窓ガラスの熱割れを放置すると危険?!ヒビが入った時の対処法と予防法を紹介

窓ガラスの熱割れを放置すると危険?!ヒビが入った時の対処法と予防法を紹介

自分では何もしていないのに、窓ガラスに突然ヒビが入った!という経験ありますか?

それは、窓ガラスの「熱割れ」というものかもしれません。

自分では何もしていないのに窓が割れていたらビックリしますよね。

今回は、この「熱割れ」というものがどのようなものなのか、対処法や予防法もご紹介したいと思います。

Advertisement

窓ガラスの熱割れってなに?

身近にある現象として、耐熱性ではないガラスのコップに熱湯を注ぐと、ヒビが入ったり、割れたりすることがあります。

これは、熱湯がかかった瞬間に、かかった表面部分は瞬時に高温になっていますが、直接熱湯がかかっていない周囲やガラスの裏面部分は温度が伝わるまで時間がかかるので、熱湯がかかった瞬間は温度上昇も膨張もしていない通常の状態でガラス表面が不均一な状態になっています。

ですので、表面と裏面で温度差が生じて、これがガラスの許容範囲を超えると、ヒビが入ったり、割れたりしてしまうということになります。

このように窓ガラスも同じように直射日光が当たる部分と、サッシの中に入り込んでいて直射日光が当たらない部分があり、サッシや躯体からの放熱も影響して、低温になっている周囲と、高温になっている中央部に温度差が生じて窓ガラスが割れることがあります。

この現象を熱割れといいます。

窓ガラスの熱割れを放置すると危険なの?

厚みのある窓ガラスやくもりガラス、網入りガラスは一見ヒビが入っている状態でも割れにくく見えるかもしれません。

しかし、一旦ヒビが入ったガラスは手で押したり、少しの振動でも、ヒビが広がったり、枠から抜け落ちてしまうこともあるので危険です。

放射線状にヒビが入っている場合、割れてバラバラになった時に刺さりやすくなるので、触らないようにしましょう。

また、空き巣の危険性もあります。

「ほんの少しくらいのヒビなら大丈夫」とそのままにしてしまうと、ヒビが入っている部分はすごく割れやすい状態になっているので、そこから窓ガラスを割られて空き巣に入られてしまう可能性があります。

Advertisement

窓ガラスにヒビが入った時の対処法と予防法を紹介

【対処法】

すぐに交換するのが一番ですが、それまでの対処法として、ガラス専用の補修シールを貼りましょう。

補修シールは、ホームセンターなどで売ってあります。

補修シールを貼ることでヒビが広がっていくことや、ヒビの周りが割れてしまっても破片が飛び散ることを防ぎます。

補修シールがない場合はガムテープで代用してください。

ヒビが一本入っているだけでも、とても脆い状態になっているので、力を入れないで撫でるように張ります。

【予防法】

・家具やカーテンなどが窓に直接当たると、その部分だけが過熱してしまうので直接触れないような位置に調節する。

・冷暖房の風が直接窓ガラスに当たると、その部分だけが回りとの温度差が大きくなるので、向きを調節したり、サーキュレーターなどを使いガラスの同じ部分に空気が滞留しないようにする。

・洗濯物を干したり、物を置いたりして、窓ガラスに影を作ってしまうと温度差が出るので、窓に影ができないように工夫する。

・グレージングチャンネル(ガラスをサッシに取り付けるときに使うゴム状のパッキンのようなもの)が経年により固くなっていると、歪みや膨張を吸収しきれないので、固くなっている場合は交換してもらう。

・ガラスの中でも網入りガラスは熱割れを起こしやすいので網いりガラス以外の耐熱強化ガラスに交換してもらう。

Advertisement

最後にまとめ

今回は、窓ガラスの熱割れについてご紹介してきました。

すぐにできる予防法もあったので、実践してみてください。

もしヒビが入った場合は、補修シールを貼って、すぐに割れた窓ガラスは交換してください。

くれぐれも「補修シールを貼ったから安心!」と使い続けるのは危険ですよ!