直島の瀬戸内芸術祭に行ってきた感想レポ!自然や施設の魅力、見どころなどをご紹介!

直島の瀬戸内芸術祭に行ってきた感想レポ!自然や施設の魅力、見どころなどをご紹介!

瀬戸内芸術祭は、岡山県と香川県の島々を巡りながら200点ほどの作品や美術館を鑑賞できる、3年に1度の祭典です。
 

2010年に始まり、2013年、2016年、2019年と開催されています。
 

開催日はその年に3期あります。
 

<2019年の日程>

・ふれあう春
4月26日(金)~5月26日(日)
・あつまる夏
7月19日(金)~8月25日(日)
・ひろがる秋
9月28日(土)~11月4日(月)

瀬戸内芸術祭といえば「直島」。
 

有名ですが、他にも「豊島」「犬島」「女木島」「男木島」「大島」「小豆島」「高松港周辺」「宇野港周辺」に、作品はあります。
 

そのほかの島で「沙弥島」「本島」「高見島」「粟島」「伊吹島」がありますが、春だけの会場や、秋だけの会場もあるので調べてから訪れましょう。
 

12の島のうち、5つの島を結ぶフェリーが3日間乗り放題となる券もありますよ!!
 

島を巡られる方は調べてみてください。
 

そして芸術祭にはとってもお得な「作品鑑賞パスポート」というものがあり、1つで3期の期間中いつでも楽しむことができるのです。(同じものは別途でいります)
 

一般で4,800円です。
 

特別前売り料金が、3,800円になるので行くのを早く決めるとお得になります。
 

15歳以下は無料で観覧できます。
 

<おすすめ記事>

それぞれの期間だけの「会期限定パスポート」というものもあるのでどれだけ行けそうかで選んでみてくださいね。
 

では見どころや感想をお伝えしていきますが…
 

あまり詳しく話してしまうと楽しみがなくなってしまうので少しだけにしますね!!行ってからのお楽しみ!!
 

Advertisement

直島に行ってきた感想レポ!瀬戸内芸術祭の魅力

瀬戸内芸術祭のテーマは「海の復権」。
 

美しい自然と人間が交錯し瀬戸内の島々に活力を取り戻し、希望の海になることを目指して始まりました。
 

瀬戸内芸術祭コンセプト

1.アート、建築(地域の特徴の発見)
2.民俗(地域と時間)
3.生活(住民の元気)
4.交流(日本全国・世界各国の人々が関わる)
5.世界の叡智(この地を掘り下げ、世界とつながる場所に)
6.未来(次代を担う若者や子どもたちへ)
7.縁を作る(通年活動)

 
「こえび隊」というものがあり、日本や世界からいろいろな方が島で活躍してる、瀬戸内芸術祭を支えるボランティアサポーターで島が好きな方、アートが好きな方、誰でも参加できます。


引用: https://www.koebi.jp/about/

作品制作のお手伝いや、PR活動、各島での催しのお手伝いもしているそうです。
 

一年を通して島の人とのつながりも深くなるのでやりがいがありますね~!!
 

Advertisement

直島の瀬戸内芸術祭に行ってきた感想レポ!芸術祭の見どころについて

直島の見どころを紹介する前に他の島のいくつかを紹介させてくださいね!
 

魅力的な作品がたくさんありますよ。
 

私は時間がなく直島しか行けなかったですが、「次は島巡りの予定をしていて見るぞ」と決めているものや、友達のおすすめをまとめてみました。
 

ひとまず、直島以外の島の魅力をご紹介

・豊島

「豊島」は、直島に負けないくらい魅力はあります。本当に行きたかった…
 

「自然と作品」という観点では直島には負けていないです。
 

「豊島美術館」は広々した空間で2カ所丸くあいている部分があり、自然の光や風を感じることができます。
 

ぼーっと時間を忘れて過ごしてみたいです。
 

「心臓音のアーカイブ」は心臓の中に入ってしまったかのような感覚になれるそうです。体験してみたいですよね。
 

・犬島

「犬島」の目玉は「犬島精錬所美術館」です。
 

10年で休業になり90年間放置されていたそうです。
 

古代史跡のようなたたずまいで迫力がありそうです。
 

「宇野港周辺」にある「宇野のチヌ」という作品はカラフルで目を惹くでしょう。
 

使い古したプラスチック製の物や金属製のものをカラフルに塗装したもので、チヌを造っています。
 

宇野港を使うのであれば是非、写真に収めておきたい1つです。
 

ほかにも素敵な作品はたくさんあるので、時間がある方は島巡りもしてみてくださいね!!
 

