フロントガラスの凍結にはアルコールが効果的!ガラスを傷つけずに氷を溶かす方法とは

フロントガラスの凍結にはアルコールが効果的!ガラスを傷つけずに氷を溶かす方法とは

冬になると、フロントガラスが凍結してしまっている場合がありますよね。

車に乗っていざ出かけようと思っても凍結していてなかなか出発できない…なんてことも。

エアコンの風をMAXに当てても全体が解けるまではけっこう時間がかかってしまうんですよね(泣)

私も雪国出身なのですが、朝なかなか解けてくれないと仕事に遅刻してしまうのではとハラハラしたり、早く起きてエンジンをつけておいたり…

でもエンジンをつけておくのって環境に良くないし、ガソリンも減るのが早いんですよね(>_<)

このやっかいなフロントガラスの凍結について、今回はまとめていきます!

Advertisement

フロントガラスが凍結する仕組み

フロントガラスが凍結してしまう原因は「放射冷却」が関係しています。

日中はぽかぽかと暖かく、夜はとても冷え込むというこの現象ですね。

わかりやすく説明すると

やかんでお湯を沸かします。

沸かしたてはとてもアツアツですが、火を消してしばらく置いておくとだんだん熱は冷めていきますよね。

つまり、日中暖められた空気(やかん)が夜になるにつれてだんだん冷まされていき、その中に含まれている水蒸気がフロントガラスにつくと凍るということなんですね。

この時、気温が氷点下だと当然フロントガラスも0度以下になっているため、冷まされた空気中の水蒸気が触れたとたんに一気に凍り付くという仕組みになっています。

フロントガラスの凍結にアルコールが効果的な理由とは

みなさんはフロントガラスが凍結してしまったらどういった方法で解凍していますか?

エアコンをガンガンにつけたり、水をかけたり、スクレーパーでガリガリ削ったり、市販の解氷スプレーをかけたりといったところが多いと思います。

でも、これらは時間がかかったり、ガラスに傷がついたりしてしまうやり方ですよね。

実はこれ以外に氷を溶かしてくれる方法があります!

それは、「アルコール」です。

アルコールは凍結する温度が水よりも低いので、氷を溶かすことができるということなのです^^

アルコール度数によって凍結する温度は違っていて、度数11度だと-11度、40度だと-31度、60度だと-44.5度となっています。

どれも水よりも低いので大体のもので溶かすことができます☆

Advertisement

フロントガラスを傷つけずに氷を溶かす方法

フロントガラスを傷つけずに氷を溶かす方法で、安く手早くでき、アルコールを使ったものをご紹介します!

【準備するもの】

・消毒用アルコール

・水

・スプレーボトル

【作り方】

・消毒用アルコールと水を1:1で混ぜ、スプレーボトルに入れる。
↑たったこれだけ!^^

【使い方】

凍結してしまったところにシュッシュッと吹きかける。
↑たったこれだけ!^^

このスプレーをかければみるみる氷は溶けていきますよ☆

あとがき

消毒用アルコールはアルコール度数30度くらいのものであれば100均に売っています。

その時にスプレーボトルを一緒に買っても200円で作れますよ!

アルコールの量にもよりますが、水と割って作りますので、1つ買えばスプレーボトル2本分くらいはできるのではないかなと思います。

更にお得ですね^^

このスプレーと併用して、デフロスターも作動されればさらに時短で溶かしていけると思います☆

また、凍結予防として、フロントガラス専用の防護カバーというのが売られていますので、こちらをかけておくのもいいかと思います。

これをかけることによって、凍結の原因となる空気中の水蒸気をフロントがガラスに付着しないので凍結防止になるということですね^^

今回ご紹介しました手作りのアルコールスプレー。

本当に簡単に作れて使い方も簡単…というか、作ったものを吹きかけるだけなのでぜひ一度試してみてください^^

Advertisement