婦の敵とも言えますね。
 

旦那さんや少し大きい子供がいれば、間違いなく手伝ってもらう家庭も多いと思います。
 

そんな我が家も大根おろしはなるべく手伝ってもらっています!
 

どうしてもしてもらえない時は、おろし金付きのフードプロセッサーは本当に便利でした。
 

おもしろくて、ついつい作り過ぎた時は一日二回で二日間大根おろしを食べ続けました(笑)
 

個人的に大根おろしはおいしいから好きなのですが、面倒な事を考えるとついつい遠のいてしまいがち。
 

こんなに便利にできるなら、いつでも好きな時に食べられますね!!

 

Advertisement