今さら聞けない窓ガラスの正しい掃除方法!潮風のベタつきはどうやって落とす?道具は?

今さら聞けない窓ガラスの正しい掃除方法!潮風のベタつきはどうやって落とす?道具は?

「今日は天気がいいなあ~~」と外をみていると、「ん!窓ガラス汚い~(*_*;」と気づいたことはありませんか?

晴れた日は窓についた汚れやほこり、手垢などがよく見えてしまうものです。

いざ、掃除しよう!と思っても窓って大きいし、外側も内側もサッシも…となかなか億劫になってしまいがちです。

どうにか簡単に掃除する方法がないかな~という方のために窓ガラスについての掃除方法などをご説明いたします^^

Advertisement

今さら聞けない窓ガラスの正しい掃除方法

■手跡の汚れ

小さいお子さんがいるご家庭はたくさん手形などの後がついているのではないでしょうか?

小さい子の手の跡ってよくつくんですよね(^^;)

手跡の汚れを落とすには洗剤が必要になります。

手跡の原因は脂なので、中性洗剤少量を水にとかし雑巾に含ませます。

洗剤の量は水が泡立たない程度で十分です^^

この水を雑巾に含ませ、しっかり絞って拭くとピカピカになります☆

■水垢の汚れ

雨や雪の水分が自然に乾くことによってウロコ模様のような白い跡がガラスに残ります。

こ原因のひとつは水分に含まれているミネラルによるものです。

ガラスとミネラル成分の汚れが結合してしまうととても頑固者になってしまうので、水をつけて少々こすっただけではなかなか落ちません(*_*;

そこでご紹介したいのが、「激落ちくん」。

みなさん一度は目にしたことがあるのではないでしょうか^^

これはメラミンスポンジというスポンジでできていて、細かい網目状になっています。

これが汚れを絡めとりますのでこの白くなった汚れがとてもよく落ちます^^

■砂埃の汚れ

雨などによって濡れた窓に砂埃がついてしまうと、茶色いウロコ汚れのような模様ができてしまいます。

これをいきなり拭いてしまうと砂でガラスに傷がついてしまいます。

ですので、一度水で洗い流してから拭き掃除をするようにしましょう^^

これも、激落ちくんが向いていると思います。

窓ガラスについた潮風のベタつきはどうやって落とす?

上記の汚れ以外にも海辺に住んでいらっしゃる方は、潮風による窓ガラスの汚れも気になっていると思います。

潮風はべたついているので、ほかの汚れを付きやすくさせたり、窓がくすんできたりしますので定期的にお掃除をすることをおすすめします^^

潮風の汚れの落とし方はいたって簡単です☆

中性洗剤を含ませた水にタオルを浸し、窓全体を拭きます。その後その水分をなくしたいので乾いたタオルで窓を一度拭き取り、再度、中性洗剤を含ませた水で窓を拭きます。

これだけできれいになりますよ^^

Advertisement

窓ガラスについた潮風のベタつきを落とすおすすめの道具は?

・スクイジー

一回目に中性洗剤含ませた水で拭いた後、その水分をなくすのですが、上記ではタオルで拭き取ると書きましたが、「スクイジー」と呼ばれるゴムベラを使うと簡単に水を落とすことができます☆

車のワイパーと同じ仕事をする道具ですね^^

これ1本あれば、潮風の汚れ以外に窓掃除をする時にも使えますよね(^^♪

使い方は、上から下を繰り返し、一定方向に動かすことが大事です。

・アルカリイオン水スプレー

このスプレーを最初に吹きかけた後にスクイジーで磨いてもきれいに汚れを落とせる場合もあります^^

ドラッグストア等に売っていますので簡単に購入することができます☆

最後にまとめ

窓がきれいだと家全体がピカピカと見え、ワントーン明るくなったようにも見えてくると思います♪外がよく見えたり、外から見てもきれいな窓は何一つ損することはありませんので、定期的に磨くようにしませんか?^^

短期間で磨くことにより、汚れがこびり付く前に取り除くことができますので簡単に汚れを落とすことも可能です。

掃除用具も家にあるもので出来ますのでコストがかかりません!

ぜひこの週末に窓掃除をしてみてください^^

Advertisement