知らなきゃヤバイ!?デスクワークで腰痛を引き起こす本当の原因と予防法

知らなきゃヤバイ!?デスクワークで腰痛を引き起こす本当の原因と予防法

デスクワークでずっとイスに座り続けていると
 

「・・・うぅ・・・腰が痛い」
 

なんて経験はありませんか?
 

わたしはよくこの状況になります。
 

真剣になって長時間同じ姿勢で座っていて、ふと姿勢を変えようと動いたときになってしまいます。
 

固まった腰をギギギ~~と動かすような感じですね。
 

これがまた、けっこう痛いんですよね(泣)
 

今回はそのヤバイ腰痛についてまとめていきたいと思います!

 

Advertisement

椅子に座り続けると何故腰痛になるの?

どうしてただ座っているだけなのに腰が痛くなってしまうのでしょうか?
 

座ってラクにデスクワークをしていて無理な体勢をしているわけでもないし、重い物を背負っているわけでもないし…。
 

実は、多くの人は座っているとラクというふうに思っていますが、そうではないのです!
 

同じ姿勢で座り続けていると、血行が悪くなりこれが腰痛の原因となってしまいます。
 

また「座る」という姿勢は、何も意識しないでいると腹筋の力が抜けるため、背筋に余計な力が加わります。
 

これによって体の背面は長時間緊張状態になり、筋肉疲労などにより腰痛となってしまうのです。
 

無意識の状態で座りながら机で仕事をすると、知らないうちに頭は前に出て、背中や腰は丸くなりやすくなります。
 

いわゆる猫背ですね。
 

背筋は体が前に倒れてしまわないようにするため、長時間座り続けるということは背筋もその分働いているので、負担が大きくなりすぎると腰の痛みとなってしまうのです。
 

「じゃあ反対に、背中が前に丸まらないように背もたれにもたれかかればいいんじゃない?」

と思いがちですが、これも良くないんですね~。
 

後ろに体を反らせるということも腰は大きく曲がってしまいますので、椎間板や靭帯などに負担がかかります。
 

これも腰の痛みへと繋がってしまうことになるのです。
 

このように、「座っているとラク」というイメージとは逆で、体にはいろいろな負担がかかっているということがわかりました!
 

それでは、仕事柄OLさんやそのほかの業種の方でもデスクワークをしないといけないという方のために予防法や改善法をご紹介します☆

 

Advertisement

腰痛の予防法&改善法をご紹介!

〇腰痛の予防法〇

・椅子の高さ

椅子が高すぎたり低すぎたりしていませんか?
 

高すぎると、足は床に十分についていないため、バランスを取ろうとして腰回りの筋肉は大きく働くため腰痛になる原因となってしまいます。
 

低すぎると、体が前かがみになり腰は大きく曲がってしまいます。この状態が続くと椎間板などを傷めてしまう可能性があります。

 

自分の足が床にしっかりつくような椅子の高さにセットすることで腰痛予防になりますよ^^
 

・クッションを活用

背もたれと自分の背中の間にクッションを挟むことによって、腰痛を予防できます。

 

腰から背中にかけてクッションが当たるようにして挟むといいですね☆
 

・ストレッチ

休憩時間や仕事のキリがよくなった時などに軽くストレッチをしましょう!
 

両腕を上にググ~~っと伸ばすだけで全然ちがいますよ☆

 

足の血行も悪くなっていますので少し歩いたりしてもいいですね^^
 

〇腰痛の改善法〇

・入浴

凝りかたまった背中の筋肉や足の血行を良くするには体をまずあたためてあげましょう!
 

38度から40度くらいのお湯に首までしっかりつかります。

 

入浴剤を使って温浴効果を高めたり、匂いで癒されるのもいいですね☆
 

体が温まると新陳代謝があがりますので結血行も良くなりこりや痛みが流れやすくなります!
 

・ストレッチ

体が温まったら軽いストレッチをしましょう。
 

疲れている部分をしっかりほぐしておくと翌朝の体の軽さが全然ちがいます☆
 

~腰ひねり~
・仰向けに寝て、右足を浮かせて90度曲げます。
・そのまま左側にねじるように30秒倒します。(左右3セット)

※体をねじった時に肩が浮かないようにしましょう。

 

腰がひねられて血行を良くする効果があります。また腸も刺激されますので、お便秘さんにもおすすめです^^
 

毎日寝る前に数分のストレッチを習慣にして、腰痛にならないような予防をしていきましょう♪
 

Advertisement