しつこい水垢の落とし方!フロントガラスは重曹で洗う?道具は?

NO IMAGE

車の汚れは誰でも気になるものですね。

いくら、どんなに洗車していても、どうしても汚れはついてしまいます。

外に駐車している車の場合、雨の日が続いた後などには、ドアミラーの下に黒い筋が入っていたりするのですが、これは水垢と言われるものです。

乾いて日光が当たって焼きついてしまうとなかなか落ちなくなってしまうんですよね。

ブレーキダストが付着したり、水垢ができたりするのは防ぎようがない上に、その都度、対処していかなければならない事です。

でもできればあんまり手間を取りたくないですし、そのためには日々積み重ねのメインテナンスをマメにする事です。

そのまま放置しておくと汚れはどんどんと付着していきますし、取り除くのが大変になってしまいます。

そして腐食の原因にもなり兼ねないので、マメにお手入れをしましょう!

そこで、今回は車の水垢について色々解説していきます。

Advertisement

水垢はどうしてできるの?

水垢というからには、水でできた跡のように考えがちですが、水垢は水ではなくて油分が原因なんです。

もちろん水垢ができるためには水分が必要なので、洗車の後に濡れたまま放置しておくとか、外に駐車していて雨ざらしになっていたら水垢ができやすい要素となります。

でも実は、水垢の原因となる油分は排気ガスや工場から出た化学成分や、大気中に飛んでいる汚れなどなんです!!

それが雨に溶け込み、車に付着してしまい、そのまま乾燥してしまうと水垢となってしまうわけです。

また、大気中に含まれる汚れや油以外にも、ワックスやコーティング剤なども水垢の大きな原因となってしまっています。

フロントガラスを重曹で洗ってもいいの?

車は乗っていると必ず、絶対に汚れてきます。

砂ぼこりや雨が降ったときの泥ハネ、水あか汚れ、時期によっては黄砂がついて汚れてしまいます。

そんな汚れを取るのに便利なのが重曹なんです!

重曹は手あかの汚れや泥汚れに効果的なんですが、その反面研磨作用もあってこびりついた汚れも取りやすいので、あまりゴシゴシし過ぎると傷ついてしまうので注意してください。

この掃除方法は日常的に行う洗車方法です!

ボディをピカピカに光らせたいとなると、専用の洗剤やワックスなどを使用したり、ガソリンスタンドなどでキレイにしてもらう方が良いかもしれません。

駐車場に止まっている自分の車があまりにも汚いとなんだかショックで恥ずかしいですよね…。

この掃除方法だと30分かからないで終わらす事もできますよ!!

Advertisement

フロントガラスの汚れ落としに便利な道具

フロントガラスの水垢を落とすのに、何か特別な道具が必要になると思うでしょう。

もちろん自動車専用の水垢クリーナーでも大丈夫ですが、身近なお掃除道具で代用可能なんです!

新聞紙

水垢取りに効果があります!

新聞紙は水を含ませるとインクの油分で、柔らかくなった紙の繊維がガンコな汚れをかき取り吸着させてくれます。

激落ちくん

水を使うだけで汚れが落ち、使い捨てのお掃除道具としては有名な商品です。

スポンジに網目が無数にあって、水だけでガンコな汚れをかき取ってくれます。

メラミンスポンジ

洗剤を使わず水だけで汚れが落ちると、使い捨てのお掃除道具として人気があります。

洗剤を使わずにメラミンスポンジのみで汚れをそぎ落とします。

クエン酸

家庭用お掃除用品の定番の商品です。

酸の成分が水垢汚れを分解してくれます。

酸性なので、金属である車のボディなどに付着しないようにしましょう。

最後にまとめ

水垢の原因から、便利な掃除用具まで…

意外なもので車のフロントガラスを洗える事に、びっくりした方もいると思います。

わざわざ特別な事をしなくても、手軽に身近で使っているものでキレイにできるなんて便利ですよね!!

特にフロントガラスはキレイにしていないと、見えずらく、事故の原因にもなり兼ねないのでいつでもキレイにしておく事が大切です。

Advertisement