大掃除の網戸の簡単な洗い方!コツ・あると便利な道具をご紹介

NO IMAGE

網戸の汚れって意外と目につきますし、気がつくと汚れてる事が多いですよね。

虫の侵入を防いでくれる他、外からの自然の風を部屋の中に取り込み換気するためにも欠かせない網戸。

大掃除の時だけでなく、台風の後なども汚れが溜まりそうな時期にも掃除して綺麗にして気持ちよく使いたいものです。

網戸の目詰まりを解消しておけば、暖房の合間の換気も効率よくできます!!

今回はそんな役立つ網戸の掃除方法を少しだけまとめて行きたいと思います!!

Advertisement

どうして網戸は汚れるの?

網戸が汚れる原因として、網戸が内と外の両方から常に汚れにさらされている事が大きく関係しています。

家の中からは、綿ぼこりや台所から流れてきた料理の油煙で汚れますし、外からは、小さな虫や排気ガス、土ぼこりや砂ぼこり、花粉などが網戸に付着していまい、それが汚れとなってしまうのです。

長期間そのままにしてしまうと、いざ掃除をする時に時間も手間もかかり大変なので、定期的に掃除をして綺麗に保つように心がけましょう。

大掃除の網戸の簡単な洗い方とは?

簡単な網戸掃除のコツは、

「掃除をする日」

です。

温度の高い日に掃除をすると、汚れも落ちやすいと言われています。

・洗剤で洗う

今は洗剤不要のグッズもたくさんありますが、洗剤や重曹を使う場合には挟んで洗う方法がオススメです。

スポンジに洗剤をたっぷり含ませて網戸の外側と内側から優しく拭くようにこすります。

このとき注意してほしい点があります!!

両手とも、同じ圧力で並行に拭いてください。

また、汚れは下に落ちるので上から順に一方方向に拭いて行きましょう。

次の列に移動する時は、必ず拭いた所に重なるように拭いてください。

網目が終わったらサッシも拭くのを忘れないように!!

意外にサッシのホコリもすごいので・・・。

・水ぶき後乾かす

洗剤で網戸全体をキレイにできたら、洗剤で洗った時と同じように上から水拭きをします。

この時、雑巾での水拭きでも大丈夫ですが、洗剤が残らないようにしっかりと洗い流し、乾拭きするのもオススメです。

マイクロファイバークロスなどを使用すると透明感も出てとてもキレイに仕上がります。

水分が残らないようにきっちりと拭き取るようにしてください。

その後しっかりと天日干しをして、おしまいとなります。

Advertisement

大掃除の時にあると便利な道具をご紹介!

大掃除には、汚れをガッツリ落とすための洗剤と、材質を傷つけずに上手に落とすための道具が必要不可欠です。

みなさんは日頃、どんな道具を使っているのでしょうか?

・浴室掃除に必要なもの

・浴室用洗剤

基本中の基本ですね。

・浴室用クレンザー

お風呂の鏡の水垢やくもり、浴槽や床の黒ズミを落とすのに効果的!!

・浴室用ブラシ

浴室の床やタイルの壁などのボコボコした面の汚れ落としには、重宝します!

・柄付きスポンジ

浴槽はもちろん、壁の上の方など手の届きにくい所の掃除に使えます!

天井の黒カビなど、一撃です!!

・トイレ掃除に必要なもの

・トイレ用洗浄剤

便器の頑固な汚れに、洗剤はかかせません。

・浴室用クレンザー

便器の中や手洗い場などについた水垢汚れをこすり落とすのに効果的!

・スプレータイプのふき取り用クリーナー

トイレットペーパーを使って色々なところの拭き掃除ができますよ!

・竹串

便器と床の細かい隙間などの拭き掃除には、竹串が重宝します。

・キッチン掃除に必要なもの

・レンジ用洗剤

ベッタベタの油汚れには、レンジ用の洗剤が必須です。

・アルコール除菌スプレー

冷蔵庫の除菌にはもちろん、壁や調理台、キッチン家電のまわりなど軽い油汚れの拭き掃除に使えます!

・ラップ

クレンザーを使う時の磨く道具として便利です。

・大掃除に役立つ身近な道具

・割り箸

先端に布を巻きつければ、隙間のお掃除に役立ちます。

また、先端が斜めになっているものは、汚れを落とす時のヘラとして使えます。

・古布

使い捨てできる雑巾として使えます。毛羽が少なくてできるだけ柔らかい布がオススメです!

Advertisement

最後にまとめ

基本的に、掃除は

『よしっ!!』

と気合を入れないとなかなか進まないものです。

でも、掃除のコツが少しでもわかって来たらきっと楽しいものに変わりますよ!

掃除する場所によって、使うものが違ったり似たものを使うのは道具も統一できて楽ちんですね!