凍結したフロントガラスにかけるのは水?お湯?安全な溶かし方と防止策とは

凍結したフロントガラスにかけるのは水?お湯?安全な溶かし方と防止策とは

寒くなり、コタツからもなかなか出られないこの季節。
 

やっとの思いで外に出ると、車の窓ガラスが凍ってる!
 

こんな時、みなさんはどうしていますか?
 

フロントガラスの凍結を取るには、水をかける?
 

それともお湯をかける?

 

もし、お湯をかけてフロントガラスが割れたらどうしよう…
 

と色々疑問がありますが、会社に行く前などで急いでいるときには、早く凍ったフロントガラスをどうにかしたいですよね。
 

今回は、どうすれば安全に凍結したフロントガラスを溶かすことができるのか、急いでいる朝にバタバタしないでいいように、防止策と共にご紹介していきたいと思います。

 

Advertisement

フロントガラスが凍結する仕組みとは?

朝、「今日はあまり寒くないから凍ってないよ!」と元気よく旦那に言ったら、フロントガラスがガチガチに凍っていたという経験が何度かあります。
 

逆に「今日は凄く寒いから絶対凍ってるよね!」と言って外に出ると全然凍っていなかったということもあります。
 

そこで、『なぜフロントガラスが凍ってしまうのか?』ということですが、その原因は「放射冷却現象」にあります。
 

この「放射冷却現象」とは、日中、太陽によって温められた地球が、夜晴れていることによって、急激に冷やされ、地表の温度が一気に下がる現象です。
 

そのため、空気中に含まれる水分が一気に冷やされ、微細な氷となり、車に付着してフロントガラスが凍っているということになります。

 

凍結したフロントガラスにかけるのは水?お湯?

会社に行く時間で急いでいるので、お湯をドバーっとかけて早く溶かしたいところですが、車のフロントガラスは事故などが起きた時にガラスが飛散しないように複数構造になっています。
 

そのため、冷たいフロントガラスにお湯をかけると、素材の異なるガラスは膨張率も異なり、割れてしまう危険性があります。
 

かといって、水をかければ、かけたところからまた凍ってしまい、全然溶けないということになります。
 

ということで、何が良いのかというと、「ぬるま湯」なんです。
 

まだお風呂の掃除をしていなくて、お風呂のお湯が残っている家庭はそれがベストです。

 

Advertisement

フロントガラスの安全な溶かし方と防止策

フロントガラスの凍結を解氷するには、まず、エンジンをかけてデフロスター(扇形に三本の矢印マーク)のスイッチを押します。
 

それから、フロントガラスにぬるま湯をかけます。
 

ぬるま湯を持ってくるのが面倒という人は、解凍スプレーを使用するのも一つの方法です。
 

解凍スプレーはドラッグストアやカー用品店で300円~1000円程度で買うことができ、再凍結防止剤が入ったものもあります。
 

車に入れておけばすぐに使うことができて助かります。
 

しかし、出来れば急いでいる朝には凍結していない方がいいですよね。
 

凍結する前の防止策として、

・ガレージやカーポートなど屋根があるところに駐車する

・バスタオルや凍結防止カバーをフロントガラスにかけておく

・フロントガラスに撥水コートをする

などがあります。

 

まとめ

今回は、フロントガラスが凍っているときの氷の溶かし方をご紹介しましたが、みなさんはきちんとできていましたか?
 

実は、恥ずかしながら、私もお湯をドバーっとかけてしまったことがありました。(汗)
 

フロントガラスが割れなかったのは運が良かったです。
 

ぬるま湯なら、熱いお湯が出るまで待たなくてもいいし、残っているお湯なので節約できるし、一石二鳥です。
 

フロントガラスを凍らせないためにも、バスタオルや凍結防止カバーをかけることは簡単にできるので、「明日の朝は、凍りそうだ」と思ったときは、バスタオルや凍結防止カバーをフロントガラスにかけておきましょう。
 

Advertisement