喪中にお彼岸の墓参りしてもいいの?気を付けるポイントとやってはいけないこととは?

NO IMAGE

最近は核家族化が進んでいるせいか、親戚家族が集まるのは冠婚葬祭の人生の節目になることもしばしば。

久しぶりに会うからこそ非常識なことはできません。

もうすぐお彼岸です。以前こんな相談を受けました。

「いつも親戚お彼にお墓参りに行くけど喪中でもお墓参りしていいのか」

と。

気にしたこともない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

でも誰にでも該当する話でもあります。

知らないと非常識と思われるかもしれませんね。

ここでお話しますのでご参考になればと思います。

Advertisement

喪中にお彼岸の墓参りをしていいの?

結論からお伝えすると問題ありません。

ここで理解しておきたいキーワードは「喪中」「お彼岸」です。

この2つの意味を理解すればおのずとこの答えになるかと思います。

「喪中」について

まずは「喪中」です。

喪中に年賀状を出さないのはよく聞いたりします。

喪中は故人を偲ぶ期間で、この期間中は慶事(簡単に言うとおめでたい事)を行うことも参加することも控えます。

この期間は故人との関係、付き合いの度合いによっても変わりますが、一般的には一年間です。

ちなみに宗派によって違いがありますが、人が亡くなってからの49日間を「忌中」といい、故人は49日間旅をし、仏様になります。

納骨は49日前後になります。

すなわち、「忌中」の間、故人はお墓にはまだいらっしゃいません。

「お彼岸」について

次に「お彼岸」です。

お彼岸は春と秋に2回あり、春分の日、秋分の日を中日とし、前後3日間を含めた7日間を言います。

特に「春分の日」は自然をたたえ、生物をいつくしむ日、「秋分の日」は先祖をうやまい、故人をしのぶ日としていますが、近年ではどちらもご先祖様に感謝する日という方がしっくりくると思います。

この2つのキーワードから考えてみても、喪中にお彼岸のお墓参りはしても問題は無しです。

Advertisement

喪中にお彼岸のお墓参りをするとき、気を付けるポイントとは?

特に忌中の49日過ぎていない場合、故人はまだお墓にいらっしゃいません。

新しいお墓だと誰もいらっしゃらないお墓にお参りすることになりますよね?

ですから「忌中」にお墓参りはしません。

いつも親戚で集まってお墓参りに行くならば、高い確率でご先祖代々のお墓であるでしょう。

そうならばご先祖様へのご挨拶をし、喪中の故人が来られることをお伝えするお墓参りにすれば矛盾は生じません。

喪中にお彼岸の墓参りをするとき、やってはいけないこととは?

あとは喪中にお彼岸のお墓参りをするにあたっての気を付けるポイントというよりはお彼岸のお墓参りで気を付けるポイントを押さえておくことがポイントです。

あくまでも喪中=おめでたいことはしないということは肝に銘じましょう。

ここで重要ポイント

「仏事と神事は重ねてはいけない」

これは昔から言われているようです。

仏事、すなわちお墓参り、お葬式、法事など仏教でお坊さんが取り仕切る行事で死にまつわる行事が多いです。

また、神事は神道に基づいて神主さんが取り仕切る行事で、主な行事としては赤ちゃんのお宮参り、七五三などおめでたい行事です。

想像してみたら、「あー、なるほど」と納得いくと思います。

お墓参りをして、あかちゃんのお宮参りするのも、違和感を覚えます。

おめでたいのに死を連想させてしまうような感じです。

逆を言えばお悔やみのときなのにおめでたいことをしてしまいお悔やみの雰囲気、空気を壊してしまうような感じです。

ましてや喪中ならば尚更ですよね。

Advertisement

まとめ

喪中のお彼岸のお墓参りは問題ありません。

キーワードの意味は以下でしたね。

「喪中」は故人をしのび、慶事を行なわず、参加しません。

「忌中」は人が亡くなって仏様になる49日。49日前後に納骨されます。

「お彼岸」はご先祖様、自然を敬い、偲ぶ期間。

そして重要なポイントは「仏事と神事は重ねてはいけない」ということでした。