母親

義母から花はいらないと言われたら!母の日に贈る花以外でオススメのプレゼントはこれ!

みなさんは、『母の日』と聞いて思い浮かぶものはなんでしょう?   無難な感じで行くと、カーネーションまではなくとも花をプレゼントしようと思う人も、少なくないのではないでしょうか。   そんな中、義母から『母の日にお花はもういらないから』と言われてしまったら…?   普通に考えて、そんな事を平然と言い放つ義母にも問題は大ありですが、そこは義母なんでしょうがないと思うしか […]

母の日でも義母に何もあげないのはあり?義母と関わらずに済む方法・お金をかけないプレゼントとは?

一年に一度、無条件でやって来る母の日。   自分が感謝される側でもありますが、自分が感謝をしなくてはならない側でもあるわけです。   自分の母親なら産み育ててもらった事も含め感謝してもしきれないですが、義母はどうでしょう?   例えば、結婚して何年も経っていていつも子供の面倒も見てもらっていて、助けてもらっている…   そんな場合と、結婚生活は長くても義実家 […]

母の日におめでとうはおかしい?!母の日の意味とできる正しい言葉がけ。

母の日にプレゼントを渡すのはもちろんですが、特に言葉がなくても『これ、母の日だから…』と渡すだけで済ませていませんか?   母の日に何かプレゼントを渡すとき、本当のところは『おめでとう』なのか、『ありがとう』なのかどっち?と問いかけられたらスっと答える事ができますか?   母の日として内容的には、お祝いなら『おめでとう』でしょうし、感謝を込めるなら『いつもありがとう』となります […]

母の日!義母の誕生日!敬老の日!オススメの過ごし方やプレゼントは?

母の日や誕生日や敬老の日って、特に義母の場合ははずせない最大のイベントと言っても過言ではないですよね。   実母ならまだしも義母は嫁の立場上、無視もできないですし言い訳もできません。   ちょっとした事で仲がこじれてしまうような、他人だけど他人ではない複雑な関係です。   そんな義母でも、自分の旦那の母なわけですから感謝の気持ちもありますし、これからも長い付き合いをし […]

母の日と誕生日のダブル祝い!義母へプレゼントの贈り方、渡し方は?

母の日やお誕生日は、年に一度の大イベント。   特に結婚して義母ができると、ある意味実の母より気を使ってしまいますよね。   普段からお世話になっている義母に、感謝の気持ちも込めて母の日やお誕生日はお祝いしてあげたいと思いますが、誕生日と母の日が同じもしくは近い場合…   ちょこちょこプレゼントを渡してお祝いするより、一緒にまとめてお祝いした方がいいのか正直迷ってしま […]

母の日に何もしてくれない息子にどう向き合えばいい?何をすれば感謝してもらえる?

5月になるとやって来る『母の日』は、お母さんになったなら誰でも関わる事でちょっと期待もしてしまう日。   今では保育園でも絵をかいて持たせてもくれますし、折り紙で何かを作ってプレゼントしてくれるなどしてくれますね。   社会人ともなると、食事に誘ってくれたりちょっと高価なプレゼントをくれるなんてお話も聞きます。   そんな話を聞く中、息子が母の日なのに手紙すらくれずに […]

喧嘩中の母に・・・母の日サプライズ!プレゼントをして仲直り&喜んでもらおう!

いつも何かとお世話になるのは、何だかんだで母親だと思うんです。   結婚して妻の立場も、子供が生まれて母親になった時も全部理解してくれて相談に乗ってくれて、的確なアドバイスをくれるのも母親ではないでしょうか。   存在が近いが故に、時には喧嘩をしてしまう事もあるでしょう。   ですが、感謝の気持ちや尊敬はいつでも変わらずあると思います。   そんな唯一無二の […]

母の日をきっかけに!喧嘩している母と旦那を仲直りさせるためにベストな方法は?

旦那と母が仲が悪いって、意外と多いのではないでしょうか。   特に母親は口うるさく言ってしまいがちで、息子の立場である旦那からしたらウザく思う気持ちも理解出来ますが、やはり母親なので仲良くしてほしいと思うのも正直な気持ちです。   そんな時、母の日が近いならグッドタイミング!!   母の日をきっかけに、仲直りしてもらえる最大のチャンスだと思いませんか?   […]

母の日にケンカしてしまった母親にサプライズ!母の日のプレゼントは何がいい?

みなさんは、母の日にお母さんにプレゼントやサプライズなどした事、または考えた事はありますか?   母親と不仲までは行かないまでも、ケンカしてしまって母の日を迎えるとなった時、プレゼントをきっかけに仲直りをしようと思いますか?   母の日は毎年来るわけですが、毎回同じようなプレゼントも何か違うと思いますが、それでも限られる中で…となると決まってしまいがちなのではないでしょうか。 […]