トイレタンクの汚れはカビが原因!?効果的な掃除方法と予防方法とは

トイレタンクの汚れはカビが原因!?効果的な掃除方法と予防方法とは

みなさん、トイレタンクの中を覗いた事がありますか?

普通は何かしらトラブルが起きない限りは目にする事も無いと思いますが、実はタンクの中には黒カビが張り付いていることが多く、その汚さに驚いてしまう事も!!

しかし、多くの方はタンクの開け方もわからず掃除するまではハードルが高く感じてしまうのではないだろうか?確かに目に見える箇所では無いため、いくら汚れていたとしても気にしないで使用しているのかもしれない。

でも、タンクの中を開けてのぞいてしまった時は間違いなく、その汚さにショックをうけて掃除したくなるはずです。

一度確認してみれば、あなたの家もきっと悲惨な状況である事は間違いないと思います。

今回のこの記事を見て、タンク内にカビが生える原因とその予防策をお伝えしていくので、是非読んで掃除するのに役立ててほしいです。

Advertisement

トイレタンクの汚れはカビが原因!

当たり前の事なのですが、タンクの中はいつも水が溜まっているので、放っておくとカビが生えてしまうのは当然の事です。

放っておけば、水垢だってどんどん溜まって行きます。

タンク内に生えるカビは『黒カビ』と呼ばれるもので、カビも水垢もどんどん増殖して行けば当然の事ながら臭いもすごい事になってしまいます!!

しかも、タンク内の水は便器に流れるので、便器までもがカビ水で汚れてしまう事になってしまいます!

こんな事では、いくら便器をキレイに掃除していてもどんどん汚い水を流し込んでいる事になり臭いも汚れも、ひどくなるだけですよね。

トイレタンクの効果的な掃除方法

最近話題になっている重層を使ったお掃除。

重層はもともと食品として使われるものなので、人体に無害な上触れても手が荒れる事もありません。

お掃除には便利なアイテムなので、特に汚れが気になるトイレ掃除に重層を使ってみては?

重曹には研磨剤としても使えるのでクレンザー代わりにもなります。

消臭効果も抜群なので、可愛い入れ物に入れてトイレの隅に置いておくのもいいですよ!

Advertisement

消臭効果もある重曹は、水にもとけるので重曹スプレーを作れば、床や壁や便器などに吹き付けた後に雑巾で拭けば、あっという間にトイレが心地よい空間に早変わりします!!

便器の黄ばみを取るには、便器の中に重曹を振りかけてからブラシで擦ります。

そこまでしても黄ばみが落ちない場合は、クエン酸を水に溶かしてスプレーを作り、クエン酸水を振りかけて少し放置すると黄ばみが落ちやすくなります!

それよりもさらに汚れがヒドい場合は、トイレットペーパーにクエン酸を染み込ませて、汚れの上にパックのように漬けておきます。

しばらく放置してから一回流して、たわしで擦ってみましょう。

ほとんどの汚れはこれできれいに取れるはずですよ!

トイレタンクを綺麗に保つための予防方法

タンクに入れておくだけでもキレイになるトイレ洗浄剤も、重曹とクエン酸を使えば自分のオリジナルを作ることができます。

粉のままでまくのと効果は同じですが、型にして置いておく事で気になった時に入れるだけで掃除もできちゃう、まさに一石二鳥です!!

Advertisement

最後にまとめ

いかがでしたか?

年末の大掃除とか、なにかキッカケでもないと、トイレのタンクなんて普段は開けようとも思わないですよね。

掃除をしなければいけない場所だった事すら知らない人もいたはずです。

この記事をきっかけに、自宅のトイレタンクの中を覗いて見てください。

少なからずカビは生えているでしょう。

それに気づけたら、掃除をして綺麗にピカピカにしてみたら心も晴れるかもしれませんよ!

掃除と心、掃除と運気は繋がるものがあると言われています。

綺麗に掃除をする事で、運気アップにも繋がりいい事たくさんありますよ!!