『主婦休みの日』って知ってる?由来は?主婦が元気になるイベントを満喫しよう!

NO IMAGE

みなさん『主婦休みの日』って聞いた事あるでしょうか。

最近密かに浸透し始めたもので、その名の通り主婦で頑張っている人達をお休みさせてあげようと言うものだそうです。

この『主婦休みの日』ですが、いつがその主婦休みの日に該当するのか。

また、由来はどうなっているのか。

詳しい事を知りたいですよね?

今回はそんな『主婦休みの日』について、少し詳しく書いてみたいと思います。

Advertisement

『主婦休みの日』って知ってる?

主婦休みの日とは、年中365日無休で働く主婦が家族や世間などに気がねなく家事を休み、休んでリフレッシュする事ができる日とされています。

・1月25日
・5月25日
・9月25日

と、年に3回あります。

何て素敵な日なんだ!

という声がある一方で、

赤ちゃんや小さな子供を育てているママの中には、やはり休みたくても休めない!

と言った悲痛な声も聞こえています。

サンケイリビング新聞社が提唱し、日本記念日協会に2009年4月に申請して認定されて『主婦休みの日』が兼ねて制定されたって事です。

『主婦休みの日』の由来はどこからきてるの?

わざわざ『主婦休みの日』が設定された背景には、やはり主婦が365日、まったく休みのない仕事だという事があげられます。

家族が休みの土日でも普段と同じかもしくはそれ以上の量の家事をこなし、お盆や年末年始などは実家などへ行かなければならず、まったく気が休まらない…そんな人も多いはず。

家族が休みとなると、普段は自分一人のお昼ご飯の準備も増えますし、ついつい『〇〇やって!』とか『〇〇ちょうだい!』などとお願いされる事も少ないとは言えません。

旦那さんが家事を体験する日とも言える

さらに、赤ちゃんだったり小さな子供や介護が必要な家族がいると夜中の授乳や介助などが必要になり、365日どころか24時間稼働する事になってしまいます。

子供は成長するのでそんな期間はごくわずかですが、介護は生きている限りずっと続くのです。

それを『たまには休ませて、ゆっくりさせてあげたい』と思わない方がむしろおかしいくらいです。

世の旦那さんは絶対マネはできないと思いますし、いざ経験してみたいと大変さはわかりませんよね。

そんなこんなで、主婦休みの日には『旦那さんが家事を体験する日』とも言えますよね。

Advertisement

主婦が元気になるイベントを満喫しよう!

例えば、せっかくイベントを考えてもゆっくり休めないと意味がないので行きたいと思っていた場所に出かけてもらう計画も素敵ですね。

プランを立ててあげるのもいいと思いますし、リラックスできるようにと思うなら『日帰り温泉プラン』とかいいですよね。

普段から旦那さんが家事をできるんだって事がわかれば、多少は気兼ねなく息抜きにでかけられるのではないでしょうか。

せっかくなら思いっきり楽しんでほしいですし、今まで頑張ってる感謝の気持ちも込めてリフレッシュも兼ね日頃の疲れを癒せればそれに越した事はありません。

もちろん、旦那さんや周りが計画するのではなく本人がやりたいように過ごすだけでも、全然問題ないですよね!!

要は息抜きなので、その人によって楽しみ方や癒され方や楽しみ方は違います。

その人にあった『主婦休みの日』を満喫させてあげてください。

最後にまとめ

余談になりますが、1月25日、5月25日、9月25日という日程は、年末年始や連休など忙しい時期を避けて厳選された日なんです。

いつも頑張ってる主婦のみなさんの事や家族の事をよく考えて設けられたんですね。

この日は主婦が、家族や世の中に対して気兼ねなく家事を休める日。

多くの人に知っておいてほしいですし、またこの記念日が多くの方に認知、普及されるために色々な活動も行われているとの事です。

とても素敵な日だと思うので、もっともっとたくさんの人達に知ってほしいですね!

Advertisement