主婦なら知っておきたい!キッチンの排水口の効果的な掃除方法とは?!

主婦なら知っておきたい!キッチンの排水口の効果的な掃除方法とは?!

何かと忙しい主婦のみなさんの中には、キッチンの排水口の汚れや異臭に悩まされている方も多いと思います。

そもそも排水口というものは、何であんなに汚れて臭くなってしまうのでしょうか?

今回は、排水口の汚れの原因と排水口を綺麗に洗浄するためのオススメの掃除方法など、よくある排水口のトラブルについて紹介して行きます!!

Advertisement

キッチンの排水口ってどうして汚れるの?

キッチンで使った水は、排水口から排水管を通って、下水へと流れて行くため排水口は水が流れるための第一関門となります。

そして排水口には『排水トラップ』というフィルターが付いています。

排水トラップにはその先にある排水管を詰まらせる原因となるものや、排水管内の臭いを食い止めてくれる大切な役割をはたしています。

しかしながら、この排水トラップにはデメリットも多々あり、汚れを排水管や下水まで流さずに表面(手前)で食い止めてしまうんです。

キッチンから流れて来る水には、洗剤や石鹸、食べかすなどがとても多量に含まれているので、それが排水トラップに食い止められて汚れとして残ってしまいます。

これが主な排水口の汚れの原因となるのです。

そして、溜まった汚れにはカビなどの細菌がうようよ集まって来るので、これらも汚れや異臭を誘発させる原因となるのです!

排水口の掃除ってどのくらいの頻度でやるの?

例えば、一週間~二週間に一回だとぬめりも出て来て黒カビがすぐに発生してしまいます。

理想は毎日掃除する方がキレイに清潔に保てるのですが、毎日といっても結構面倒だったりしますし忙しいとなかなかできませんよね。

私は燃えるゴミの日の前日にしか掃除をしていないので(掃除したゴミをすぐに捨てたいため)週2のペースでしか掃除はしていませんが、黒カビやぬめりが出た事はほとんどないですし臭いもありません。

排水口のゴミ受けの部分にはゴミ取り用のネットをしていれば細かい食べかすなどはネットに引っかかるので、ネットだけゴミ箱へ捨てて食器洗い用の洗剤と排水口掃除用に使っているスポンジで排水口の掃除をしています。

一ヶ月に2回くらいはキッチンハイターで除菌をして、油物の汚れが多い料理をした時は、排水口の様子を見て汚れが付着している場合はその時に掃除したりしています。

強力な洗剤やハイターを使い過ぎるとそれに頼ってしまって掃除もおざなりになってしまうので、できるだけ少量の洗剤で小まめに掃除をする方が絶対いいですよ!!

Advertisement

毎日できる!キッチン排水口の効果的な掃除方法を紹介

排水口は内部の排水トラップ周りが特に汚れていて、それが異臭の原因となっています。

そのため排水口表面だけでなく、排水トラップを空け内部までしっかりと掃除して行く事が大切です。

掃除方法としては、まず排水口や排水トラップに溜まっている、食べかすなどの大きなゴミを取り除きます。

その後に、台所用のカビ取り洗剤を歯ブラシなどに付けて、ゴシゴシと汚れを落として行きます!

仕上げに市販の重曹を排水口の周りに撒いて、さらに酢をその上から少量垂らし、10分程放置して水で洗い流します!

重曹と酢を使う事で、隙間に溜まったネバネバした頑固な汚れも取り除かれる上、臭いも中和されるんですよ!

排水管の方も長期に渡り使って行けば次第に汚れが溜まって行くため、そのうち悪臭を放って来てしまいます。

排水管は市販の『パイプクリーナー』などの洗剤を使用して洗浄します。

ただし、排水管は汚れがすごく溜まった状態になると、パイプクリーナーだけでは洗浄できない場合もあります。

ここまでになってしまうと素人ではなかなか掃除する事が難しくなるので、一度プロの掃除業者に依頼してください!!

プロに頼めば専門の機材で徹底的に洗浄してくれるので、排水口や排水管を新品同然の状態に戻す事ができるんです!

そしたら、次からは自分でこまめに掃除して清潔さを保てばいいだけです。

Advertisement

最後にまとめ

汚れを溜めてしまう事で二次災害を起こすので、溜まる前にこまめに掃除はした方がいいですね。

溜めてしまえばその分、掃除の手間もかかるという事です。

それなら、毎日少しの時間で終わらせる方が忙しい人にはいいかもしれませんね。