「おはぎ」「ぼたもち」「あんころもち」の違いとは? 名前の由来や作り方の違いを解説

「おはぎ」「ぼたもち」「あんころもち」の違いとは? 名前の由来や作り方の違いを解説

スーパーなどで迷ったことはないですか?
 

「おはぎ」食べようと買いに行くと、ん? 「ぼたもち」っと書いてあるけど…。
 

同じもの?
 

反対に「おはぎ」?っという方もいらっしゃると思います。
 

パッとの見ためはやっぱり似ていますよね。
 

とくに、「おはぎ」と「ぼたもち」は、どっちがどっち?
 

違いがはっきり分かると、もっと美味しく感じるようになるかもしれませんね(*>ω<*)

 

Advertisement

「おはぎ」「ぼたもち」「あんころもち」の違いとは?

「おはぎ」と「ぼたもち」は、基本同じ食べ物です。
 

もち米やうるち米を使って、粒が残るくらいについたものを餡(あん)で包みます。
 

地域やメーカーで、完全についたものを使うこともあります。
 

逆に我が家はあまりついてなく、ほぼ残ってる状態のを作っています。
 

作られる、季節・大きさ・材料で、呼び分けられたりしています。
 

「あんころもち」は、もちを餡(あん)で包んでいます。
 

ん?
 

おはぎとぼたもちと同じ?
 

そうなんです。
 

「おはぎ」も「ぼたもち」も、「あんころもち」の一種です。
 

ただ、「あんころもち」は、完全についてるもちを使います。
 

基本的には、もち米のみ使って作ります。
 

それぞれの違いを、少し簡単にまとめてみますね!!
 

・こしあんで包んでいるもの →「ぼたもち」・「あんころもち」
 

・つぶあんで包んでいるもの →「おはぎ」
 

・もち米を使っているもの →「ぼたもち」・「あんころもち」
 

・うるち米を使っているもの →「おはぎ」
 

・小豆餡を使っているもの →「ぼたもち」・「あんころもち」
 

・きな粉を使っているもの →「おはぎ」
 

・春に食べるもの →「ぼたもち」
 

・秋に食べるもの →「おはぎ」
 

・夏に食べるもの →「あんころもち」
 

・米の粒を残した状態のもの →「ぼたもち」・「おはぎ」
 

・餅の状態になるまでついたもの →「あんころもち」

 

こんな分け方があります。
 

地域によって逆にいうところもあるみたいです。
 

こしあんを使うか、粒あんを使うかは、好みも関係するかもしれないですね。

 

Advertisement

「おはぎ」「ぼたもち」「あんころもち」の名前の由来は?

違いが少し分かりました?
 

漢字で書くととても分かりやすいです。
 

・「ぼたもち」→牡丹餅
 

春のお彼岸の頃に咲く牡丹に見立てて作られました。
 

・「おはぎ」→御萩
 

秋のお彼岸の頃に咲く萩の花に見立てて作られました。
 
 

季節が違うっていうのが、よく分かりますよね。
 
 

ちなみに夏と、冬にも名前があります。
 

・夏は夜船(よふね)
 

きねを使って餅を作らないので、作るときの音がせず、いつ“搗いた(ついた)“か分からない。
 

夜は船がいつ、“着いた“か分からない。
 

なので、

“着き知らず”にかけている。
 
 

・冬は北窓(北窓)
北向きの窓からは月が見えないことから、“月知らず“をかけている。
 

「あんころもち」も漢字にしてみましょ!
 

餡衣餅(あんころももち)と、読んでいました。
 

餡の衣の餅
 

単純といえばそうですが…
 

でも、外側が餅、内側が餡(あん)っいう、大福のようなものをあんころもちっと呼ぶ時があります。
 

関西や北陸地方で、夏の土用の日に食べる風習があるところもあるみたいです。
 

地域やメーカーでやっぱり少し違いますね。
 

まだありますよ!!
 

面白いような、怖いような…呼び名があります。
 

「あんころもち」は米の粒がなくなるまで完全につぶした餅を使いので、「皆ごろし」「全ごろし」っと言います。
 

「おはぎ」や「ぼたもち」は少し粒を残しているので、「半ごろし」っと言うそうです…
 

あ~怖い…(´>‸<`ㆀ)
 

でも、美味しさには勝てないですね!!

 

Advertisement

似ているようで違う、作り方解説

見ため似ていますが、少しずつ違います。
 

お花からの名前の由来に関係していたり、季節に関係しているところもあります。
 

大きさ

「ぼたもち」は牡丹の花の名前からついています。
 

特徴は大きくて丸い形の花なので、作るときも大きく丸く作ります。
 

「おはぎ」は萩の花の名前からついています。
 

特徴は小さくて細長い形の花にので、作るときも小さめに楕円の形に作ります。
 

「あんころもち」は夏の疲れたときに食べやすいからっと一口サイズの大きさにします。
 

餡(あん)の違い

「おはぎ」はつぶあん、「ぼたもち」はこしあんっと言われていますが、理由があります。
 

秋の小豆は皮まで柔らかいので使えるので、つぶあんになります。
 

春の小豆は寒い冬を越しているので、皮が硬くなってしまうので、使えずこしあんにします。
 

材料

「ぼたもち」はもち米、「おはぎ」はうるち米っと分けることもありますが、混ぜて作ることもあります。
 

「あんころもち」は基本もち米のみで作れます。
 

粒を残さないので簡単に白玉粉でも作ることができます。
 

①ボウルに白玉粉を入れて、水を少しづつ加えて耳たぶくらいの柔らかさになるまでこねます。水は一気に入れないで下さいね。

②一口サイズに丸めて沸騰した鍋に入れ、浮いてきたらそこから2〜3分ゆでる。

③冷水に入れて水を切ったらこしあんで包んで完成です!!

 

まとめ

こんなに違いがあるなんてっと正直思いました。
 

材料・大きさ・季節で名前が分けられていて面白いですよね!
 

漢字で”牡丹餅”、”御萩”は季節が分かるので名前の区別がしやすいですね。
 

でも、地域で違っていたりするのであいまいですが味は間違いないなしです!
 

お彼岸のときに「ぼたもち」や「おはぎ」をたべるのは、小豆の赤色が邪気を払います。
 

「あんこ」と「もち」を合わせる。
 

ご先祖と自分たちの心を合わせる。
 

といいます。
 

ご先祖様にしっかりお供えして美味しくいただきましょう!

 

Advertisement