天ぷらに炭酸水がいいのはなぜ?失敗しない調理法や人気のレシピをご紹介

天ぷらに炭酸水がいいのはなぜ?失敗しない調理法や人気のレシピをご紹介

天ぷらを食べた時の「サクッ」っとした音、たまらないですよね!
 

衣のサクサクは最高です。
 

でも…
 

家ではなかなかできないですよね。
 

揚げたてはすぐサクサクなるかもしれませんが、数分たつだけで…
 

ベチャ・・・っとなってしまいます(泣)
 

プロのようなのは家では作れない…
 

っと思いますよね。
 

でも、ほんの少し一手間加えるだけで、プロに近づくことが出来るんです!
 

いくつかポイントがあるので参考にしてみて下さいね。
 

もう知ってるーっていうのもあると思いますが、えっ、本当に?
 

初めて知った! っと思うのもあると思いますよ。
 

わたしがそうでした (笑)

 

Advertisement

天ぷらに炭酸水がいいのはなぜ?

水の代わりに炭酸水がいいのは知ってましたか?
 

冷水を使うといいっと、いうのは結構知ってる方多いと思います。
 

そもそも、なんで天ぷらはベチャっとするのか…
 

それは、衣の中に水分が多くて残っているからなんです。
 

つまり水分をとってあげるとサクサクの天ぷらになるということなんです。
 

そこで炭酸水の登場です!
 

炭酸水の中の二酸化炭素が蒸発されるときに、衣の中の水分が一緒に抜けていくので、サクサクっとした衣をつくることができるのです。
 

食材からも水分がでるので、衣につける前にしっかりキッチンペーパーで拭いておくこともポイントになります。
 

他にも、炭酸水を使うとより良くなる料理がありますよ。
 

・ご飯を炊く → ふっくらツヤツヤ

・卵料理 → ふわふわに

・ハンバーグ → ふっくらジューシー

 

などがあります。

 

Advertisement

天ぷらを炭酸水で上手に作る!失敗しない方法!

小麦粉1カップ・炭酸水1カップ・卵1個
 

小麦粉と炭酸水を同量にします。
 

あとは作る量で調整してもらえると大丈夫です。
 

強炭酸水じゃなく、微炭酸水くらいがいいです。
 

なければふつうの炭酸水のふたを開けておくと、少し抜けるので、それで代わりになります。
 

同量でも上手にできるんですが、他にもたくさんレシピあります。
 

少し炭酸水の方を多くする方が上手にできやすいです。

 

天ぷらを炭酸水で上手に作る調理法をご紹介

外はサクサク中はレアな最高の天ぷら食べたいですよね!
 

ポイントも入れながらレシピをいくつか紹介しますね。
 

天ぷらを炭酸水で作るポイント

ポイント①

衣の材料(小麦粉・卵・炭酸水)を冷蔵庫で冷やしておく
 

混ぜた後に氷を入れて冷やしても、ムラになりやすいのでやめてくださいね。
 

ポイント②

材料を全部一緒に混ぜないこと
 

なじみが悪いのと、なじませようとたくさん混ぜてしまうと粘りがでて、上手に出来上がらなくなってしまいます。
 

ポイント③

炭酸水を入れる
 

水分が抜けてくれます。
 

ポイント④

材料にはうち粉をしておく
 

具と衣の接着剤になります。
 

ポイント⑤

キッチンペーパーの上にずっとのせない
 

油や水分がまた天ぷらの方に戻ってしまうので、油がきれたらお皿に移した方がいいです。
 

Advertisement

天ぷらを炭酸水で上手に作るポイント・調理法

材料

薄力粉・・・300g
卵黄・・・1個
冷水・・・500cc
炭酸水・・・50cc

作り方

①卵黄と冷水をボールに混ぜます。

②ふるった薄力粉を半分入れて軽く混ぜて、残りの薄力粉もふるって軽く混ぜます。

③炭酸水を入れます。

④具に衣をつけて揚げます。

これでお家でもプロのようにサックサクの天ぷらが完成!!!
 

いつもの天ぷらに、本当に少し手間をかけるだけで大丈夫です。
 

かき揚げをする時に固まりで油の中に入れていませんか?
 

ここでも上手になるポイント

油の中でまず散らして1つ1つに油を吸収させます
 

それから、形を整えるのが正解です!
 

ちょっと意外ですよね。
 

水分がぬけるとサクサクの天ぷらになることを紹介しているのですが、もう一つ大事な事があります。
 

小麦粉と水がくっつくことで"グルテン"というものが発生します。
 

グルテンが発生してしまうと粘りが出て水分がぬけきれず、結果…
 

べちゃっとさせてしまう原因になるんです。
 

グルテンを発生させないようにするには、混ぜすぎないようにする事が大事です!
 

だまが出来ていても、最小限に混ぜてくださいね。
 

いつもと違う天ぷらが出来るんです。
 

さらに、一工夫のレシピ

小麦粉に油をなじませる方法があります。
 

えっっ??!!
 

ってなりますよね。
 

小麦粉を油でコーティングすることで水とに接触を限界までさけることができます。
 

グルテンの発生がほとんど無くなるから時間がたってもサクサクに。
 

衣に水分があると揚がりきるまでに食材がパサパサに…。
 

レシピ

小麦粉(天ぷら粉でも)・・・1
油・・・0.4
水(炭酸水)・・・0.6

 

この割合で、お好みにあわせて水の量を増やしたり減らしたりしてくださいね。
 

水を増やせばうすいい衣になります。
 

作り方

①ボールに油を入れてから、小麦粉を入れてまぜます

②水を入れると分離しますが、混ぜてるとなじんできます

③水分をふき取った食材にうち粉をします

④衣をつけて揚げれば、完成!

 

是非、ためしてくださいね (^_-)-☆

 

Advertisement

まとめ

サクサクの天ぷらは本当に最高ですね。
 

少しの手間で上手な天ぷらができるんです。
 

水を使っていたのを炭酸水に。
 

小麦粉も冷蔵庫で冷やしておきましょうね。
 

ちょいとマメ知識!

粉物は冷凍庫に入れておいた方がいいの知っていましたか?
 

きっちり閉めていても虫が入ってしまったり、カビが…。
 

冷凍庫に入れておけば大丈夫。

 

これでいつでも天ぷら作れますね(笑)
 

グルテンも発生しないように、油と小麦粉を先にまぜて水との接触を少なくできます。
 

読んでくださりありがとうございます!
 

今日は天ぷらですね!!

 

Advertisement