窓ガラスは寒さでも割れてしまう!ヒビが入ってしまった時の対処法

窓ガラスは寒さでも割れてしまう!ヒビが入ってしまった時の対処法

ある日、突然昨日まで傷一つなかった窓ガラスにヒビが!衝撃も加えずに勝手に窓ガラスが
 

割れる現象は起こるのでしょうか。
 

窓ガラスが割れたりヒビがどうして起こるのか?
 

割れた時の対処法と割れないようにする為の方法をご紹介します。

 

Advertisement

窓ガラスはどうして寒さで割れてしまうの?

私たちの住宅に窓ガラスは欠かせませんよね。
 

故意に割ったり、窓ガラスは石などが飛んできて割れる。
 

強い衝撃が加わると割れてしまうケースがあります。
 

窓ガラスに使用しているガラスが自然に割れるケースとして大きく分けて2つの現象が考えられます。
 

衝撃が加わった時、自然に割れる、割れるようなことをした記憶もないのに気づいたらガラスに大きなヒビが入っていたなんてことがあるんです!
 

全く心当たりがなく窓ガラスが割れているのを見つけたらビックリしますね。
 

自然に起きる窓ガラスのヒビは「ガラスの熱割れ」と言います。
 

ガラスの熱割れ?何だろうって思いますよね。
 

特にガラスの中に黒や針金のようなワイヤーが入ったガラスが割れることが多いです。
 

【熱割れとは?】

家の中と外との温度差が大きかった場合に起こります。
 

例えば、夏の暑い陽射しとエアコンでの温度差とか冬期間の温度差などに起ります。
 

日差しで勝手に割れてしまう自然現象で、ガラスの熱割れが発生しやすいタイミングは、冬場の晴れた日の午前中です。
 

建物の東や南方向の日射量が多くなるのに対して、サッシ周辺の温度は低いので、高温部と低温部の温度差が広がるからです。
 

【熱割れ原因】

室内外の温度差によってガラスにヒビなどが入ってしまいます。
 

熱い温度が原因というよりは温度差で起こります。
 

例えば、グラスに熱湯を入れると割れてしまうのと同じです。
 

なぜ割れるのか説明したいと思いますよ。
 

グラスの外側とお湯の入った内側の温度の変化でグラス内の温度が耐えられずに割れることになります。
 

グラスの内側お湯に触れている面積部分は膨張し、グラスの外側お湯に触れていない面積部分は膨張しないこの差が割れる原因になります。
 

私も実は熱割れ現象をコップで起こしたことがあります。
 

お湯の入ったコップを急いで冷ましたかった為に、冷凍庫に入れた時の事です。
 

冷凍庫中からバリバリって音が聞こえて開けたら容器にヒビが入っていました。
 

これがまさしく熱割れ現象です。
 

厚みのあるガラスになるとより温度差が大きくなって割れやすくなります。
 

耐熱ガラスは割れにくくなっていますが、耐熱でないタイプのガラスは意外に自然に割れてしまうことが多いです。
 

【さび割れ】

さび割れを起こすタイプの窓ガラスは網入りガラスです。
 

ガラスの中に黒い網が入っているのを見たことありませんか?
 

火災の時にガラスがバラバラに散らないよう飛散防止効果がある窓ガラスです。
 

網入りガラスに熱割れ現象を起こす理由は、ガラスの中に金属は入っている為、熱割れという現象が起こります。
 

このガラスのタイプは中の鉄線が長年の劣化などで、さびてしまう事があります。
 

特に真夏は直射日光が当たると中の鉄線がガラスの中で膨張して日が沈むと冷えてくる為に熱で伸びた鉄線が縮むことでガラスが耐えられずに割れてしまいます。
 

Advertisement

窓ガラスにヒビが入ってしまった時の対処法とは?

応急処置法です。
 

ヒビが入ったガラスは割れやすい状態なので作業をするときは怪我のないように注意して行ってくださいね。
 

● ヒビができた部分をガムテープで止める。

● 段ボールで補強しガムテープで止める。(割れて穴が開いてしまって場合)

● 段ボールで風避けとして使う。

 

ヒビの入った窓ガラスはもろくなっているのでヒビが広がってしまいます。
 

ヒビの広がりを防止する為にもガムテープで止めることをおすすめします。
 

ホームセンターでガラス用のガムテープが売られている場合もあります。
 

普通のガムテープも使用できます。
 

あくまでも一時的な処置になるので、冬場の寒い時期は冷たい風が室内に入り込み寒くなりますし、防犯上にも良くないので専門業者に連絡して修理してもらいましょう。
 

窓ガラスが寒さで割れないようにするには

熱割れが起きにくいようにする為窓ガラスに工夫をしてみましょう。
 

1. 窓全体に直射日光が当たらないようにする。

2. 家具やカーテンなどを窓に触れさせないようにする。

3. 冷暖房をつけている時、吹き出し口から風を窓ガラスに直接向けない。

 

窓ガラスの熱割れ対策として3つご紹介しました。
 

窓ガラス全体を日に当たらないようにするのは実際には難しいですよね。
 

光を家の中に取り込みたいですし、どこのお家も時間帯によって日当たりは変わりますよね。
 

Advertisement

最後にまとめ

いかがでしたか?突然のひび割れは「熱割れ」現象が引き起こし、原因は温度差が関係していましたね。
 

予防策もあります。試してみてはいかがでしょうか。
 

窓ガラスは取り扱いが難しいので業者に頼みましょう。