換気扇のレンジフードはこれでピカピカ!効果的な掃除の方法とポイント

換気扇のレンジフードはこれでピカピカ!効果的な掃除の方法とポイント

換気扇のお掃除は、難易度がとても高いです。

取り外しも面倒ですし、一度お掃除してもまたすぐに汚れてしまいます。

そもそも換気扇のお掃除って何から手をつけていいかどこから始めればいいかわからない方も多いのではないでしょうか。

でも、掃除しないわけには行きません。

放置し過ぎていると、油でギトギトになる上にそれが原因で最悪、故障してしまう事も。

そこで今回は、換気扇のお掃除について解説して行きます!!

Advertisement

換気扇のレンジフードが汚れる理由

換気扇の油汚れがひどくなってしまう理由は、大きく分けると『油汚れの積み重ね』と『ゴミやホコリ』の二つです。

・油汚れの積み重ね

キッチンの換気扇の役割は、お料理の時に出てしまった臭いや蒸気を外に排出させる事です!

お料理はもちろん油を使いますね。

という事は、料理中に出る蒸気には、蒸発した油が含まれている事になりますね。

換気扇の中に油を含んだ蒸気が入ると、冷やされてもとの液体の状態(ただの油)に逆戻りしてしまうのです。

その油が、知らぬ間にどんどん積み重ねられる事よって、換気扇の中はギトギトの油汚れだらけになってしまうと言う事です。

・ゴミやホコリ

油汚れはどんどん積み重なって行く事が前提で…。

換気扇は、お料理した後のキッチンの空気を吸い取る役割もしています!

もちろん空気の中には、お料理の時に出た細かいゴミや目に見えないホコリもたくさんあります。

このゴミやホコリが換気扇の内部に侵入すると、中にたまっているギトギトした油汚れにくっついてしまうわけなんです。

このように、油汚れだけじゃなくてゴミやホコリも汚れとしてどんどん吸収されて行ってしまうのです。

考えると恐ろしいですね。

換気扇のレンジフードの効果的な掃除の方法

まずは、レンジフードをお掃除する準備をしましょう!

今回準備するお掃除グッズは、どれも家にあるものばかりなので、とても経済的です。

もし無かったら、ドラッグストアや百均で安く買う事ができます。

・用意するもの

ゴム手袋と新聞紙。

重曹と雑巾二枚、ゴミ袋。

重曹水を入れるスプレーボトルと割り箸。

歯ブラシとリンスです。

・重曹スプレーを作る!

お掃除を始める前に、レンジフード掃除の強力な味方になる重曹スプレーを作ります。

まず、250mlのぬるま湯に大さじ1杯程度の重曹を入れてよくかき混ぜてください。

それをスプレーボトルに入れたら、あっという間に重曹スプレーの完成です!!

Advertisement

・効果的な掃除の方法!

レンジフードは解体できる部分を解体してお掃除しますが、絶対に無理はダメ。

無理に解体すると、部品が破損してしまったり、ケガをする可能性も十分あるので、取り扱い説明書があるならそれを読みながらできる範囲でお掃除をしてみましょう。

掃除中に垂れてくる汚れや部品が落ちてコンロを傷つけるのを防ぐために、コンロの上に新聞紙を敷きます。

レンジフードの部品は、浸け置き洗いが効果的!

換気扇フィルターなど、レンジフードの各パーツを取り外し、用意したゴミ袋に入れます。

ゴミ袋に入れたまま重曹スプレーを吹きつけ、そのまま30分くらいつけ置き洗いをすると、重曹の効果で油汚れがどんどん浮き出てきます。

なかなか落ちないしつこい汚れが残っている時は、割り箸を使って落としましょう!

部品を浸け置きしている間にレンジフードの外側を重曹スプレーを使ってきれいにしましょう。

重曹スプレーを吹きつけて雑巾で拭き、細かい所は歯ブラシを使って落とします。

お掃除が終わったら組み立てて、最後に市販のリンスを使ってコーティングしましょう!

キレイな雑巾にリンスを染み込ませて、レンジフードの表面に薄く伸ばしながら拭き上げて完了です!!

換気扇のレンジフードの日頃の手入れのポイント

汚れが溜まってしまうから大変なだけで、定期的に掃除していればずっときれいさをキープする事ができます!

その時は、重曹スプレーを使ってぬるま湯で浸け置きしながら洗い流してください。

少しの汚れならすぐに落ちます!

Advertisement

まとめ

レンジフードに限らず、掃除はいつでも定期的にきれいにする事を心がけてください。

特にキッチンまわりの所は衛生上よくないので、常にピカピカを目指しましょう!!