窓ガラスが熱割れした!賃貸住宅の修理費はどっちが払うの?手続きや対処法まとめ

NO IMAGE

『窓ガラスがいきなり割れてしまった…』

そんな経験ある人、意外に多いのではないでしょうか?

実は、窓ガラスによっては極度に暑かったり寒かったりで割れてしまう事がたまに、ごく稀にあるそうなんです。

そんな時に気になるのは修理代。

一戸建てのように自分の所有している家なら自己負担で直すのは当たり前ですが、賃貸の場合今は暮らしているけど自分の所有物件ではなあたですし…。

ケチるわけではなくても、何か全額自己負担となると『えっ?』と感じてしまう人もいますよね。

自分の不注意でなくても、自己負担で直すべきなのか大家さん(不動産屋さん)が半額、もしくは全額負担してくれるのか詳しく知りたいですよね。

中には例外や、大家さんなどによって多少は違うとは思いますが。

この記事ではそれらの疑問を解決できるように書いて行きたいと思います!!

Advertisement

窓ガラスが熱割れはどうして起こるの?

耐熱ガラス製ではないガラスコップに熱湯を注ぐと割れることがありますよね?

これは熱湯がかかった瞬間、かかった表面部分は瞬間的に高温になり膨張する一方で、直接熱湯がかかってない周囲やガラスの裏面は温度が伝わるまでに時間がかかるので、熱湯がかかった瞬間は温度上昇も膨張もしていない通常の状態でガラス面内が不均一な状態になるために起こる現象です。

温度差による割れの危険があるのは窓ガラスも同じです。

窓ガラスは直射日光が当たるとそのエネルギーの一部を吸収することで温度が上昇しますが、ガラスの周囲はサッシの中で直射日光があたらない状態にあり、またサッシや躯体からの放熱も影響して周囲と中央部に温度差が出てしまいます。

この温度差が原因で窓ガラスが割れることを『熱割れ』と言います。

良く晴れた冬季の午前中は強い日差しと低いサッシ・躯体温度、室内外の温度差というふうに条件が重なり、熱割れが起きやすくなります。

窓ガラスが熱割れした時、賃貸住宅の修理費はどっちが払う?

南側に窓ガラスがある物件にはよくある話みたいで、ガラス内に網があるものほど割れやすくなります。

階数や地域により網入り構造にしなくてはいけない建築制限があるようなので仕方ないのですが本来は網ナシが理想ですね。

さて『熱割れ』ですが、

これは自然による災害なので一般的には大家さんの負担になりますので請求書は直接大家か管理会社へお願いしますとはっきり言いましょう。

本件は工事前に確認をし、理不尽な回答の場合には不動産保証協会へ相談してください。

特定記録郵便などで自分の主張を大家さんに出しておく事で提訴の時には証拠になります。

一般的に、自然災害と自己責任によってケースは異なるんです。

入居時の説明書にも書いてあると思います。

自分の不注意により破損してしまった場合には自己負担ですが、そうでない場合はだいたい大家さん不動産屋さんが負担となっています。

Advertisement

窓ガラスが熱割れした時の手続きや対処法まとめ

窓ガラスが破損してしまった場合、戸建てであれば普通にガラス屋さんに依頼して直してもらうことになります。

ですが、賃貸の場合はオーナーや管理会社が関わって来るので少し対応が変わってきます。

以下をご参考ください。

▪まず管理会社・大家さんへ連絡

本来は、まず保険会社に連絡し続いてガラス会社へ連絡して対応すべきところですが、賃貸の場合はこの手続方法が管理会社側で決まっている可能性があります。

例えば、どこのガラス会社を利用するのかなどのは管理会社が決めたりするので、自分で決めてしまわずに先に聞いてから対応した方がいいでしょう。

▪保険会社へ連絡

保険会社へ連絡して保険が適用可能かどうかの話をします。

連絡先は保険会社の契約書類を見るか、管理会社に問い合わせればすぐにわかります。

保険会社の規定にもよりますが、基本的には不慮の事故で割れた場合は保険が適用され、自分の意志で故意に割った場合は保険が適用されないので注意してください。

最後にまとめ

賃貸と一戸建てで対応が違う事は知っておくべきですし、聞く人を間違えてしまうと大変な事にもなりかねないですね。

賃貸の家に住んだ事ないような人なら、自分で直してしまう可能性もあります。

自分で住んでいる家なので自己負担で直すのといいですが、やはり負担してもらえるならそれはそれで助かるものだと思います。

窓ガラスが割れてしまっては危ないですし、いつまでもそのままと言うわけにもいかしばあせるのはわかりますが、最初によく調べて、考えてから行動する方が無難と言えます。

Advertisement