フロントガラスにお湯をかけたらどうなる!?凍ったガラスの正しい溶かし方と予防策

フロントガラスにお湯をかけたらどうなる!?凍ったガラスの正しい溶かし方と予防策

冬のさむーい朝、会社に行こうと車まで行くと・・・

「フロントガラスが凍っている!」

という体験をしたことはありませんか?

私は雪国の出身なのですが、こういうことが多々あります。

朝という時間との勝負の時にフロントガラスが凍っているともうバタバタ。早く起きればいいのですが寒いとどうしても布団から出られなくて…(T_T)

どうにかして早く氷を溶かしたい!ということで、今回は凍ってしまったフロントガラスの正しい溶かし方や予防策をご紹介していきます^^

Advertisement

フロントガラスにお湯をかけたらどうなる?

凍ってしまったフロントガラス。

会社にも行かなきゃいけないし早く溶けろ~!と、こんなことで時間をかけてられませんよね。

「氷にはお湯」と考えている方も多いはず。

しかしそれは絶対NGです!

早く溶かしたいからと言って凍ってしまったところにお湯をかけると、温度差によってガラスが割れてしまう可能性があります。

ガラスは急な温度変化に弱く、特に車のフロントガラスは事故を起こしたときに飛び散らないよう複雑な構造をしているため、割れやすくなっていることが考えられます。

そして、もう一つお湯がダメな理由があります。

お湯をかけるのがNG?もう一つの理由とは?!

それは、「またすぐに凍結してしまう」ということです。

お湯をかけたときは溶けますが、外の気温とお湯の温度の差で水蒸気は発生しそれがまた凍結させる原因となります!

この2つの理由から、フロントガラスの凍結にお湯をかけるということは絶対にやめましょう。

凍ったフロントガラスの正しい溶かし方

凍ってしまったフロントガラス、どうやって溶かすのが正しいのでしょうか?

以下にご説明していきます。

■「解氷スプレー」を使う

解氷スプレーとは、アルコールを主成分とした氷を溶かす用のスプレーです。

冬になればいろいろなところに売られていますので簡単に買うことができます^^

アルコールは0度でも凍らず、お湯のように氷との温度差がないためフロントガラスが割れたり、再凍結するということもありません☆

■ぬるま湯をかける

お風呂の残り湯くらいの温度であれば、ガラスが割れる心配はありません^^

この時車のデフロスターもつけると溶ける時間が早くなりますので、併用がおすすめです。

■スクレーパーで削る

これは力加減によってはガラスを傷つけてしまうことがあるので注意が必要です。

解氷スプレーをした後に、スクレーパーを使えばあまり力を入れずに削ることができますよ^^

Advertisement

フロントガラスを凍らせないための予防策とは

上記では凍ってしまったフロントガラスの溶かし方をご紹介しましたが、凍結を予防できれば一番いいですよね。

予防法としては以下をご参考くださいね。

■専用カバーをかける

フロントガラス専用のカバーというものが売られていますので、これをかけることによって凍結を予防することができます。

水蒸気がガラスにつくことが凍結の原因なのでカバーをかけておけば、この水蒸気がついてしまうのを防ぐことができます。

よって、凍結の予防ということになります^^

しかし、風が強すぎる日は飛ばされてしまうこともありますので、ドアにしっかり挟むなどして対策が必要となります。

■撥水加工をしておく

汚れがないきれいな状態のガラスに撥水加工をしておくことで、凍結を予防することができます。

これは、撥水することによってついてしまった水蒸気を流れ落ちやすくするということですね。

しかし、完全に水蒸気を落としきれなかったり、あくまでも「流れやすくする」ということなので、完全に予防できるというわけではありません。

最後にまとめ

最後に、間違ってもお湯だけはかけないでくださいね(>_<)

ガラスが割れてしまったりヒビが入ってしまって修理代がバカにならない…なんてことになったらもったいないです(泣)

ご紹介した正しい方法で、さむーい冬を乗り切りましょう☆

Advertisement