それでは、直島の見どころを紹介していきます。
 

1番の見どころは「地中美術館」


引用:http://benesse-artsite.jp/art/chichu.html

なんと言っても「地中美術館」は外せないでしょう。
 

安藤忠雄さん設計の建物で、自然の景観を壊さないように、建物が地中に造られています。
 


引用:http://benesse-artsite.jp/art/chichu.html

時間や季節、天候によって差し込む光具合が変わるので、見え方や印象が変わります。
 

自然の光で見るモネの作品は魅了されます。
 

地中の庭も季節がよいと見ごたえがありますが時期がずれると少し残念な感じはあります。
 

家プロジェクト


引用:http://benesse-artsite.jp/art/arthouse.html

次に見て回りたいのが「家プロジェクト」。
 

空き家を改修して、アーティストが家そのものを作品にしたもの。
 

7つの建物がありますが、「南寺」が人気です。確かに面白いです。
 

見るというよりは、体で感じる作品になっていて、行った方にしか分からない面白さがあります。
 

「はいしゃ」もおすすめです。


引用:http://benesse-artsite.jp/art/arthouse.html

昔は歯医者だった建物を大竹伸郎さんが改装した作品で、現実とは違う世界を見せてくれるので、ここも是非体験してほしいです。
 

アートは好みがあるので好みを見つけてみてみましょう!
 

7つのうち6つの共通のチケットがあるので全部回るのならお得です。
 

ANDO MUSEUM


引用:http://benesse-artsite.jp/art/ando-museum.html

「ANDO MUSEUM」は安藤忠雄さんファンにはたまらない場所です。
 

外観は木造なので、えっ!? と思われるかもしれませんが、中に入ると安藤ワールドが広がってくるのです。
 

活動や歴史などの写真やスケッチなどが見れますよ。
 

ベネッセハウスミュージアム


引用:http://benesse-artsite.jp/art/benessehouse-museum.html

「ベネッセハウスミュージアム」は、ホテルと美術館が一体になっていて、高台にあるので瀬戸内海を望むことができます。
 

ここもまた、自然をとても感じながら作品を見ることができるのでその時々を感じてみてください。
 

ほかにも本当にたくさんの作品があります。
 

直島のアートは、宮浦港のフェリーターミナルからすでにアートが始まっています。
 

斬新なデザインの建物が出迎えてくれ、近くには草間彌生さんの「赤かぼちゃ」がどどーんと置かれているいます。
 

島のいたるところに作品があって、散策をしていると建物の壁に絵が描かれていたり、いろんな置物を見つけたりすることができて楽しめるのも見どころです。
 

町にはおしゃれなカフェやレストランもありますよ!
 

Advertisement

直島の芸術祭が人気の理由は?行ってきた感想を紹介

アート好きには「一生に一度は訪れたい場所」として知られている直島。
 

海外からの方からも注目されています

国内だけでなく海外の方からも注目されています。
 

とくに多いのがフランス人です。
 

・スポットを回るのではなく、気に入った作品を前にいろいろ思いながらゆっくりと過ごせること。

・優れた芸術と歴史、自然の中にうまく溶け込んだ環境があること。

 

これらが、海外から多くの人を呼び込んでいる理由です。
 

素朴な島の生活と自然豊かな風景と、島のいたるところにあるアート作品とのミスマッチも人気の一つです。
 

それに、安藤忠雄さん、草間彌生さん、クロード・モネ、クリスチャン・ボルタンスキーなど有名な方々のものが一地域で見られるのも、なかなかないことですよね。
 

行かなければ分からない素敵さも、面白さもあります。
 

私が行ってきた感想!

私は社員旅行で行きましたが、1日目は香川のうどんや観光を楽しんで、2日目の朝にフェリーで直島に行きました。
 

まず草間彌生さんのかぼちゃにテンションが上がり、地中美術館でさらに上がりました。
 

アートにはそこまで詳しくありませんが、どの作品も引き込まれ、時間を忘れてみてしまいました。
 

回る順番を決めて動いていましたが、途中で「全部見れなくてもゆっくりみて楽しもう!」となり、各々時間まで浸ることになりました。
 

本当に計画の半分ほどしか見れなかったですが、満足はできます。また行ける楽しみもありますしね!!
 

アンティークなおしゃれなカフェもあり女子ウケ間違いなし!
 

私が訪れたのは芸術祭がまだ無いときに1度、芸術祭を知って2013年にもう1度行きました。
 

確かに雰囲気は大分変わりましたが、「自然の中に溶け込んでる」という言葉そのものの感じがします。
 

まとめ

2010年から始まった瀬戸内芸術祭。
 

「海の復権」をテーマに自然と人々が活力を取り戻しつつあります。
 

ほかの島も見どころはたくさんあるので、できることなら島巡りをしていただきたいです!!
 

3年に1度ですからね。でも、初めて行かれるなら直島は外せないです!!
 

・地中美術館
・家プロジェクト(おすすめは「南寺」と「はいしゃ」)
・草間彌生さんのかぼちゃ

上記は必ず訪れて欲しいです!!
 

・ベネッセハウスミュージアム
・銭湯 I♡湯(I LOVE YU)
・李禹煥美術館(リ・ウーファンびじゅつかん)

↑こちらも是非行ってもらいたいです。
 

<おすすめ記事>

エリア分けされているので計画をたてて無駄なく回るようにしましょう。
 

たっぷりとアートに触れて刺激を受けてきてください(*^-^*)

 

Advertisement