専業主婦だって休みたい!手抜き家事の方法と夫への声掛けのコツを紹介

NO IMAGE

一生懸命外で働いてくれている旦那さんと、一生懸命家の事を無償でやっている専業主婦。

どういうわけか『専業主婦は楽だ』と思われてしまっているようですが、実は専業主婦は兼業主婦や外に働きに出てるより大変な事だってあるんです!

専業主婦の仕事を月給に換算すると、おおよそ30万程の労働だとも言われています。

いつも家にいるからと言って毎日昼寝ができるわけでもなければ、のんびりできる時間ばかりあるわけではありません。

そんな楽だと思われがちな専業主婦ですが、いつだって自分なりに完璧に家事をこなし、子供がいれば育児もプラスされ、炊事洗濯、掃除などやる事は結構多いものです。

外で働いてる訳ではなく家にこもりきりなら、ストレスも貯まるし大変なんです。

今回は、そんな専業主婦について書いて行きたいと思います。

Advertisement

専業主婦だって休みたい!

上記した通り、専業主婦はけして楽なものではありません。

決まった休憩時間があるわけではないですし、みんなが帰って来る前にすべて終わらせていなければならないので逆に忙しい時もあります。

就労してれば、風邪をひいて熱が出れば休み。

病院に行きたいからと早退や遅刻をしても、ある程度は代わりの者がいるわけですよね。

専業主婦はそんなのいません。

余程でなければ、風邪でダルかろうがちょっと位の熱なら休んでいるわけにもいきません。

決まった休みもなく、旦那さんがお休みの日も家事や洗濯など食事の支度もあり、専業主婦に休みなんでないんです!

たまには何もしないで一日ゴロゴロしてみたり、時間気にしないでショッピングやお出かけをしてみたり、気を使わないでショッピングを楽しんだりしたいですよね。

専業主婦が使える手抜き家事の方法

家族が多いなどでなければ、洗濯は二日に一回でもまったく問題ないと思います。

ご飯も毎回だと困りますが、たまには出来合いのもので少しひと工夫加えてあたかも手作りのように装う事だって出来ちゃいます!

私はよく献立を決めるのが面倒だったり、何故か洗濯物を取り込み畳むまではいいけどしまうのが嫌だとか、チラホラ思っていて…

そんな時は遠慮せずに子供や旦那さんに手伝ってもらったり、外食にするなどして休ませてもらっています。

その家庭によって洗濯物の量は違いますし回数も違うでしょうし、ちょっとの工夫で誰も嫌な思いせずに済みます。

Advertisement

専業主婦が休むための夫への声掛けのコツとは

これはお互いですが、感謝の気持ちを常に持っていればほとんどは乗り切れます。

ただこの場合、女性の方が先に感謝の気持ちを持ち伝える必要があります。

大げさなくらい『ありがとう』の気持ちや『助かっている』事実を伝えて感謝する事で、旦那さんも自覚が芽生え始めて同じく感謝の気持ちや労りを持ってくれます。

単純に『ちょっと休みたいから〇〇やって!』と伝えるよりすこし控えめに…の方が効果的です。

例えば

『ちょっと疲れてて休みたいんだけど…〇〇をやってもらえるとありがたいんだけど、お願い出来る?』

と、優しく甘えるようにお願いをするんです!!

だいたいは嫌な顔せず『しょうがないなぁ』的な感じで喜んで引き受けてくれるはずです。

そして、手伝ってもらった時にはきちんと感謝の気持ちを伝えてくださいね。

でないと、次から引き受けてもらえなくなってしまいますよ!

最後にまとめ

言ってしまえば、男性はとても単純。

ちょっとオーバー気味に『ありがとうっ』と伝えるだけでも違います。

それに、少し大変かな?と思っても実際見てるのと手伝うのでは違いますので、実際手伝ってもらう事で改めて『主婦の大変さ』がわかるものだと思います。

誰でもそうですが、ありがとうなどの感謝や労いの言葉はとてもうれしいものです。

大げさに言えば、それが男性は特に強い傾向があるので…

無理に頑張ってもツラいだけ。

主婦の仕事は毎日の事ですし、ストレスもたまります。

適度に発散しつつ、旦那さんにもお手伝いしてもらって時には休みながら楽しい毎日が遅れる事を願っています。

Advertisement